リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

m字ハゲに悩める諸君!回復させる救世主をお探しですか?


世の男性を深い絶望の淵に追いやるm字ハゲ。「回復せずに、このままツルッパゲになるのか…」と悩んでいませんか?m字ハゲは回復に時間がかかるものの、救世主の力を借りれば、あの日の黒々を取り戻すことは可能なのです。ここでは、m字ハゲを回復させる方法をたっぷり紹介します。おでこが広くなったと感じたら、今すぐにm字ハゲの回復対策を始めましょう。

m字ハゲを回復させるには遺伝子の秘密をガッチリ把握

m字ハゲを回復させる方法に取り組む前に、まずは遺伝子レベルでの原因をガッチリ把握しておくことが必要です。なぜ父親がm字ハゲではないのに息子がm字ハゲになることがあるのかも見えてきます。

m字ハゲの原因の1つは遺伝にあり

遺伝によって顔や身体つきが両親や祖父母と似るように、m字ハゲの遺伝もガッチリ細胞に刻み込まれています。「親父はm字ハゲじゃないのに、俺だけハゲてる」という方がいるのは、父親や祖父だけでなく、母親や祖母からもハゲやすい遺伝子が受け継がれるためです。遺伝によって誰でも必ずハゲるのではなく、ハゲやすい因子(体質)を持っていることになります。

AGA(男性型脱毛症)に見られる型の1つがm字ハゲですが、さらに詳しく遺伝の仕組みを説明します。原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンと、それを受け取る受容体「アンドロゲンレセプター」の量が遺伝されます。遺伝子のメカニズム上、アンドロゲンレセプターの量は、父方ではなく母方からのX染色体によって受け継がれることがわかっています。

つまり、男性ホルモンの量がm字ハゲを作るのではなく、母方からの遺伝でアンドロゲンレセプターの量が多いとm字ハゲのリスクが高まるのです。さらに、アンドロゲンレセプターは後頭部にはほとんどなく、前頭部の毛乳頭に多いことから、後頭部はハゲにくくm字部分がハゲやすくなります。

m字ハゲの回復を遅らせる原因はまだまだある!

m字ハゲの遺伝子の秘密がわかったところで、遺伝以外の原因を知っておきましょう。

あなたのこんな行動がm字ハゲの回復を遅らせる

こんな行動をしていませんか?次に挙げる行動は、すべて頭皮の健康や髪の生育によくないことばかり。その理由は、血液の質を低下させ、血行不良や栄養不足を起こすため、健康な髪を作りにくくなってしまうからです。生活習慣や食生活を見直してm字ハゲの回復を遅らせる条件を一つひとつ取り除きましょう。

・運動することはほとんどない
・日頃から脂っこい食事をしている
・甘いものやしょっぱいお菓子が大好き
・外食が多く野菜や海藻類を食べる機会が少ない
・タンパク質を含む肉や魚、卵、豆類、乳製品の摂取量が少ない
・シャンプーはとにかく安さで選ぶ
・夜はシャンプーせず朝シャンばかり
・シャンプー時は頭皮をゴシゴシして洗う
・濡れた髪のまま寝る
・ヘアワックスなどを毎日使っている
・毛染めやパーマなどを頻繁にしている
・寝不足感がとれない
・ストレスが溜まっている
・タバコやお酒が大好き
・入浴はシャワーだけで済ましている

誰でも実行可能!まずはm字ハゲの回復によい食生活を

m字ハゲを回復させるには、豊富な栄養と血行がよくなるような食生活が欠かせません。

・髪を作る元となるタンパク質はしっかり摂る
意外と摂りきれていないのがタンパク質です。例えば、外食で豚の生姜焼数枚(40g)を食べた場合に摂れる量は、約8g。タンパク質の摂取目安量として一番簡単なのは、自分の体重の数字のグラム量です。60kgの方なら60gとなります。ただし、肉体労働やトレーニングをしている場合は、約1.5倍を目安に90gぐらい摂りましょう。

