リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

AGAを治療する費用っていくらぐらい?治療方法別に費用相場を紹介。

AGA費用

AGAは治療をせずに放っておくと、薄毛が進行してしまいます。そのため早めに対策をすることが必要です。しかし費用には高い金額がかかります。AGA治療は1回ですむというものではなく、継続した治療が必要なので、費用も高額になることが多いです。

費用は治療方法やクリニックによって異なります。どういった治療にどのくらいの費用がかかるのか、知っておきましょう。

AGAの治療方法と費用相場をまとめて紹介

AGA治療薬(内服薬)の費用

内服薬にはAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制するプロペシアやザガーロが主に使用されます。また血管の拡張作用があり、頭皮の血行を促すミノキシジルなどといった成分も配合された治療薬があります。

内服薬は薬の種類によって効果がさまざまです。内服薬は病院で処方してもらう方法と、輸入代行などを利用して個人で入手する方法があります。

費用相場は、病院で処方してもらう場合、プロペシア錠は初回処方で5,000~6,000円程度、2回目以降は7,000円程度、フィナステリド錠は初回処方で4,000~5,000円程度、2回目以降は6,000円円程度、ザガーロは初回処方で5,000円程度、2回目以降は8,000~10,000円程度、ミノキシジルタブレットは10,000円程度です。

個人輸入の場合は、プロペシア錠は5,000円程度、フィナステリド錠は3,000円程度、ザガーロは5,000円程度、ミノキシジルタブレットは4,000円程度です。

AGA治療薬(外用薬)の費用

直接頭皮に塗布する外用薬は、主な成分としてミノキシジルが配合されています。病院で処方してもらう場合は、病院オリジナルの配合で提供していることが多く、診察料を含めて1ヵ月20,000円前後が相場です。市販で購入する場合は、1ヵ月7,000~8,000円程度が相場となります。

HARG療法の費用

HARG療法とは、肝細胞から抽出された成長因子を含む有効成分を頭皮に注入する治療法です。注入することで、発毛機能を再生することができると言われています。費用は、治療をする範囲や薄毛の状態によって異なりますが、相場としては1回150,000円程度です。回数は症状によって異なりますが、月に1回程度で半年程度治療を目安としているケースが多いです。

育毛メソセラピーの費用

育毛メソセラピーとは、有効成分を直接頭皮に注入する方法です。クリニックによって配合する成分は異なります。細胞分裂を促す成長因子を中心に、ミノキシジルやフィナステリド、ビタミンなどが主な成分です。費用は1回あたり20,000~100,000円程度となります。

育毛メソセラピーは、針を使用する場合は1回あたり、20,000円程度、針を使った場合は70,000~100,000円程度です。

植毛の費用

植毛は髪の毛を移植する治療方法です。自分の髪の毛を移植する自毛植毛と、人工毛を使用する人工毛植毛があります。移植する幅や本数によって費用は異なりますが、相場としては、自毛植毛の場合、900,000~10,000,000円程度、人工毛植毛の場合300,000円程度です。本数によっては、値段は異なります。

AGAの治療費用を年間で比較

AGAの治療は継続することが必要です。そのため、1回の治療費用で終わることがなく、数年にわたることも多いので、経済的負担は大きくなるでしょう。

1年間ではどれくらい費用がかかるのか治療方法を比較してみると、内服薬で80,000~120,000円程度、外用薬で120,000円程度かかります。さらに検査費用などもかかることを忘れないようにしましょう。HARG療法は2,000,000円程度、育毛メソセラピーは1,000,000円程度、またはそれ以上になることケースも多いです。

内服薬や外用薬は、他の治療方法と比べると比較的安い傾向にあります。どのくらい継続して治療をするかは、症状などによって異なります。自分がどのくらいの期間、治療を続けるのか、また要望などを踏まえて、医師と相談しながら治療を進めていくことが必要です。

治療方法にはさまざまな方法があり、効果的ではあるが高額な方法もあります。しかし費用を考慮して、無理のない治療を検討することが大切です。カウンセリングなど、費用も含めてていねいに相談にのってくれるクリニックを選ぶようにしましょう。治療を継続するには、費用を抑えることも重要です。

AGAの治療費用を安くするコツ

AGAの費用を安くするコツの一つは、ジェネリック医薬品を選択することです。ジェネリックは後発医薬品というだけで、先発の医薬品と効果や効能は同じです。研究費用などがかかっていないため、安く提供することができるのです。1年以上など、長期的な治療が必要なAGAの場合、少しでも安い薬を使うことで、治療費を安く抑えることが可能です。

また、治療薬以外にかかる費用として、検査費用があります。血液検査をはじめ、遺伝子検査などさまざまな検査をすすめられるのですが、必要ない検査は受けないことです。検査目的を確認するなど、医師に相談しながら費用を安くしていくようにしましょう。