リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

AGA治療薬の副作用とは?おもな治療薬の効果と副作用まとめ

AGA副作用

AGAは進行性の脱毛症なので、治療をしていないと薄毛や脱毛は進行してしまいます。治療には内服薬や外用薬などがありますが、それらには副作用のリスクも考えられます。副作用のリスクをあらかじめ知っておくことで、自分にあった薬選びに役立てることが可能です。過剰に不安にならないためにも、どのような副作用があるのか、知っておきましょう。

そもそもAGAってなに?薄毛の原因とメカニズムを紹介

男性型脱毛症であるAGAは、成人男性に多く見られる症状で、額の生え際や頭頂部が薄くなっていく脱毛症です。薄毛に悩む日本人男性のほとんどがAGAと言われています。AGAにはM字やU字、O字といくつかのパターンに分けられますが、多少の違いはあっても根本的な原因は同じです。

おもな原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンが増え、髪の成長を妨げることです。ジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンのテストステロンに作用して変換されることで作られます。

治療方法としては、原因となる5αリダクターゼの働きを抑えるプロペシアやザガーロ、血管を拡張し血行をよくしたり、毛乳頭細胞の働きを刺激して活性化させたりするミノキシジルなどを用います。AGAは進行性の脱毛症なので、放置しておくと症状は悪化する一方です。そのため早めの治療が求められます。

AGAのおもな治療薬の効果

プロペシア(内服薬)

主成分であるフィナステリドには、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生産を抑える働きがあると言われています。薄毛や脱毛の原因を取り除くことで、症状を遅らせたり、改善したりできるとされています。フィナステリドはAGAの抑制効果が認められている成分です。

ザガーロ(内服薬)

ザガーロに含まれるデュナステリドには、薄毛や脱毛の原因を作る5αリダクターゼの働きを抑制する作用があると言われています。5アルダリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドが作用するのは1型のみですが、デュナステリドは両方に作用するという特徴があります。フィナステリドで効果を実感できない場合、デュナステリドを使用することで効果が期待できることがあります。

ミノキシジル(外用薬)

血管を広げ、血行をよくする働きがあります。血行がよくなれば、髪の成長に必要な栄養素をしっかり届けることができます。また、毛包に直接働きかけ、細胞の増殖やタンパク質の合成を促すため、発毛が促進されます。AGAのさまざまなタイプに効果が期待できるとされているため、幅広い症状に対して用いられている治療薬です。

AGA治療薬それぞれのおもな副作用

プロペシア(内服薬)の副作用

プロペシアの主成分であるフィナステリド、男性ホルモンに作用するため、性欲減退、勃起不全などの副作用があると言われることが多いです。ただし、そういった副作用が現れるのはほんの数%と言われています。副作用が起こる原因は、フィナステリドが作用したわけではなく、たまたまそのような疾患を持っていたケースもあります。

プロペシアを使用している人が必ずしもEDになるわけではありません。ただし、フィナステリドは胎児に悪い影響を与える可能性があるため、妊娠中はもちろん、女性の使用は禁止されているため注意が必要です。

ザガーロ(内服薬)の副作用

ザガーロに含まれるデュタステリドには、性欲減退、勃起不全、乳房障害といった副作用が考えられます。フィナステリドと同じように、女性の使用は禁止されています。ザガーロはプロペシアに続くAGA治療薬で、厚生労働省が効果を認めている治療薬です。

副作用は全くない、とは言いきれませんが、過剰に心配するとそれがストレスになってしまい、効果に影響してしまうこともあります。あまり神経質にならずに、治療に専念することが大切です。

ミノキシジル(外用薬)の副作用

もともと高血圧治療のために用いられていた薬なので、副作用としては血圧低下のリスクがあります。特に高血圧の薬を使用している人は、必要以上に血圧を下げてしまう危険性があります。また、むくみや体毛が濃くなる副作用も考えられます。肌質や体調によっては、頭皮のかゆみやアレルギー、湿疹、皮膚炎などを引き起こすリスクもあります。

ミノキシジルには、女性用のものが発売されていることも特徴です。女性用のミノキシジルは、男性用のものとは配合量が異なるため、専用のものを使うようにしましょう。

副作用が心配な方はAGA専門医に相談しよう。

AGA治療として効果が高いと言われている、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルは効果に比例して副作用も考えられます。特に男性はEDなどの副作用があると聞くと心配になってしまうかもしれません。外用薬にも、肌質によってはかゆみなどで使用が困難になってしまいます。副作用が出るのは稀ですが、全く出ないとは言いきれません。疾患があったり、体調がすぐれていなかったりする場合は、AGA専門医に相談することが大切です。