・頭皮の健康を調節するビタミンやミネラルを摂る
野菜や海藻類などに限らず、肉類や卵にも頭皮の健康を生み出すビタミンやミネラルが入っています。

・栄養が足りていないと感じたら、サプリメントも活用する
一人暮らしの男性や、夫婦共働きで忙しいと、なかなか食生活を変えることは難しいもの。そんなときは、タンパク質が摂れるプロテインサプリやビタミン・ミネラルを総合的に含むマルチビタミンを活用しましょう。AGA対策ができるサプリメントも市販されています。

m字ハゲの回復を自宅でする方法

m字ハゲを自覚した段階で早めに病院で治療を始めるのが基本ですが、まずは自宅で回復対策に取り組みたい方もいらっしゃることでしょう。

m字ハゲの回復は残っている髪を育毛剤で守る

自宅でできるm字ハゲの回復は、まだ生きている毛根に刺激を与え、生え際を今以上後退させないことにあります。単にマッサージするだけでも頭皮の血流はよくなりますが、やはり血行を促進させて抜け毛を防ぐ成分が入った育毛剤を併せて使うのがおすすめです。

男性ホルモンのテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロン(DHT)に変化しますが、ほとんどの育毛剤にはこれを阻止する成分が入っています。頭皮にかゆみや炎症がある場合は、グリチルリチン酸2K(ジカリウム)という成分が入っている育毛剤を選びましょう。

m字ハゲの回復に向けて遺伝子検査キットで下調べする

漠然と「m字ハゲが回復すればイイな~」、と育毛剤を使う前に、自分のm字ハゲが遺伝からきているのか、不摂生な生活からきているのか知りたくないですか?そんなときに便利なのが、市販されている「遺伝子検査キット」です。遺伝子配列を分析することで、将来的な脱毛のリスクがわかります。

調べ方はいたって簡単です。ネットなどで遺伝子キットを購入し、自分で頬の内側の粘膜を取って指定の宛先に送ります。その後、指定した住所に検査結果が届きます。遺伝子検査結果でハゲるリスクが低いと出た場合は、生活習慣の乱れや栄養不足を疑いましょう。

m字ハゲの回復に最強の救世主は病院での治療!

遺伝子キットで遺伝的なリスクが判明した場合に限らず、額が後退してm字ハゲを自覚したら、病院で治療を受けるのが最良の回復方法です。m字ハゲは回復する可能性があるのですから、まずは通える範囲内に薄毛やAGA治療をしている病院があるか探してみましょう。

m字ハゲの回復にはどんな薬が使われる?

1.内服薬
AGAを引き起こす原因物質を抑制する、「プロペシア」や「ザガーロ」といった治療薬が処方されます。診察の結果AGAではなかった場合、状態に合った内服薬が出されることも。

2.外用薬
頭皮に直接塗る薬です。ミノキシジルという発毛促進成分を含んだ「ロゲイン」や、オリジナルの発毛薬が出される場合もあります。

内服薬も外用薬も、継続した治療によって乱れた毛周期を整え、m字ハゲなどの薄毛を回復していきます。国内でのAGA治療費は保険適用外なので自己負担です。おおよその治療費用の相場は、1ヶ月に1~3万円程度でしょう。医師の診察やアドバイスがもらえてこの費用なら、決して高いとは言えないかもしれません。

m字ハゲは放置せず早めの対策で回復を促そう

m字ハゲのせいで悩む日々に終止符を打つには、まずは生活習慣や食生活を見直した上で育毛剤を活用し、頭皮に十分な血液や栄養を届けましょう。今のm字ハゲが遺伝の影響なのかを知りたい方は、市販の遺伝子キットで遺伝のレベルを把握できます。AGAによるm字ハゲは進行するのが特徴なので、本気で回復させるなら育毛剤よりも病院での治療をおすすめします。m字ハゲの本当の救世主は、あなたの行動なのかもしれませんよ。