リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

育毛剤に効果は期待できるのか?おすすめ育毛剤と発毛剤の効果徹底比較


薄毛の改善を期待して使用する、育毛剤や発毛剤。たくさんの種類の製品がありますし、そもそもどちらが効果的なのか疑問に感じている人もいるでしょう。そこで今回は、育毛剤や発毛剤に配合されている成分から、育毛剤と発毛剤の違いや効果について比較しました。

効果に直結する育毛・発毛成分について

育毛剤や発毛剤を利用するには、まず効果に直結するのはどの成分であるのかを知っておくことが大切です。育毛剤・発毛剤に使用され、効果に直結する成分についてご説明します。

発毛剤に配合される成分

発毛剤に配合されている成分は、ミノキシジルです。ミノキシジルは、国から発毛効果が認められている唯一の成分で、2つの発毛作用を持ちます。ひとつ目は、血管の拡張作用で、頭皮に栄養分が十分に行き渡るようにして頭皮の発毛環境を整えます。2つ目は、毛乳頭細胞を直接刺激する作用で、成長因子の分泌を促し発毛効果を発揮するというものです。また、発毛だけでなく、脱毛の進行を予防する効果も認められています。

育毛剤に配合される成分

育毛剤には、さまざまな有効成分が配合されていますが、発毛剤とは異なり、頭皮を健やかに保つことが目的であり、環境を整えて発毛を促進させるというものです。頭皮の血流を増やすことにより育毛効果が期待できるセンブリエキスやビタミンE(酢酸トコフェロール)、頭皮のトラブルとなる炎症を抑えるグリチルレチン酸などが有効成分として配合されています。そのほかには、頭皮の保湿作用があるヒアルロン酸や植物エキスなど、さまざまな育毛サポート成分も合わせて配合されていることが育毛剤の特徴です。なお、育毛剤には発毛効果のある医薬品成分は配合することができません。

関連記事:育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

「発毛剤」と「育毛剤」の違いと効果

発毛剤と育毛剤の違いに、発毛剤は医薬品、育毛剤は医薬部外品であることがあげられます。では、医薬品と医薬部外品にはどのような違いがあるのでしょうか。

医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤や発毛剤を見ていると、医薬品と医薬部外品(薬用)と記載されているものがあります。医薬品と医薬部外品にはどのような効果の違いがあるのかも確認しておきましょう。

医薬品とは、発売前に臨床試験を重ね、効果が確認された後に発売されるものです。適応する症状のある人が使用した場合には、改善効果が期待できます。一般に効果もありますが相互作用や副作用のおそれもあるため、使用上の注意を守り、適切な使用が必要です。
医薬品は、薬のリスクによって、医師が処方する処方箋医薬品と、一般の薬局・薬店で購入できるOTC医薬品とに大別されます。

医薬部外品は、効果のある有効成分は含まれているものの、その作用がおだやかなものをいいます。医薬品と違い、ほかの薬との相互作用や強い副作用が起こるリスクはほとんどありません。そのため、販売にあたり許可は不要ですので、薬局・薬店以外の場所でも販売されています。

関連記事:医薬品と医薬部外品の育毛剤は効果や副作用はどう違う?

医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤の効果の違い

医薬品と医薬部外品では効果のあらわれ方に違いがありますが、医薬品の発毛剤と医薬部外品の育毛剤についてはどのような効果の違いがあるのか見ていきましょう。

医薬品の発毛剤の効果は、「発毛」です。毛根から実際に毛が生えてくるという効果が認められています。発毛剤においては、ミノキシジル配合の外用薬として、大正製薬のリアップシリーズとスカルプD メディカルミノキ5の2つが、薬剤師の説明のもと店頭で購入できる第一類医薬品として市販されています。効果・効能は、「発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」です。発毛はもちろんですが、脱毛の進行予防について効果を言及できるのも医薬品のみです。

一方、医薬部外品では、医薬品のような高い効果は望めません。髪の毛が生えるための環境を整えるという意味あいが強く、発毛促進や毛生促進といった表現にとどまります。なお、医薬部外品では、医薬品の効果・効能である「発毛」を効能とすることができません。そのため、確実な効果を求めるのであれば医薬品を選択したほうがよいのですが、医薬部外品には副作用の心配などは少ないため、気軽に利用できるというメリットがあります。価格帯も1,000円前後からと手頃ですので、化粧品と同じような感覚で試すことができるでしょう。

関連記事:医薬品と医薬部外品の育毛剤は効果や副作用はどう違う?

