リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

プロペシアの値段が気になる!他の発毛剤と比べてどうなの?


AGA治療薬として認知されているプロペシアですが、普段怪我や病気の時に利用している一般的な薬に比べると、保険適用外であることもありやや高価に感じられます。プロペシアの適正な値段とはどのくらいで、またどうすれば安く手に入るのでしょうか。あるいは、他の発毛剤と比べて値段や効果にどんな違いがあるのでしょうか。プロペシアの価格相場について解説します。

発毛剤プロペシアはどこで買える?

そもそもプロペシアとは

プロペシアは世界初のAGA治療薬として登場した医薬品です。錠剤タイプになっており、発毛に関する有効成分として「フィナステリド」を含んでいます。もちろん、厚生労働省から認可されており、日本だけでなく世界60カ国以上での使用実績があるのも特徴です。日本では2005年から販売されています。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンが、AGAを作り出すジヒドロテストステロン(DHT)に変換されてしまうことを抑制します。代表的なAGA治療薬の1つである一方、もともと前立腺肥大症の治療に使われていた成分を使用していることもあり、肝機能や生殖器に関する副作用も報告されているところに注意しなければなりません。服用前には必ず医師へ相談しましょう。

プロペシアはどうすれば入手できるの?

プロペシアは日本で認可されている医薬品であるため、医師の処方があれば購入することができます。逆に言えば、ドラッグストアや通販などで気軽に誰でも入手できるわけではありません。

AGAクリニックではよく使われている薬であるため、クリニックのホームページを見ると処方例として載っていることもあります。錠剤そのものを処方する場合もありますが、それぞれのクリニックが独自の配合で他の薬と混ぜ合わせて処方する場合もあるため、プロペシアにこだわる場合は確認しておいた方がよいでしょう。

また、個人輸入で海外から医師の処方を受けないまま入手することも一応は可能です。しかし、プロペシアは世界中で使用されている薬であるため、偽物も多く出回っています。万一トラブルがあっても国から受けられる保障の対象外になってしまうため、できる限り医師の処方を受け入手することをおすすめします。

プロペシアの値段はどれぐらい?他の発毛剤は?

プロペシアの値段

AGA治療は保険の適用外である自由診療にあたるため、プロペシアの価格も処方する医療機関によって差があります。プロペシアの大まかな相場としては、1カ月分の28錠で7,000円を見ておくとよいでしょう。しかし、医療機関によっては倍以上の価格になっている場合もあるため注意が必要です。

特に、プロペシアのようなAGAのための医薬品は即効性がなく、効果を得るためには数カ月以上飲み続けることが大前提です。1カ月分では数百円の差であったとしても、1年、3年と続けていくうちに大きな出費になっていきます。差額を上手に利用すれば、その分で他の発毛剤を購入して併用したり、あるいは植毛手術の分のお金に回したりすることも可能です。そのため、できるだけ最初の段階で安い医療機関を探しておく方がよいでしょう。

プロペシアジェネリックの値段

プロペシアにはジェネリック医薬品も存在します。もちろん、成分的には全く同等のものとされていますが、製造方法が異なるため、オリジナルと本当に同じものというわけではないことには注意が必要です。プロペシアを少しでも安く入手したいという場合は、このようなジェネリック医薬品を利用するのもよいでしょう。

上手く購入できれば、オリジナルのプロペシアに比べて、1割~6割程度の価格でジェネリック医薬品を入手することができます。しかしながら、特に安価なプロペシアのジェネリック医薬品の中には日本で未認可の薬もあります。万が一副作用がでたり、あるいは偽物を掴まされたりして被害を受けることになっても、救済制度の対象外になる可能性がある点には注意しておいた方がよいでしょう。

ミノキシジル製品の値段

AGAの治療薬としては、プロペシアやそのジェネリックのような内服薬の他に、外用薬もあります。外用薬としては、「ミノキシジル」が厚生労働省から発毛に対する有効成分として認可されているため、ミノキシジル配合の外用薬を購入するとよいでしょう。

例えば、ミノキシジルを配合している外用薬で最も日本で古くからあるのが「リアップ」です。ミノキシジルを1%配合、1本60mlあたり約5,940円で入手することができます。また、ミノキシジルを5%配合している「スカルプDメディカルミノキ5」は60mlで約7,800円、同じくミノキシジルを5%配合している「リアップX5プラスローション」は60mlで約7,611円となっています。

その他、「リアップ」にさらに3成分を加えた「リアッププラス」は5,658円ほど、リアップをノズルつきにしてスプレータイプにした「リアップジェット」は約4,104円で販売されています。ミノキシジルの濃度や使い勝手の面でも違いがあるため、使い続けるためにもよく吟味しましょう。(価格はすべて2018年12月時点)

プロペシアやジェネリックの今後の価格動向について

プロペシアは代表的なAGA治療薬の1つであり、高価な薬としても知られています。発売当初の価格は1錠250円が相場でした。しかしながら、その後ジェネリック医薬品が数種類日本で発売されるようになったため、オリジナルのプロペシアの価格は徐々に下降しつつあります。

また、プロペシアだけでなく、プロペシアとはまた違った有効成分を含んだAGA治療薬も登場してきているのもポイントです。さらに、クリニックによって価格が異なることから、クリニック同士で価格競争をした結果下がるケースも考えられるでしょう。

選択肢が広がった分需要も薄くなっているため、大きく価格が下がることはないものの以前よりは入手しやすい価格になっていく可能性があります。

プロペシアの値段は下がりつつあり、入手しやすい

プロペシアはもともとの値段は高いものの、現在では徐々に値段は下がってきています。ジェネリック医薬品も登場しており、扱っているクリニックも多いため、昔に比べれば安価に入手できるはずです。もし、それでも高いと感じる場合は、ミノキシジル配合の外用薬の方が安価に入手できるため、外用薬に切り換えるのも1つの手でしょう。