リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

AGAの原因って?知っておきたいAGAの基礎知識


一言でAGAの原因と言っても、その内容はさまざま。遺伝や男性ホルモンの影響のほか、飲酒や食べ物など、生活習慣が関係しているとも言われています。「もしかしたらAGAかも」と気になってきたら、それらの原因と自身の状況とを照らし合わせ、自分に合った対応策を考えるのが治療の第一歩です。

今回は女性のAGAにもスポットを当てつつ、原因をひとつずつご紹介します。

AGAになる原因は男性と女性とで違う?

AGAを引き起こす原因として、男性は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の増加、女性は女性ホルモンエストロゲンの減少が挙げられます。DHTは本来、胎児期の外性器発達に関わる重要な男性ホルモンなのですが、成人後に多く生成されると、ニキビや前立腺肥大の原因になったり、髪の成長サイクルを短くし、脱毛を促したりと「悪玉ホルモン」としての働きが目立つようになります。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性にとって肌や髪を美しく保ち、新陳代謝を促す「女性らしさを作るホルモン」。このホルモンが減少すると髪の成長サイクルが崩れ、髪の一本一本が細くなる、髪にコシがなくなり薄毛に見える、といった症状が気になるようになります。

AGAになる原因1:男性ホルモンの増量

DHTと5αリダクターゼ

AGAになる原因のひとつとされるDHT。DHTは私たちの体の中で日々作られている男性ホルモン「テストステロン」に「5αリダクターゼ」という酵素が結びつき生成されます。このDHTが多く生成されると、髪の成長が抑制され長く伸びる前に抜け落ちてしまう、また皮脂を過剰に分泌して頭皮の環境を悪化させるといった悪影響を及ぼします。

DHTがヘアサイクルを乱す

髪は本来、毛を作る細胞である毛母細胞の分裂によって成長し、ある程度の長さまで伸びると自然に抜け落ちる仕組みになっています。しかし、DHTが毛乳頭にある「アンドロゲン受容体」と結びつくと毛母細胞の細胞分裂がうまくいかなくなり、発毛・育毛のサイクルを壊してしまいます。これがAGAにつながってしまうのです。

AGAになる原因2:遺伝の可能性

受容体の数は遺伝で決まる

AGAの原因を考えるとき、やはり気になるのが遺伝。体質的に遺伝の影響があるのかを知ることも、原因を知る上で有効です。DHTと結びつくと髪の成長が抑制されてしまうアンドロゲン受容体は、その数が多い人ほどDHTの影響を受けやすい、つまりAGAになりやすいと言えるのですが、この遺伝子は母親の家系が大きく関係しています。もし母方の祖父が薄毛ならば、アンドロゲン受容体の多い体質を受け継いでいる可能性がある、ということになります。

隔世遺伝と優性遺伝の2通りがある

母親の家系の影響を受ける隔世遺伝のほか、父・母どちらの家系からも受け継ぐ可能性がある優性遺伝での影響もあります。
優性遺伝で体質に関わってくるのは、DHTを作り出す5αリダクターゼ。優性遺伝であるがゆえ受け継ぐ確率が高く、5αリダクターゼを多く持つ人は、AGAになりやすい体質を持っていると言えます。

AGAになる原因3:生活習慣

タンパク質・ビタミン・ミネラルの不足

忙しい毎日を送っていると、まずおろそかになってくるのが食生活。外食やコンビニ食で簡単にすませることが多くなると、栄養バランスが崩れやすくなります。
特に髪にとって必要な栄養素である「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が不足すると、強い髪が作られにくくなり、AGAの促進につながる可能性があるので注意が必要です。

AGAを意識したら過度な飲酒や喫煙にも注意

飲酒はDHTを増加させるため、AGAが進行してしまうと言われています。また、タンパク質を作る重要な栄養素であるアミノ酸をアルコールの分解のために消費してしまうため、髪の栄養不足にも繋がります。
喫煙もまた、タバコの成分によってビタミン・ミネラルが大量に消費されてしまうため、髪の成長に必要な栄養素が少なくなってしまいます。さらにニコチンで頭皮の血流が悪くなり、栄養素がスムーズに行き渡らないという悪循環も引き起こします。

女性がAGAになる原因:女性ホルモンの減少

エストロゲンと髪の関係

エストロゲン(卵胞ホルモン)は、プロゲステロン(黄体ホルモン)と常にバランスを保ちながら女性の体の調子を整える、女性ホルモンのひとつです。このエストロゲンは髪の健康にも関わっていて、エストロゲンが多く分泌されると髪は正常な発毛サイクルをたどり、長くて太さのある状態が保たれます。
しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れてしまうと、髪の成長が不十分となり、AGAの促進につながりやすくなります。

特に更年期時に注意

AGAと同じように、エストロゲンの減少により様々な症状が現れるのが更年期障害です。エストロゲンの分泌量は20代後半でピークを迎え、30代後半から減少に転じます。その後年を重ねるごとにエストロゲンは減っていき、40代~50代の更年期時にやる気が出ない、イライラするといった更年期の症状と共に、抜け毛が増える、薄毛が気になるといったAGAの症状も現れることがあります。

AGA治療を決心したら、まずは原因を知ろう!

AGAの原因を知ることができたら、自分に当てはまるものを見極め、対策案を考えてみましょう。AGAの原因は複数あることも少なくないので、治療薬、生活習慣の見直しなど、いくつか思い当たる改善策を実践してみるのも良い方法です。
原因の中には遺伝など体質的なものもありますが、個人差があり必ずAGAになるとは限りません。AGAについてきちんとした知識を得て、解決への一歩を踏み出しましょう。