「育毛剤」と「育毛トニック」の違いと効果

育毛剤を探していると、「育毛剤」と記載があるものと、「ヘアトニック」と記載されている製品が見つかりますが、これらがどう違うのか疑問に感じたことはないでしょうか。育毛剤とヘアトニックの違いと、それぞれの効果についてご紹介します。

育毛剤とは

育毛剤とは、育毛効果のあるさまざまな成分が配合された、医薬部外品の塗布剤です。医薬品のような直接発毛の効果はありませんが、髪の毛が発毛できる頭皮環境を整える働きがあります。剤形はローション型で、清潔な頭皮に塗布し、軽くマッサージをして浸透させるというものが多いです。医薬品ではないため、量販店などさまざまな店舗で購入できます。

ヘアトニックとは

髪の毛や頭皮の状態を整える化粧品に、ヘアトニックがあります。この中で、育毛効果が認められている薬用成分を配合した医薬部外品が育毛トニックと呼ばれるものです。育毛剤の中の種類のひとつと考えておけばよいでしょう。
ヘアトニックは50~70%が水とアルコールでできており、さっぱりとした使い心地で頭皮をケアする化粧品です。そのため、一般的に育毛トニックと呼ばれる製品についても、その使い心地を維持しながら、育毛に関係する成分を加えたものが多くなっています。

育毛トニックでは、効能効果は頭皮を健やかに保つ、抜け毛を防ぐといった内容が中心で、比較的薄毛初期のケアに適したものが多いです。血行促進を目的としていて爽快感があり、気軽に使える価格帯のものが中心となっています。しかし、発毛促進成分が配合されているものも登場しています。育毛トニックを選ぶ際には、どのような成分が使われているのか、また、自分の薄毛の原因に適しているかを確認して選びましょう。また、トニックはアルコールが使われているため、人によっては刺激を感じる場合もあります。頭皮が敏感な場合には、負担の少ないアルコール無配合の育毛剤が適しています。

関連記事:育毛剤と育毛トニックってなにが違う?違いを知って正しい薄毛対策を!

育毛剤の効果を引き出すドライヤー方法

育毛剤は、ただ塗布すればよいというものではありません。効果を引き出す使い方が存在します。育毛剤は清潔な頭皮に使いますので、お風呂上がりに使用する人も多いと思います。ここでは、育毛剤の効果を引き出す洗髪後のドライヤー方法についてご紹介しましょう。

ドライヤー前にしっかりとタオルドライ

ドライヤーは、長時間使用すると頭皮や髪を過度に乾燥させ、ダメージを与えます。効率よく乾かすためには、ドライヤー前にしっかりとタオルドライを行っておきましょう。また、タオルドライの際は、できるだけこすらないようにし、やさしく押さえるように水分を吸収させていくことがコツです。また、タオルドライだけで乾いたように感じても、きちんとドライヤーをかけて乾かすように習慣づけましょう。

ドライヤー温風と冷風を使い分ける

ドライヤーのかけ方としては、温風を使い80%を乾かした後、20%は冷風を使います。冷風を使うことで、頭皮が乾燥しすぎてしまうことを防ぎます。頭皮が乾燥すると、頭皮の荒れの要因となるうえ、育毛剤の浸透がうまくできなくなってしまいますので注意しましょう。

育毛剤の使用はドライヤー後

育毛剤を使用する場合は、ドライヤー後の完全に乾いた状態で使用します。髪の毛が濡れたままの状態だと、雑菌が繁殖しやすく、頭皮環境にはよくありません。また、せっかく塗布した育毛剤が薄まって頭皮以外の部分にも広がってしまい、成分が頭皮に届きにくくなってしまいます。きちんと乾かした後、頭皮のほてりが収まってから使用するのがベストです。もし、育毛剤を塗布した後のベタつきが気になるのであれば、塗布後に冷風で軽く乾かすというのもひとつの方法です。

関連記事:育毛剤とドライヤー、どちらが先?風呂上がりの迷いをなくす方法!

発毛剤、育毛剤の特徴比較

発毛剤や育毛剤にはたくさんの種類があり、一体どれを選べばよいかわからないという人もいるでしょう。ここからは、主要な発毛剤・育毛剤の特徴を比較しています。自分にあった発毛剤、育毛剤を探すのに参考にしてください。

発毛剤「リアップ」

リアップは、大正製薬が発売している、ミノキシジルが主成分の発毛剤です。毛包の細胞増殖やタンパク質の合成を進め、成長を促すことによって発毛効果が得られます。医薬品ですので4~6か月の継続使用で薄毛の改善が認められます。ミノキシジルは、もともとは降圧剤として用いられていた成分ですので、血圧や循環器に持病がある人などは、事前に医師や薬剤師に使用について相談する必要があります。また、年齢にともなって頭頂部や生え際が薄毛になる壮年性脱毛症について使用できるもので、産前産後の脱毛や、ストレス性の脱毛には使用できません。
リアップは、第一類医薬品を扱う薬局・薬店で購入可能です。男性用・女性用の製品が発売されています。

関連記事:発毛剤・育毛剤の「リアップ」シリーズの効果と副作用は?

