リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

プロペシアとミノキシジル、どっちが効くの?


男性型脱毛症(AGA)の治療法として、プロペシアとミノキシジルがよく処方されると言われています。薄毛や抜け毛を改善したい方にとって気になるのは、プロペシアとミノキシジルのどちらがより効果があるかというところでしょう。しかし、プロペシアとミノキシジルはそもそも効果が同じではなく、比較対象とすべきものではありません。両者の薄毛・抜け毛に果たす役割について、以下で詳しく見ていきます。

プロペシアとミノキシジルは異なるAGA治療薬

プロペシアとミノキシジルはそれぞれ役割が異なります。簡単に言うと、プロペシアは抜け毛の進行を抑制し、ミノキシジルは育毛・発毛効果を促す役割があるのです。まずAGAのメカニズムにはテストステロンという男性ホルモンが大きく関係しており、テストステロンに5αリダクターゼという酵素が結合すると、ジヒドロテストステロンというより強力な男性ホルモンになります。ジヒドロテストステロンは、髪の毛の脱毛を促す働きがあるため、薄毛が進行してしまうのです。

プロペシアにはフィナステリドという成分が主に配合されています。このフィナステリドにはこの5αリダクターゼの働きをおさえる効果があり、ジヒドロテストステロンの生成も抑制されて、脱毛症の進行を食い止めることが可能です。

ミノキシジルは、もともと高血圧症用の治療薬として開発されました。血管を拡張することで、血圧を下げていくのです。しかし、臨床試験で患者にミノキシジルを投与したところ、体毛が濃くなるという副作用が報告されました。そこから、発毛・育毛剤として活用できるのではないかとして商品化につながったと言われています。

髪の毛を成長させるためには、原料となる栄養分がなければなりません。その栄養分は血液に載って運搬されます。ミノキシジルによって血管が拡張されれば、血液の供給もアップします。頭皮に十分な栄養分が供給されるようになり、髪の毛の成長を促せるわけです。ミノキシジルはプロペシアと違って、髪の毛の健やかな成長を促進する役割を担っています。

プロペシアとミノキシジルの違いとして、使用方法も上げられます。プロペシアの場合、内服薬として服用して摂取するのが一般的です。一方ミノキシジルは、ミノタブという内服薬も世界では販売されていますが、頭皮に塗布する外用タイプもあります。

プロペシアとミノキシジルは併用するのがおすすめ

上述したようにプロペシアとミノキシジルにはAGAに効果がありますが、どの部分で働くかは異なります。そのため、2つを併用すれば広範にわたって効果が期待できるでしょう。日本皮膚科学会も、ミノキシジルとプロペシアの併用を強く推奨しているほどです。脱毛症を抑制しながら、髪の毛の成長を促すことができます。同時進行で2つの効果が期待できるため、より効率が良いと言えるでしょう。

医療の世界では、同じ効果の医薬品を重複投与はしません。副作用のリスクが高まり、体への負担も大きくなるからです。しかし、プロペシアとミノキシジルの場合、AGAに対する効果でも先ほど紹介したように作用機序は異なるため、同時併用しても問題はありません。プロペシアとミノキシジルが反発し、効果を弱めたり、必要以上に強めたりすることもないようです。体への負担もそれほど大きくありませんし、効果の増幅する可能性が高く期待できるでしょう。

プロペシアとミノキシジル、使用する順番は

プロペシアとミノキシジルは併用することで相乗効果が期待でき、薄毛や抜け毛の改善の可能性も高まります。しかし、脱毛症がさほど進行していなければ、併用しなくてもいい場合もあり、併用しない場合、プロペシアを優先して使用するといいでしょう。プロペシアには、脱毛症の進行をストップする効果があるからです。抜け毛が少なくなったところで、ミノキシジルの使用へとスイッチしましょう。それぞれの特徴をいかした使い方をすることで、髪の毛の成長をスムーズに促すことができます。

発毛・育毛効果のあるミノキシジルだけ使用してもいいのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、ミノキシジルだけでは、AGAの大元になっているジヒドロテストステロンの生成をおさえることができません。このため、髪の毛の成長を促せても抜け毛が減らない、髪の毛のボリュームアップがいまひとつという状況になってしまいます。

プロペシアとミノキシジルの効果には違いがある

同じAGAに対する効果の期待できるプロペシアとミノキシジルですが、その働きかけ方には違いがあり、両者の効果はそもそも比較すべき対象ではありません。プロペシアとミノキシジルには異なる効果があるため、両者を併用する治療法が推奨されており、相乗効果で効率的に発毛・育毛を目指せるよう、一緒に処方してくれるAGAクリニックを探しましょう。