リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム 2017年10月26日

AGA治療薬といえば?有名なのがプロペシア!


AGAの代表的な内服薬として有名なのはプロペシアです。AGA治療薬として深い歴史があるだけではなく、数多くのクリニックで採用されているという特徴を持ちます。それゆえに安全性や効果に対する信頼も厚く、比較的安心して服用できるのが魅力です。生活習慣面や食事面による対策ではなく、本格的なAGAの治療に乗り出そうと考えているのなら、最低限プロペシアについては詳しく知っておいたほうがよいでしょう。一体どんな治療薬なのかを詳しく掘り下げていきます。

#AGAによる脱毛… 薬飲んで治療したい?
AGAによって抜け毛が進行してしまったら、どれだけの人が内服薬で治療をしたいと思うものなのでしょうか。毛髪に関して悩みを抱えている男性を対象に訊いてみました。

【質問】
AGA(男性型脱毛症)で内服薬を飲んで治療したいと思いますか?

【回答数】
思う : 85
思わない : 52

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年07月21日~2017年07月28日
有効回答数:137サンプル

##効果があるなら治療したいと思うもの?

調査したところ、内服薬で治療したいと思うと答えた人のほうが多いという結果になりました。

・内服薬を飲んで効果があるなら、飲んで治療したいと思う。(30代/男性/正社員)
・内服することで内からも効き目がありそうです。(30代/男性/正社員)
・男性型脱毛症が治るならどんなことでもやっておきたいから。(30代/男性/正社員)

AGA対策としての効果があるのなら試したいと思う傾向にあるようです。脱毛症を治すことを重視しているためか、内服薬であることを気にしていないと見受けられる人が目立っていました。内服薬の効き目に期待している意見もあり、効果が高いものという印象が強いのかもしれません。

・内服薬は副作用が怖そうなので。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)
・できることなら薬は使いたくない。(40代/男性/正社員)
・感覚だが飲み薬より塗り薬の方が効果はありそう。(30代/男性/正社員)

内服薬で治療したいと思わないと答えた人の多くは、副作用のリスクを主な理由として挙げています。効果があっても、副作用の症状が出ることは避けたい気持ちのほうが強いようです。中には内服薬よりも外用薬のほうが効果はありそうなイメージを抱いている人もいました。

内服薬の効果について疑っている意見はほとんどなく、AGAが改善できるなら積極的に服用してみたい傾向にあることは明確でした。ただ、反対意見としては副作用のリスクを恐れている人が多いのも確かです。内服薬で治療するかどうかは、副作用の問題についてきちんと理解したうえで検討すべきといえるかもしれません。

#一般的なAGA治療薬!プロペシアとは?
最もポピュラーなAGA治療薬として知られているプロペシアですが、オリジナルのものはアメリカのメルク社が開発しました。公的なAGA治療薬としては最も歴史が古く、医師が処方する AGA治療内服薬としては世界初のものです。日本でプロペシアの製造販売が承認されたのは2005年のことですが、現在では世界60カ国以上の国々で認められています。日本国内の正規品はMSD株式会社が製造販売を行っているプロペシアの錠剤で0.2mgと1.0mgのものがありますが、処方箋として一般的なのは1.0mgのほうです。
プロペシアにはフィナステリドという有効成分がありますが、この成分はノコギリヤシの薬用成分を研究した末に完成した化学合成物質になります。フィナステリドはAGAの症状を進行させるジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉の男性ホルモンの生成を阻害するのが主な役割です。正確にはテストステロンという男性ホルモンをDHTに変換する働きを持つ5αリダクターゼという還元酵素の阻害をしてくれます。髪に栄養を行き渡らせるというよりは、AGAの症状が起こる原因を根本から絶つのが目的です。そうすることで毛髪の成長を促してくれるうえに、細くなってしまった髪にコシを与えられるといわれています。

#どこで買える?プロペシアの購入方法
一般的なプロペシアの購入方法は、クリニックへの通院です。AGAだと診断された場合、必要に応じた量のプロペシアを処方してくれます。他の方法としては個人輸入で取り寄せる手段もありますが、こちらはあまりおすすめしません。クリニックで診察してもらうよりも安く、かつ手早く入手することは可能ですが、その代わり安全性には欠けてしまいます。AGA治療薬を輸入すること自体は違法ではありませんし、服用すること自体も犯罪として問われるわけではないです。ただ、医師の診断を仰がずに服用するということは、万が一の場合があっても他者は責任を負えません。つまり、個人輸入で購入するのなら全て自己責任になることを理解しておく必要があります。深刻な副作用に見舞われる可能性、そして偽物を購入させられる可能性があることを踏まえたうえで比較的きちんとした購入先を選ばなければなりません。
初めてAGA治療をする人はまずクリニックに行くのが無難です。はっきりとわかるくらいに薄毛になってしまっているのならAGAである可能性は高いですが、医師の診断を仰がなければ必ずしもそうだとは言い切れません。安全に個人輸入するための方法もわからないものですし、将来的には購入費用を安く済ませたい場合でも、最初はクリニックへ足を運びましょう。