育毛剤「スカルプジェット」

スカルプジェットは、シャンプー「スカルプD」で知られるアンファー株式会社から発売されている育毛剤です。有効成分は、血行促進成分である酢酸dl-α-トコフェロールやタマサキツヅラフジアルカロイド、フケやかゆみを抑えるグリチルリチン酸2Kの3つです。これに加え、独自成分として頭皮の保湿に関わる豆乳発酵液や、クロレラエキス、セイヨウニワトコエキスが配合されています。髪の毛が生えるための頭皮環境を整えながら、髪の毛のボリュームアップにも効果的です。
ジェット噴射式と特殊ノズルで、毛穴までしっかりと液剤を届けることが期待でき、爽快感のある使い心地となっています。

関連記事:育毛剤のスカルプジェットって効果あるの?
 

育毛剤「ブブカ」

ブブカは、ミノキシジルにひけを取らない発毛促進効果があるとされる、海藻に含まれるM-034という成分が使用されていることで知られる育毛剤です。M-034は、ミノキシジルのような副作用を心配せずに使用できるという点で育毛成分として注目を浴びています。ブブカ最新製品の6代目「BUBUKA ZERO」では、M-034の配合量が従来の10倍にアップされ、さらに発毛シグナルを出す17型コラーゲンを増やす働きがある、マジョラムエキスを配合し、発毛促進効果が強化されました。また、酵素5αリダクターゼを抑える植物エキス成分により、男性型脱毛症の原因に対してもアプローチしています。アルコールをはじめ、頭皮の負担となるパラベンやシリコンなどの成分は使われていませんので、頭皮が敏感な人にもおすすめです。30日間の商品代金全額返金保証もついています。

関連記事:ブブカは効果がある育毛剤!? 成分や効果を徹底解説!

育毛剤「イクオス」

イクオスは、M-034と、保水力のある海藻成分ペルベチアカナリクラタエキスを合わせたAlgas-2という成分を独自配合した育毛剤です。さらにヒアルロン酸レベルの保水力があるとされるスサビノリエキスを追加し、元気な髪の毛を育てます。そのほかにも、酵素5αリダクターゼを抑える植物エキスや、アミノ酸、エイジングケア成分などあらゆる角度から薄毛に立ち向かう成分を、合計61種類配合しています。そのうち、天然由来の成分は38種類にものぼります。

また、イクオスは効果時間までの時間が短いことも特徴のひとつです。使用者への調査では、78%が3か月以内に発毛促進効果を感じているというデータもあります。45日以内であれば商品代返金保証もついていることからも、メーカーの自信が見える育毛剤です。

関連記事:育毛剤「イクオス」は効果がない?成分と効果を徹底紹介!

育毛剤「チャップアップ」

チャップアップは、有効成分としてセンブリエキス、グリチルレチン酸、塩酸ジフェンヒドラミンの3成分と、さらに頭皮の環境を整え、育毛をサポートする成分が配合された育毛剤です。天然成分55種類に、アミノ酸15種類もの豊富な育毛成分が使用されています。また、石油系界面活性剤やパラベン、シリコンなどの添加物は使用していませんので、頭皮に負担をかけずに使えます。さらに香料も無配合で香りがほとんどありませんので、周囲に育毛剤を使っていることがわかりません。

また、効果に満足できなかった場合の返金保証や、日本毛髪科学協会の認定毛髪診断士による相談体制など、サポートが充実していることが特徴です。

関連記事:人気育毛剤「チャップアップ」は薄毛に効果がないって本当?

育毛剤・発毛剤の特徴を正しく知り効果のある製品を選ぼう

育毛剤や発毛剤にはさまざまな種類があり、それぞれ効果のメカニズムも異なります。自分の頭皮の状態や、薄毛の進行具合に合わせて育毛剤を選ぶことが大切です。

育毛剤は比較的効果がおだやかで、使い続けることによって効果が実感できます。もし、育毛剤を使用しても満足いく効果があらわれない場合には、医薬品の発毛剤であるミノキシジル外用剤のリアップシリーズやスカルプD メディカルミノキ5を使用してみるのもおすすめです。