リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

プロペシアを女性が飲んではいけないのは本当?代替製品はある?


AGA治療薬として販売されているプロペシアですが、実は女性が飲んではいけないという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。実際のところ、プロペシアを女性が飲むとどんな危険があるのでしょうか。また、薄毛で悩んでいる女性はプロペシア以外にどんなものを使ったらよいのでしょうか。プロペシアと女性の関係について解説します。

プロペシアは女性が飲んではいけない?

女性のプロペシア服用は厳禁

プロペシアは医薬品であるため、その用法については厳しく注意点が示されています。特に女性の服用に関しては厳禁とされているため、誤って女性や子供が服用しないよう、管理は慎重に行わなければなりません。

また、プロペシアを服用している男性は、血中成分にプロペシアの成分が入ることから献血も禁止されています。年代や性別を問わず、誰に輸血されるかわからないためです。このように、プロペシアを服用する男性は、単純に女性が飲まないように薬そのものを管理する以外にも注意すべきことがあります。

そして女性もまた、自分の身を守るためにも、プロペシアをなぜ服用してはいけないのか、どういった場面で危険があるのかということを理解しておかなければなりません。

女性がプロペシア服用厳禁の理由とは

女性がプロペシアを服用してはいけないとされる原因は、プロペシアの成分にあります。プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、男性ホルモンが5α還元酵素によって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変わってしまうことを防ぐ効果があるとされています。この効果が男性のAGAに有効であるとして、プロペシアが開発されたのです。

しかし、残念ながら女性の薄毛の場合は男性のAGAとは発症のメカニズムが異なります。そのため、男性向けに作られた医薬品であるプロペシアは女性の薄毛には効果がないと言われているのです。それどころか、男性向けの製品を女性が服用してしまうことによって思わぬ作用を及ぼし、副作用が起きる可能性も否定できません。服用するメリットがなく、デメリットが大きいため、プロペシアの女性の服用は厳禁となっています。

触れるのも禁止されているので注意

プロペシアは経口摂取が基本となっていますが、実は錠剤に触るだけでも女性にとって危険があります。それというのも、プロペシアの成分は、実は皮膚からも吸収されてしまうのです。たまたま出しっぱなしにしておいた薬を移動させようと触ってしまったり、落とした薬を拾う際に触れてしまったりなど、日常生活の不注意で接触することがないよう、服用する男性は十分に注意する必要があります。

また、プロペシアは特に女性の中でも妊婦に対して危険があると言われています。妊婦が摂取してしまうと、胎児が男の子だった場合、その生殖器にまで影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。また、授乳中の場合も、やはり母乳を通して影響が出る場合があります。

プロペシアに限らず、AGA治療薬の中にはこうした女性の服用を禁じている薬が多く存在します。AGA治療薬を使用する場合はくれぐれも取り扱いに注意しましょう。

女性が使えるプロペシアの代替製品は?

女性の薄毛の原因と対策

男性特有のAGAは男性ホルモンの影響で引き起こされることが明らかになっています。一方、女性の薄毛はAGAではなくFAGAと呼ばれますが、このFAGAが引き起こされる具体的なメカニズムは明らかになっていません。しかしながら、一説にはFAGAは女性ホルモンの影響で進行していくと考えられています。妊娠や加齢、あるいはストレスなどにより、ホルモンバランスが崩れると抜け毛などが増え、FAGAが進行する可能性があるため注意が必要です。

また、ホルモンバランスだけでなく、男性と同じように髪の洗いすぎなど頭皮への過剰な刺激をしないようにするのも大切な対策となります。その他、女性でも使える育毛剤や発毛剤が市販されているため、これらの製品を利用してケアしていくのもよいでしょう。

おすすめの女性用育毛剤・発毛剤

女性でも使える、あるいは女性専用の育毛剤や発毛剤は各メーカーからいくつか販売されています。育毛剤の中で、特におすすめなのが「ベルタ育毛剤」や「マイナチュレ」です。どちらも3種の有効成分を配合した無添加の育毛剤で、紫外線やパーマ、ストレスなどからくる刺激で負担がかかってしまった頭皮をケアしてくれます。配合成分はもちろん、粘度があるかどうか、1日1回の使用か2回の使用かなど、使い勝手の面でも差があるためお好みで選ぶとよいでしょう。

また、薄毛が進行してしまっている場合は医薬品である発毛剤もおすすめです。内服薬である「パントガール」や、国から認められた発毛の有効成分ミノキシジルを配合した外用薬「リアップ リジェンヌ」は、女性の薄毛対策に特化した薬となっています。

女性はプロペシアではない別の製品を使う必要がある

プロペシアは男性ホルモンに作用するAGA専用の薬であるため、FAGAと呼ばれる女性の薄毛には効果がありません。また、女性が摂取することで、妊娠中や授乳中に子供に影響が出るなど見過ごせない危険があります。女性が薄毛対策に薬を利用する場合は、プロペシアではなくベルタやマイナチュレなどの女性専用の育毛剤や、リアップ リジェンヌ、パントガールなど同じく女性専用の発毛剤を利用しましょう。