リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

AGAは予防できる?生活習慣の見直しや頭皮のケアをしよう!


AGAとは男性型脱毛症のことであり、成人男性の毛髪が薄くなる症状を指します。できれば薄毛になりたくないと思う人は少なくないと思われますが、AGAは予防することができるのでしょうか。AGAはどんなケースで予防することができるのか、また、予防するための方法について解説していきます。

AGAは予防できる?

AGAが予防できるかどうかは、薄毛の症状が起きる原因による違いもあります。AGAの予防は何がカギとなるのでしょうか。

遺伝以外であれば予防できる

AGAの原因となる要素のひとつは遺伝によるものです。男性ホルモンのテストステロンと5α-還元酵素が結びついて、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。そして、DHTがアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合すると、髪をつくる毛母細胞の働きが阻害されます。アンドロゲンレセプターの感受性が高いとDHTと結びつきやすいため、薄毛の症状が引き起こされやすいのですが、感受性の高さは遺伝によるのです。

遺伝によるAGAの予防は難しい面がありますが、遺伝以外の要因であれば薄毛を予防することができるでしょう。

生活習慣がカギ

遺伝以外でAGAになる要因として、食事や睡眠などの生活習慣やストレスが挙げられます。生活習慣の改善はAGA予防のカギとなるのです。

食生活の面では、動物性脂肪の多い食事は頭皮の皮脂の分泌量を増加させるため、毛穴が詰まるなど、頭皮環境を悪化させる恐れがあります。さらに、血行の流れも悪くなるため、毛母細胞に栄養が行き渡らなくなることも懸念されます。油分の多い食事を控えるとともに、髪のもととなるタンパク質をはじめ、亜鉛やビタミンBを摂れるよう栄養バランスのよい食事を心がけることが大切です。

また、睡眠の面では、眠り始めの3時間に質のよい睡眠を確保できると、成長ホルモンの分泌が促され、髪の成長にも影響します。熟睡できるように、寝る直前に食事を摂るのは避けるとともに、脳への刺激が強いテレビやスマホ、パソコンの使用は控えるようにしましょう。

さらに、ストレスを感じた状態は血管の収縮を招くため、血行が悪くなり、栄養が毛髪に行き渡らなくなることがあります。ストレスを溜め込まないためには、休養をとったり、ジョギングやウォーキング、ヨガなどの軽い運動をしたりすると効果的です。

AGA予防のためのシャンプーの仕方

頭皮環境の悪化はAGAの要因となりますので、正しくシャンプーを行い、頭皮環境を整えることが大切になります。

1日1回は洗髪する

シャンプーは1日1回が適切な回数です。頭皮に皮脂が過剰に分泌している状態であっても、1日に何度も洗髪を行うと、洗いすぎによって頭皮の乾燥を招いてしまい、逆効果になってしまいます。ただし、夏場で皮脂が過剰に分泌しているときは1日2回洗っても構いませんので、頭皮の状態に合わせて1日1回は洗髪しましょう。

洗浄力の強すぎるシャンプーは使わない

洗浄力の強すぎるシャンプーは、頭皮への刺激が強いため、頭皮に悪影響を及ぼします。アミノ酸系シャンプーなど、刺激が少ないシャンプーを選ぶと、頭皮にやさしく、皮脂も適度に残ります。薄毛対策用に頭皮ケアのためにつくられたスカルプシャンプーの中にも、刺激が強いシャンプーがありますので注意しましょう。

AGA予防のための頭皮マッサージの仕方

頭皮マッサージを行うと、血行が改善されることで、毛髪に栄養が行き渡りやすくなる効果が期待できます。AGA予防のため頭皮マッサージのやり方はいくつかありますが、簡単に行うのであれば、手の平を耳の上にあてて頭皮を持ち上げるのを4~5回繰り返すだけです。

時間をかけてゆっくりと行う場合は、前頭部と側頭部、頭頂部に分けて行うのがポイントです。頭部は生え際の頭皮を指の腹で引き上げて2~3秒キープするのを10回程度繰り返します。側頭部は、人差し指と中指、薬指の3本の指の腹で、10回程度円を描くようにマッサージし、反対回りに同じように10回程度マッサージすることを3回繰り返します。そして、頭頂部は両手の親指と人差し指、中指、薬指を頭頂部に向かい合わせに置いて、頭皮を中心に引き寄せて5秒キープするのを10回行うものです。

AGA予防のための育毛トニックの使い方

育毛トニックは頭皮を清潔にし、かゆみやフケを防ぐ効果があるとされるものです。化粧品に分類されますが、育毛効果のある有効成分が含まれているものは医薬部外品となっています。AGA予防のための効果を得るためには、育毛トニックはどのような使い方をするとよいのでしょうか。

洗髪後すぐに使用する

育毛トニックを使用するのはは洗髪後すぐのタイミングがベストです。皮脂は育毛トニックの浸透を妨げますが、洗髪後は余分な皮脂が落とされて、育毛トニックの成分が浸透しやすい状態になっています。洗髪後タオルで髪を拭いて、髪が完全に乾いていない状態で使用しましょう。

頭皮マッサージも一緒に行う

育毛トニックをつけるときは、頭皮マッサージも一緒に行います。まず、育毛トニックを頭皮全体になじませて、次に生え際からつむじの方向に向かって、指の腹を使って螺旋状にマッサージをします。最後に指の腹で頭皮全体を軽くたたき、髪を乾かしたら終わりです。

早めにAGA予防をスタートしよう

AGA予防は薄毛が進行してから始めても効果は限定的です。薄毛が気になり始めたときなど、早めの段階でスタートするのが望ましいです。また、これらの対策を行っても効果は人によって異なりますので、薄毛が進行してしまうときや毛髪の状態によっては、本格的に薄毛対策を行うため、発毛剤を使ったり、AGAの専門医に相談したりするようにしましょう。