リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

プロペシアとフィンペシアのどちらが効果的?


近年、多くの人が男性型脱毛症のAGAに悩まされています。その悩みを解決するものとして大きな期待が寄せられているのが、プロペシアとフィンペシアです。プロペシアとフィンペシアはAGAに効果的と言われている薬ですが、価格や購入方法が異なっています。プロペシアとフィンペシアの違いについて、見ていきましょう。

プロペシアとフィンペシアの主成分は同じもの?

プロペシアとフィンペシアは、両方ともAGAの治療薬です。まずAGAのメカニズムから見ていきましょう。

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、思春期以降に生え際や頭頂部の毛髪が薄くなることを言います。一般的には、初期症状として抜け毛が目立つようになり、次第に毛髪が細く弱々しくなっていきます。AGAの脱毛部を調べると、毛髪に高濃度のジヒドテストステロンが含まれているということが分かります。ジヒドテストステロンとは男性ホルモンの一種で、同じく男性ホルモンであるテストステロンに、5αリダクターゼという酵素が結び付くことで発生します。

このことから、ジヒドテストステロンがAGAの要因の一つであると考えられているのです。原因となるジヒドテストステロンを減らすことで、AGAの改善も期待できると言われています。

プロペシアとフィンペシアは、両方フィナステリドを主成分としています。フィナステリドは、ノコギリヤシという植物の薬効成分の研究によって生み出され、ジヒドテストステロンの生成を抑制する成分です。どちらの薬も、ジヒドテストステロンの発生を抑えることで薄毛を減らして、ヘアサイクルを正常に整えてくれる効果が期待できます。

プロペシアとフィンペシアはどちらが効くのか

上述したように、プロペシアとフィンペシアは、同じようにフィナステリドを主成分とした薬です。そのため、効果についても大きな差異があるとは言われていません。また、副作用についても同様に、明らかな違いは認められていません。ただし、プロペシアとフィンペシアは日本での取り扱いには大きな違いがあります。

プロペシアは、アメリカのメルク社で開発された世界で初めてのAGA内服薬です。日本では2005年に製薬会社の万有製薬、現在のMSDから販売されるようになりました。日本皮膚科学会の認定も受け、全国の皮膚科やAGA治療専門クリニックで処方を受けることができます。

一方で、フィンペシアは、インドの製薬会社が販売しているジェネリック薬品です。ジェネリック薬品とは、新薬が取得した特許が切れた後に販売される、後発医薬品のことを言います。先発医薬品の同様の有効成分でありながらも価格が安いことから、日本でも広く普及が進められてるのです。

先発医薬品とジェネリック薬品は、同様の有効成分が含まれています。ただし、医薬品には錠剤を服用しやすくするといった目的で、コーティングなどの添加物が加えられているのです。先発医薬品とジェネリック薬品ではこの点に違いがあります。有効成分は同じなので、効能も違いはありませんが、人によっては体調などに違和感を持つこともあるかもしれません。

プロペシアとフィンペシアは購入経路が違う

プロペシアとフィンペシアは、日本での取り扱い以外に、購入方法が異なっています。プロペシアとは、日本でも認可されているため、国内の皮膚科やAGA専門クリニックで処方を受けることが可能です。一方で、フィンペシアは日本で認可を受けていないため、日本で購入したり処方を受けたりすることはできません。そのためプロペシアは、個人輸入して買うことになります。

個人輸入と聞くと、英語ができないといけない、為替リスクがあるなどと思われる人も多いでしょう。しかし、個人輸入を代行してくれるサービスもあるため、実際にはイメージよりも簡単に手に入れることが可能です。

プロペシアとフィンペシアは、上記のように購入経路が違うため、値段にも違いがあらわれます。プロペシアは、先発品であることからフィンペシアよりも高く、医師の診察料や検査料もかかります。一方で、フィンペシアだと薬の料金だけで、薬の価格自体も安価です。病院によって違いはありますが、フィンペシアはプロペシアと比較して3分の1程度のコストしかかからないこともあるでしょう。

ただし、フィンペシアの個人輸入はあくまで自己責任です。個人輸入で流通している医薬品には、偽物もあります。見慣れない海外の薬を見て、本物かどうか判断するのは難しいでしょう。また、偽物を服用した時の健康被害も、自己責任となります。安い値段で購入できますが、リスクが伴うことを忘れないようにしましょう。

特徴を理解してプロペシアかフィンペシアか決めよう

プロペシアは国内の病院で処方してもらうことができるため、安心して購入することができます。一方でフィンペシアは、個人輸入代行業者などを利用することになります。少しでも安く購入したいということであれば、フィンペシアを選択することになりますが、安心して購入したいと考えるならプロペシアが良いでしょう。どちらが自分に合っているかどうかは、長期使った場合の費用も考慮して検討してください。