リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム 2018/09/29
更新日:2019/03/14

ザガーロを通販で買いたい!入手する裏に潜むリスクに注意


「ザガーロを通販で買えるならすぐにでも欲しい!」と、薄毛を気にする男性なら一度は思うかもしれません。
残念ながらザガーロを通販で購入することは不可能です。どうしてもザガーロを通販のように購入したいという方は、同じ有効成分を含んだ医薬品を“ある方法”で手に入れています。
そこで、この記事では、ザガーロが通販で購入できない理由や、通販と似たような手順でザガーロの類似品を手にできる方法を紹介します。

この記事の内容はこちら

ザガーロを通販で購入することができない理由

ザガーロは通販ではなく医師から処方してもらう医薬品

ザガーロは、国内で2015年8月に厚生労働省によって承認されたAGA治療薬で、医師の処方が必要な処方せんが必要な医薬品です。

AGA(男性型脱毛症)に対して脱毛抑制や発毛効果が期待される医薬品なので、当然ながら副作用も念頭に服用する必要があります。

副作用には、肝機能障害や黄疸といった重大なものから、勃起不全や精液量減少、頭痛、アレルギー反応、下痢などが報告されています。

副作用を知らずに、安易にザガーロを通販で手に入れるのはリスクが大きいことを知っておいてください。

ザガーロは楽天やアマゾンなどの通販サイトにはない

「ザガーロは医薬品だから楽天やアマゾンなどの通販サイトで販売されていないのか?」と思ったかもしれません。

通販サイトは、第一類医薬品に該当する製品の「リアップXプラス」や第二類医薬品に該当する「ハツモール内服錠」などを取り扱っていますが、処方せんが必要な医薬品は、通販サイトでは販売されていないのです。

処方せんが必要な医薬品は、副作用や他の薬との飲み合わせによる注意事項が多いため、その人の既往歴や体質、今飲んでいる薬などを、専門的な知識を持った医師が総合的に見極めた上で処方をしなくてはならないのです。

いっぽうで、第一類医薬品は、処方薬での実績が認められ、薬剤師による対面での販売が許可されているので、通販サイトでも購入できるというわけです。

参考URL
薬局医薬品の取り扱いについて-正当理由通知(薬局医薬品)-厚生労働省

ザガーロと同じ成分の薬を通販っぽく購入する方法

ザガーロ類似品を通販っぽい個人輸入代行サイトから購入する

ザガーロが通販で購入できないのに、なぜネット上では「ザガーロを通販で安く買った!」といった情報や口コミが出回っているのでしょうか。

その理由は簡単です。ザガーロそのものではなく、ザガーロの類似品を個人輸入代行サービスを行っているサイトで買っている方がいるからです。

個人輸入は主にこのような流れです。

「デュタステリド」が含まれている前立腺肥大症治療薬「アボルブ」は、AGAにも効果が期待できることが確認され、ザガーロが製造された。

個人輸入を代行してくれる業者が作ったサイトから、あたかも通販のような手順でアボルブのジェネリック医薬品などを個人輸入。

ザガーロのジェネリック医薬品はまだ海外にありませんが、ザガーロの有効成分が入っている輸入薬を個人輸入できる、日本語表記のサイトをいくつか記載しておきます。

  • アイエスティ
  • アイドラッグストアー
  • オオサカ堂
  • くすりエクスプレス
  • ベストケンコー

(50音順)

個人輸入には、製品代金だけでなく送料や消費税などがかかることもあるため、必ず利用の手順や留意事項が記載されたページも確認してください。

ザガーロ類似薬を通販っぽく買える個人輸入のリスク

ザガーロ以外の医薬品は危険じゃないの?リスクは?

