リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

AGA治療薬ってどんなのがあるの?それぞれの特徴と効果まとめ

AGA治療薬

AGAの治療方法の種類はさまざまです。クリニックによってはオリジナルの治療薬を用いて行う治療をするところもあります。AGAの治療薬には、どういったものがあるのかを知ると同時に、自分の症状に合った治療薬で改善を目指すことが大切です。

AGAの原因とメカニズムを理解することで、AGAの薬について詳しく知ることが可能です。ここでは、クリニックで用意しているオリジナルの治療薬とあわせて紹介します。

AGAの原因とメカニズムと治療薬の作用とは

脱毛を抑制するタイプのAGA治療薬

AGA治療薬の一つは、脱毛を抑制するタイプです。AGAの原因の一つは、男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素が影響し、強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロンになることで、髪の成長を妨げて脱毛を促します。脱毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制すれば、脱毛や薄毛の進行を抑えることが可能です。

発毛を推進するタイプのAGA治療薬

ほかにも治療薬の種類はあります。発毛を促すために、毛を作り出す細胞に栄養を送ったり、血行を良くしたりするタイプです。血管を広げる働きや、血流を増やす働きなどによって、発毛に必要な栄養素をしっかり届けることで、健康な毛を作り出すことを目指します。また、毛母細胞に働きかけて、細胞分裂を活性化させ、毛の成長を促します。

AGA治療薬のそれぞれの特徴と効果・副作用について

脱毛を抑制するタイプのAGA治療薬の特徴と効果・副作用

プロペシアやフィナステリド錠、ザガーロなどは、脱毛を抑制する治療薬です。フィナステリドという有効成分が、5αリダクターゼの働きを抑制します。効果はヘアサイクルによるものなので、使用すればすぐに効果が期待できるわけではありません。1年程度の使用で変化が現れ、さらに使用することで薄毛や脱毛効果が期待できるとされています。

副作用として、男性機能障害や肝機能障害などがあるとされています。しかしリスクは低く、ストレスやもともと肝機能が低下している場合に副作用が現れることがある程度です。

発毛を推進するタイプのAGA治療薬の特徴と効果・副作用

ミノキシジルはもともと高血圧を治療する薬で、血管を拡張して血行を良くする働きがあります。その働きによって、頭皮に栄養を運び健康な髪を育てます。また、毛乳頭細胞を刺激して成長因子の分泌を促します。

考えられる副作用として、塗布した部位にかゆみやかぶれ、発疹などが出ることがあります。服用する薬においては、めまいや動悸、不整脈などの副作用が考えられるとされています。

AGA専門クリニックではオリジナルの治療薬があるところも!

AGAスキンクリニックの「Rebirth」

「Rebirth」は、薄毛の原因を抑制しヘアサイクルを正常にするフェイナステリドが含まれています。また毛母細胞を活性化させ、頭皮の血行を良くするミノキシジルや、アミノ酸の吸収を高めるビタミンは効果的な成分です。ほかにも、抗酸化作用と活性酸素によるダメージを防ぎ老化予防をする酢酸トコフェロールや、毛母細胞の再生・増殖を促す亜鉛などをオリジナルのバランスで配合している治療薬です。

使用しているものは、USP最高ランクの高品質・高濃度の成分。これらをAGAスキンクリニック独自の配合を施すことで、より高い効果を目指しています。

UPSとは、製薬の品質基準を定めているアメリカの独立非営利団体で、その歴史は180年以上になります。

ゴリラクリニックの「ミノフィアG」

ミノキシジルやフィナステリド、アミノ酸といった有効成分を配合した薬が、ゴリラクリニックの「ミノフィアG」です。脱毛予防、発毛や育毛に必要な有効成分配合の複数の薬を服用するストレスをなくし、飲みやすくしてあることが特徴です。

さらに、製薬メーカーとの共同開発で有効成分を適正に配合し、正規品市販価格の半分の値段で提供しているところもポイントです。

湘南美容クリニックの「オーダーメイド処方AGA治療薬」

フィナステリドやミノキシジルのほかに、ビタミンやミネラル、アミノ酸といった有効成分がバランスよく配合しています。その結果、短期間で発毛の効果が期待できるオリジナル処方の治療薬です。オーダーメイド処方のAGA治療薬は、内服薬と外用薬を併用することで、発毛効果をより早く実感することを目的としています。

体内からAGAの進行を止めて発毛を妨げる要素を除外。加えて外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけることにより、効果を高める治療薬です。成分はUSP基準最高ランクで質の高いものを使用します。

AGA治療薬は長期間の服用が前提。飲み続ける費用を考えて選びましょう。

治療薬を用いることで、体内からAGAの原因を取り除き、発毛しやすい環境を整えます。また外用薬で直接毛母細胞を刺激することで、血行を良くし、髪の成長に必要な栄養素を届けることも可能です。これらの治療薬は、正しく使用すればAGA改善効果が期待できます。クリニックでは、オリジナルの処方でより高い効果を目指した研究に励んでいます。

しかし、効果が期待できるといっても、すぐにふさふさとした毛が生えてくるわけではありません。頭皮環境を整え、健康な髪を成長させるにはある程度の期間が必要です。また、すべての人に有効とは限らないため、注意が必要です。そのような点も踏まえたうえで、費用を考慮し、自分に合った治療法を選択することが大切です。