#プロペシアの服用に注意したい人はいる?
プロペシアを服用するのなら、注意しなければならない点がいくつかあります。まず最低限守らなければならないのが、きちんと用法用量を守ることです。1日の服用量を守るのはもちろん、添付文書に記載されていることは必ず守りましょう。女性や20歳未満の男女は服用できません。妊娠している女性の場合は絶対に避ける必要があります。これらに該当する人は、クリニックであれば通常はまず処方してもらえないので安全ですが、個人輸入の場合は特に気をつけなければなりません。プロペシアは男性が抱えるAGAのための治療薬ですから、まず女性には不向きです。特に、男の子を妊娠していると胎児の生殖器官に異常をきたすおそれがあります。20歳未満に関しても同じく発育面で障害が起こる可能性がありますし、未成年者への安全性は確認されていないので絶対に服用しないようにしましょう。
また、プロペシアは6カ月以上の継続服用が必要だといわれています。6カ月より短い期間で効果が得られたとしても、そこで治療を止めてしまうとAGAの症状は再び進行してしまうので注意してください。どうしても止めたい、あるいは中断したい場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

#まとめ
一般的なAGA治療薬の代表格であるプロペシア。正規品を処方された通りに正しく使用すれば十分な効果を期待できますが、個人輸入の場合はそうとは限りません。輸入するなら自己責任のもとで購入しなければならないので、治療が初めてもしくは慣れていないうちはクリニックで処方してもらうのがベストです。それから、服用に際しての注意事項や医師に相談すべきことも把握しておく必要があります。正しい服用方法を守りながらAGAの治療に専念しましょう。
“”AGAの代表的な内服薬として有名なのはプロペシアです。AGA治療薬として深い歴史があるだけではなく、数多くのクリニックで採用されているという特徴を持ちます。それゆえに安全性や効果に対する信頼も厚く、比較的安心して服用できるのが魅力です。生活習慣面や食事面による対策ではなく、本格的なAGAの治療に乗り出そうと考えているのなら、最低限プロペシアについては詳しく知っておいたほうがよいでしょう。一体どんな治療薬なのかを詳しく掘り下げていきます。

#AGAによる脱毛… 薬飲んで治療したい?
AGAによって抜け毛が進行してしまったら、どれだけの人が内服薬で治療をしたいと思うものなのでしょうか。毛髪に関して悩みを抱えている男性を対象に訊いてみました。

【質問】
AGA(男性型脱毛症)で内服薬を飲んで治療したいと思いますか?

【回答数】
思う : 85
思わない : 52

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年07月21日~2017年07月28日
有効回答数:137サンプル

##効果があるなら治療したいと思うもの?

調査したところ、内服薬で治療したいと思うと答えた人のほうが多いという結果になりました。

・内服薬を飲んで効果があるなら、飲んで治療したいと思う。(30代/男性/正社員)
・内服することで内からも効き目がありそうです。(30代/男性/正社員)
・男性型脱毛症が治るならどんなことでもやっておきたいから。(30代/男性/正社員)

AGA対策としての効果があるのなら試したいと思う傾向にあるようです。脱毛症を治すことを重視しているためか、内服薬であることを気にしていないと見受けられる人が目立っていました。内服薬の効き目に期待している意見もあり、効果が高いものという印象が強いのかもしれません。

・内服薬は副作用が怖そうなので。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)
・できることなら薬は使いたくない。(40代/男性/正社員)
・感覚だが飲み薬より塗り薬の方が効果はありそう。(30代/男性/正社員)

内服薬で治療したいと思わないと答えた人の多くは、副作用のリスクを主な理由として挙げています。効果があっても、副作用の症状が出ることは避けたい気持ちのほうが強いようです。中には内服薬よりも外用薬のほうが効果はありそうなイメージを抱いている人もいました。

