リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム 2018/09/29
更新日:2018/09/28

プロペシアやフィナステリドって?服用で注意すべきことは?


薄毛について調べていると、プロペシアとフィナステリドの2つの言葉を目にすることもあるかもしれません。検索していくと2つは似ているように感じるかもしれないですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。プロペシアとフィナステリドの違いから、服用にあたっての注意点まで紹介します。

プロペシアとフィナステリドの違いは何?

「プロペシア(フィナステリド)」と表記されることもありますが、プロペシア=フィナステリドというわけではありません。厳密には、フィナステリドはプロペシアというAGA治療薬の主成分です。

ただし、フィナステリドがプロペシアの主成分であることに変わりはないので、同一視されることもあります。

プロペシアとはそもそもどんな治療薬?

プロペシアは、厚生労働省の承認を得たAGA治療薬です。臨床試験でAGAの改善が多くの患者で見られたことから、正式にAGA治療薬として認定されました。

実は、プロペシアは前立腺肥大の治療ために作られたフィナステリドと比べると、よりAGAに特化した作りになっています。前立腺肥大治療を目的としたフィナステリドは、5mg程度の容量が含まれている薬が多いです。一方のプロペシアは1mg程度と、フィナステリドの量が少量です。

これは、AGAを第一の目的にし、体への負担を考慮した結果。プロペシアとフィナステリドがまったく同じではない、と言えるのはこのためです。

プロペシアとAGAの関係

もともと前立腺肥大の治療薬だったプロペシアの主成分・フィナステリドがAGA治療で注目されるようになったのは、AGAのしくみと関係しています。

AGAの直接的な原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と言われる、男性ホルモンが変化したホルモン。DHTの生成には、Ⅱ型5αリダクターゼが関係していますが、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼの活動を阻害する働きがあります。

髪が生えてくるという直接的な影響はありませんが、薄毛の原因となる物質が作用するのを防ぐことで、AGAによる薄毛を防ぐというしくみです。

プロペシアのほかにもあるフィナステリドが含まれる薬

プロペシアは、フィナステリドを含んだAGA治療薬と紹介しましたが、フィナステリドを含んだ医薬品はほかにもあります。ここでは、代表的なものを紹介します。

フィナステリドの元祖「プロスカー」

プロペシア開発のきっかけとなった、前立腺肥大薬。フィナステリド5mgと容量が多いため、AGA治療には向きません。日本では、AGA治療としてはもちろんのこと、前立腺肥大薬としても承認されていない薬です。

プロペシアのジェネリック「フィンペシア」

インドの製薬会社が作った、プロペシアのジェネリックです。プロペシア・ジェネリックの代表薬として世界中で使われています。しかし、フィンペシア含め、海外製のプロペシアのジェネリック、フィナックス、フィナロなどは日本で承認されていないのが現状です。

プロペシアのジェネリック「ファイザー」

日本の製薬会社が作った、正式にプロペシアのジェネリックとして認められているAGA治療薬です。フィナステリドの配合0.2mgなど、体への負担を考えた配合が特徴です。日本の製薬会社からは、ほかにもトーワやクラシエなど、プロペシアのジェネリック医薬品が出ています。

プロペシアやフィナステリド服用で注意したいこと

フィナステリドを含んだプロペシアを服用するうえでの注意点をいくつか紹介します。

1.副作用がある

プロペシアは、いくつかの副作用が確認されています。主なものは、勃起不全、性欲減退、精液量減少など。主に男性の機能に関することなので注意しましょう。ほかにも、肝機能低下などの副作用が起こることがあります。

2.専用のクリニックで処方してもらう

副作用がある以上、自分の判断でフィナステリドを含んだAGA治療薬を服用するのは危険です。専門のクリニックで血液検査などを受け、処方してもらうようにしましょう。

3.継続して服用する

プロペシアの服用後、効果を感じられるようになるまでは時間がかかります。さらに個人差もあるので、すぐに効かないと判断するのではなく、少なくとも半年は継続して様子をみていきましょう。

4.女性や未成年者は服用しない

フィナステリドを含んだプロペシアの服用は、女性や、未成年の男性には安全が確立されていません。特に女性の場合、妊娠中や授乳中に服用すると胎児に影響を与える可能性があります。

5.服用中は献血しない

プロペシアなど、フィナステリドを含んだAGA治療薬を服用している間は、献血をしないようにしてください。献血した血液が未成年、あるいは女性に提供される可能性があるためです。どうしても献血したい場合は、服用を止めて1カ月以上の期間を空けてからにしましょう。

まとめ:プロペシアとフィナステリドは正しく使おう
フィナステリドを含んだプロペシアは、AGA治療薬として日本国内で認められている医薬品ですが、一方では男性機能に関わる副作用も報告されています。自分の判断で用法・用量を守らなかったり、服用したりすることは危険です。

また、女性や未成年者には服用させないようにする、などの注意点もあるので、正しく使うためにも専用のクリニックで処方を受けるようにしましょう。