リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム 2018/09/29
更新日:2018/09/28

ザガーロの価格はいくらぐらい?安く入手できる方法が知っておこう


男性型脱毛症の治療薬の中でも、ザガーロは2015年9月に国内で承認された新しい薬です。以前にもAGAの治療薬はいくつかありましたが、ザガーロはそれらの薬よりも高い効果が期待されるとして多くのAGAに悩む人から注目されています。では、ザガーロはどのくらいの価格で購入できるのでしょうか。ここではザガーロの価格の相場や安く入手することはできるのか、またその方法について紹介します。

AGA治療薬のザガーロの価格はいくらぐらい?

ザガーロをクリニックで処方してもらうときの相場

クリニックで処方を受ける場合は初回で4,000円台~5,000円台、2回目以降では8,000円台です。しかし、保険の適用はないためクリニックによって価格差があります。また、診察を受ければその分診療費がかかってきます。

ザガーロ自体の価格に大きな開きは見られないものの、ザガーロの処方までにかかった診療の内容や、それ以外で勧められた治療法なども含めると、必要となる費用は大きくなる傾向です。ただし、クリニックの中には処方を受けたあとまとめて薬の処方を依頼できたり、薬の処方のみが選べたりするところもあります。

ザガーロを通販で個人輸入するときの相場

ザガーロは2018年9月時点では個人輸入が許可されていないため、医師の処方なしでは入手することが困難です。しかし、ザガーロに含まれる成分「デュタステリド」と同じものが使われた治療薬であれば個人輸入も可能になっています。

デュタステリドが含まれた薬には「デュタス」や「アボダート」があり、これらの価格は1箱あたり2,000~3,000円台です。例えば、個人輸入を代行するショップの場合、3箱までまとめ買いに対応しており、箱数が多いほど単価が安くなる傾向があります。

しかし、ショップによって1箱あたりの価格にも差があるため、ひとつのサイトを見ただけで購入を決めず、いくつかのサイトで価格を検索し比較したうえでの購入がおすすめです。

価格は安いけど危険?ザガーロを個人輸入するときの注意点

粗悪品や模造品がある

クリニックでの処方に比べ、個人輸入のほうが安く購入できるため、粗悪品や模造品にあたってしまう可能性も出てきます。もしザガーロと同等の薬であっても、驚くような安さで取り引きされている場合は注意が必要です。粗悪品や模造品を服用した場合、何かあったとしても補償が受けられないため、自己責任となってしまいます。

副作用が出ても救済措置制度が適用されない

クリニックで処方されたザガーロを服用し、万が一何か副作用が起きたときは、救済措置制度の対象になります。しかし、個人輸入でザガーロと同成分の薬を購入した際に発生した副作用は、制度の対象にはなりません。そのため、安全面を考慮すればクリニックで処方を受けた方が安心です。

ザガーロの処方が受けられる病院は、皮膚科や美容クリニック、薄毛専門クリニックなどです。公式ホームページやSNSから情報発信しているところが多いため、事前に情報収集をしておくと、スムーズにザガーロの処方が受けられます。

安全にザガーロを入手するなら、クリニックに相談した方がいい

日本で承認されているザガーロは、医師からの処方を受けて使う場合であっても、期待される効果が高いぶん副作用の危険性も潜んでいます。そのため、健康状態をしっかりと診てもらったうえでの医師の最適な判断が求められます。

ザガーロを服用した際に起こる可能性がある副作用は、性欲の減退、勃起不全などがあります。また、肝機能が弱い人にも影響を与えることがあります。

もし服用のリスクに気づかずに使用すると、人によっては性機能障害が起きる可能性があります。妊活中の場合には、続けることが困難になるかもしれません。そのため、治療の時期や自分のライフサイクルなどを十分考えてから使うようにしましょう。

安全にザガーロを使用するには、価格が個人輸入のものより高くなったとしても、医師の処方を受けて正式にザガーロを購入する方が安心です。

ザガーロの価格が安いのは通販だけどクリニックでの入手がおすすめ

男性型脱毛症の治療薬・ザガーロは、個人輸入ができません。そのため、より安く購入するには同成分配合の治療薬を個人輸入する方法がひとつの手段です。しかし、正規品と比べてリスクがあることを知っておきましょう。

また、医師の指示なく購入・服用した場合には、副作用があったとしても救済措置制度の対象にはなりません。そのため、ザガーロと同成分の薬を入手するには、AGAの治療を行うクリニックで診察を受けてから処方してもらったほうが安心です。