内服薬の効果について疑っている意見はほとんどなく、AGAが改善できるなら積極的に服用してみたい傾向にあることは明確でした。ただ、反対意見としては副作用のリスクを恐れている人が多いのも確かです。内服薬で治療するかどうかは、副作用の問題についてきちんと理解したうえで検討すべきといえるかもしれません。

#一般的なAGA治療薬!プロペシアとは?
最もポピュラーなAGA治療薬として知られているプロペシアですが、オリジナルのものはアメリカのメルク社が開発しました。公的なAGA治療薬としては最も歴史が古く、医師が処方する AGA治療内服薬としては世界初のものです。日本でプロペシアの製造販売が承認されたのは2005年のことですが、現在では世界60カ国以上の国々で認められています。日本国内の正規品はMSD株式会社が製造販売を行っているプロペシアの錠剤で0.2mgと1.0mgのものがありますが、処方箋として一般的なのは1.0mgのほうです。
プロペシアにはフィナステリドという有効成分がありますが、この成分はノコギリヤシの薬用成分を研究した末に完成した化学合成物質になります。フィナステリドはAGAの症状を進行させるジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉の男性ホルモンの生成を阻害するのが主な役割です。正確にはテストステロンという男性ホルモンをDHTに変換する働きを持つ5αリダクターゼという還元酵素の阻害をしてくれます。髪に栄養を行き渡らせるというよりは、AGAの症状が起こる原因を根本から絶つのが目的です。そうすることで毛髪の成長を促してくれるうえに、細くなってしまった髪にコシを与えられるといわれています。

#どこで買える?プロペシアの購入方法
一般的なプロペシアの購入方法は、クリニックへの通院です。AGAだと診断された場合、必要に応じた量のプロペシアを処方してくれます。他の方法としては個人輸入で取り寄せる手段もありますが、こちらはあまりおすすめしません。クリニックで診察してもらうよりも安く、かつ手早く入手することは可能ですが、その代わり安全性には欠けてしまいます。AGA治療薬を輸入すること自体は違法ではありませんし、服用すること自体も犯罪として問われるわけではないです。ただ、医師の診断を仰がずに服用するということは、万が一の場合があっても他者は責任を負えません。つまり、個人輸入で購入するのなら全て自己責任になることを理解しておく必要があります。深刻な副作用に見舞われる可能性、そして偽物を購入させられる可能性があることを踏まえたうえで比較的きちんとした購入先を選ばなければなりません。
初めてAGA治療をする人はまずクリニックに行くのが無難です。はっきりとわかるくらいに薄毛になってしまっているのならAGAである可能性は高いですが、医師の診断を仰がなければ必ずしもそうだとは言い切れません。安全に個人輸入するための方法もわからないものですし、将来的には購入費用を安く済ませたい場合でも、最初はクリニックへ足を運びましょう。

#プロペシアの服用に注意したい人はいる?
プロペシアを服用するのなら、注意しなければならない点がいくつかあります。まず最低限守らなければならないのが、きちんと用法用量を守ることです。1日の服用量を守るのはもちろん、添付文書に記載されていることは必ず守りましょう。女性や20歳未満の男女は服用できません。妊娠している女性の場合は絶対に避ける必要があります。これらに該当する人は、クリニックであれば通常はまず処方してもらえないので安全ですが、個人輸入の場合は特に気をつけなければなりません。プロペシアは男性が抱えるAGAのための治療薬ですから、まず女性には不向きです。特に、男の子を妊娠していると胎児の生殖器官に異常をきたすおそれがあります。20歳未満に関しても同じく発育面で障害が起こる可能性がありますし、未成年者への安全性は確認されていないので絶対に服用しないようにしましょう。
また、プロペシアは6カ月以上の継続服用が必要だといわれています。6カ月より短い期間で効果が得られたとしても、そこで治療を止めてしまうとAGAの症状は再び進行してしまうので注意してください。どうしても止めたい、あるいは中断したい場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

#まとめ
一般的なAGA治療薬の代表格であるプロペシア。正規品を処方された通りに正しく使用すれば十分な効果を期待できますが、個人輸入の場合はそうとは限りません。輸入するなら自己責任のもとで購入しなければならないので、治療が初めてもしくは慣れていないうちはクリニックで処方してもらうのがベストです。それから、服用に際しての注意事項や医師に相談すべきことも把握しておく必要があります。正しい服用方法を守りながらAGAの治療に専念しましょう。
詳しくは、リアップはAGA対策になる?得られる効果と併用の手段まとめをご参照ください。