ザガーロと同一の有効成分を含有する男性型脱毛症治療薬は、個人輸入代行サイトを通して手軽に購入できますが、危険と言えるリスクはあります。

主なリスクは下記のようなものです。

病院の診察を受けていないのは最大のリスク

本来であれば、医師が検査をしてAGAだと診断した方にザガーロは処方されます。

ザガーロには、デュタステリド0.1mg配合と0.5mg配合の2種があるので、自分で決めるのではなく医師が診断します。

通販のように簡単に手に入る類似薬は、0.5mgがほとんどです。

自分の体や頭髪の状態に合っているのかわからないのは大きなリスクと言えるでしょう。

海外製造の医薬品は品質がわからないリスク

海外の医薬品は日本で安全だとする基準に該当しているかは不明です。

有効成分の含有量が適正でないことや、不衛生な環境で製造された薬の可能性もあります。

体や心にかかるリスク

重大な副作用など体への影響だけでなく、副作用を感じたときに病院に行くのを躊躇してしまうかもしれない、という心理面のリスクも考えられます。

もちろん、なにかあったら病院で受診してください。

金銭的なリスク

個人輸入代行サイトに表示される価格は、為替変動により流動的です。

通販で買い物をするのに慣れている方はいくつかのサイトを比較すると思いますが、実際に支払うまではどこが得かは確定できません。

また、悪質な個人輸入代行業者にお金だけ取られて商品が届かない、というリスクも想定しておきましょう。

ザガーロと同成分含有薬は通販同様に検索する必要あり

ザガーロの類似薬は通販と同じ感覚で検索して探す

実は、個人輸入代行サイトは、あくまでも代行業社なので、ザガーロと同成分を含有する薬の広告やアドバイスはできません。

そのため、購入者自身が個人輸入代行サイトの検索窓に買いたい医薬品名を入力する方法により、代行業社は厚生労働省からの指導をクリアしているのです。

つまり、代行業者にはなんの責任もなく、なにかトラブルがあったとしても海外から輸入するあなた自身にすべての責任があることを忘れないでください。

個人輸入は通販と似ていますが、医薬品による副作用が出たとしても、国からのケアを受けることはほとんどできない点は、明らかに通販とは違います。

ザガーロと同じ成分を持つ医薬品の名前を知っておく

個人輸入代行サイトを利用して、ザガーロと同じ成分を持つ医薬品を購入するために、医薬品の名前を知っておく必要があります。

ザガーロの有効成分名「デュタステリド」と検索窓に入力すると、下記のようにと製品が出てきます。

医薬品名 含有量 服用数/日
内容量
参考価格 製薬会社名
(製造国)
形状
アボダート 
日本名:アボルブ
0.5mg 1錠 
30錠
3,500円 GSK(イギリス) カプセル
ベルトリド 0.5mg 1錠 
100錠
4,900円 Intas Pharmaceutical(インド) 錠剤
デュタプロス 0.5mg 1錠 
30錠
2,700円 Kocak Farma(トルコ) カプセル
デュタス 0.5mg 1錠 
30錠
2,500円 Dr. Reddy’s Laboratories Ltd.(インド) カプセル
デュタボルブ 0.5mg 1錠 
30錠
2,100円 Lloyd Laboratories(インド) カプセル
デュプロスト 0.5mg 1錠 
100錠
5,500円 Cipla Ltd(インド) カプセル

ザガーロを通販以外で安全に入手する方法

ザガーロの安全性を優先するなら病院がおすすめ

ザガーロと同一成分含有薬を、通販のようにして個人輸入サイトを利用した方の口コミ評価を見ると「AGAに効果が感じ取れた」という前向きな内容がありますが、「飲み始めたらボンボン髪が抜け始めました。もう少し辛抱すればみなさんのように生えてくると信じて続けてみます」といった、少し心配な口コミもみられます。

もしあなたがAGAでなければ、リスクを負って入手しても効果はないかもしれません。

これまでの情報を知って、やはり安全に正規のザガーロを入手したいと思った方は、まず最初にAGA治療をしている内科や皮膚科、または専門クリニックを利用しましょう。

通える範囲に病院がない方は、インターネット上で遠隔診療をしてくれるクリニックを利用するのも手です。パソコンやスマホを利用して、医師が診断をするのが遠隔診療です。全国展開をしている「AGAスキンクリニック」や「AGAヘアクリニック」などで受けることができます。

遠隔診療では、最初にビデオチャットなどオンラインで診察を行い、ご自身に合った治療薬を発送してくれます。

診察を受ける際は、ザガーロを扱っているかも確認しましょう。初回来院や自己血液検査キットを用意している病院もありますので、ザガーロの値段よりも安心感を優先する方にもおすすめです。

ザガーロ代用品を個人輸入する前にAGAかどうか診断を

ザガーロは、あなたの薄毛の原因が、男性ホルモンの1つのジヒドロテストステロン(以下DHT)の増殖による「男性型脱毛症(以下AGA)」だ、と医師が診断した場合に処方される医薬品です。それ以外の原因による薄毛にはザガーロは向いていない可能性もあります。

さらに、体の状態を診察し副作用のリスクを考慮した上で処方されます。これは個人輸入とは違うポイントなので抑えておきましょう。

ザガーロ代用品を個人輸入する際の注意点

ザガーロの日本製ジェネリック医薬品はありません。

また、日本国内で医師により処方されるザガーロは医薬品として医薬品医療機器等法を守っていますが、個人輸入して手元に届くのは海外製ジェネリック医薬品です。

つまり、国内レベルの確認がされていないため、品質はわかりません。表記された成分が入っていないかもしれませんし、衛生管理が悪い場所で作られていても素人には見分けることさえできません。

個人輸入業者は医薬品の宣伝やアドバイスができない

厚生労働省の指導により、個人輸入代行業者は、宣伝やアドバイスなどを伴う処方医薬品の販売は医療行為になるためできません。

その代わりとして、個人が医薬品名を検索することで広告に該当しない、という微妙な話ではありますが、法令遵守の努力をしています。

ただし、代金だけ取り製品が届かないなど、悪質な個人輸入代行サイトもあるので注意が必要です。

ザガーロや個人輸入する医薬品知識や副作用は自己責任

個人輸入代行サイトは、個人輸入する私たち自身がすでにザガーロやそれに代わる医薬品についての知識がある、ということを前提に運営されています。

製品には外国語で服用方法や副作用、注意点などが書かれているので、自ら調べるしかありません。

多くの個人輸入代行サイトには、効能効果や服用方法、副作用などが記載されてはいますが、すべて自己責任となります。

医薬品の個人輸入に関するその他注意点

  • 個人宅にしか届けることができない
  • 為替変動により価格は流動的
  • 厚生労働省の指導により個数制限がある(処方せん薬は1ヶ月分以内)
  • 転売や譲渡は禁止されている

ザガーロに代わる医薬品の個人輸入はリスクの覚悟を!

ザガーロに代わる医薬品の個人輸入には、前述したように副作用のリスク、品質・安全性のリスク、金銭的なリスクなど様々なリスクがあります。

まずはAGAかどうか診断を受け、医師に治療薬について相談しましょう。

その上でどうしても個人輸入したい場合は、自己責任で行ってください。