リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム 2018/09/29
更新日:2018/09/28

びまん性脱毛症の治療方法と治療薬を徹底紹介


薄毛といえば、男性特有の悩みではないのかと思いこんでいないでしょうか。実は、薄毛に悩んでいる女性というのも少なくありません。もし、鏡を見た時になんとなく髪のボリュームやハリがなくなってきた、分け目が目立つと感じるようになった時は注意が必要です。この記事では女性に多いといわれるびまん性脱毛症について、症状や対処法、効果的な薬について調べました。

女性に多いびまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症とは頭部の髪の毛が全体的に薄くなる脱毛症をいいます。一般的に「びまん性」という言葉は広範囲に広がっている状態を指します。男性の生え際や頭頂部のように局所的に薄くなるわけではないため、気が付かない間に進行していることもあるでしょう。一部の大学病院では男性型脱毛症(AGA)に対して、びまん性脱毛症を女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ぶこともあります。

このようなびまん性脱毛症は、過度のストレスやホルモン変化、食生活の乱れなどによって引き起こされるといわれています。正常な髪は成長期から退行期、そして休止期を経て生まれ変わりを続けます。しかし、何らかの原因でこのヘアサイクルが乱れてしまうことがあるのです。ヘアサイクルの休止期が通常よりも長くなったり、休止期の後に新しい髪が生えてこなかったりすると、このようなびまん性脱毛症が進行してしまうと考えられます。

びまん性脱毛症の原因と治療方法

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因や発症のメカニズムは、はっきり解明されているわけではありません。代表的なびまん性脱毛症の原因としては、加齢やストレスが挙げられます。加齢によって、肌や体格に変化が生まれるように、髪の毛も加齢によって成長が鈍くなることがあります。性別に関係なく、髪のボリュームが減ったり、細くなったりすることは自然な変化です。

ヘアサイクルの乱れは栄養不足や貧血などで起きますが、薬剤が原因となることもあります。びまん性脱毛症の原因となる医薬品は多くあるため、薄毛の進行が気になる方は服用している医薬品を見直してみてもいいでしょう。

治療薬を使う

びまん性脱毛症は治療薬を用いて対処することもできます。びまん性脱毛症の治療薬としては内服薬と外用薬があり、クリニックによっては両方を併用しておこなう治療法もあります。びまん性脱毛症の薬はクリニックで処方を受けて入手する方法が一般的です。まずはクリニックに足を運んで頭皮の状態を見てもらい、医師による診断を仰いでみましょう。

処方された治療薬は、用法用量を守って服用することが大切です。基本的に医薬品は、飲めば飲むほど効くというものではありません。多量摂取は大きな副作用につながる危険性もありますから、注意して服用するようにしてください。

治療薬以外の治療方法

先ほども述べましたが、びまん性脱毛症は明確な定義がなく、原因もはっきりしていません。そのため治療法もこれと決まったものがあるわけではありません。びまん性脱毛症は皮膚科や専用クリニックで治療を受けることができます。

医療機関ではカウンセリングのほか、視診、血液検査などがおこなわれます。それらの結果を受けて医師が原因を確認して、的確な対処法を提案してくれます。同じようなびまん性脱毛症の症状であっても、原因が違えば治療法も変わります。自己診断で対処するのではなく、専門家に診断してもらうことはとても重要な意味があります。

びまん性脱毛症の治療に使用させる主な治療薬を紹介

パントガール

パントガールは世界で初めて効果と安全性が認められた女性用向けの治療薬です。ただし、世界的な内服薬ではあるものの、日本では認可が下りていません。クリニックで処方を受けられるケースもあるので、初回訪問の前に電話で問い合わせるかクリニックのホームページを確認してみると良いでしょう。

リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌは女性向けの外用薬として代表的な存在です。大正製薬のリアップシリーズには有効成分ミノキシジルが配合されています。ミノキシジルは血行を促進して、髪の成長に関わる細胞を活性化させる成分です。

ロゲイン

ロゲインはリアップリジェンヌと同様にミノキシジルを有効成分とした外用薬です。アメリカのファイザー社が開発した薬で、世界で初めてミノキシジルを配合したことでも注目されました。フォームタイプとローションタイプがあり、通販やクリニックでの処方によって入手できます。ただし、日本の厚生労働省では認可されていません。

びまん性脱毛症は薬も治すことはできますが、不安になったら専門医に相談しましょう。

びまん性脱毛症の原因は人によって違うといわれています。そのため薬によって治療できることもありますが、原因によっては薬だけでは対処できないこともあります。びまん性脱毛症はなんとなく気になっている間に進行していきます。なんとなく髪のボリュームや分け目が気になったという人は、まずは専門医に相談してみましょう。もしかすると意外なところに、びまん性脱毛症の原因が隠れているのかもしれません。