リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

ミノタブとフィンペシアは併用すべきでない理由


AGA治療に悩んでいる人の中には、高い効果やコストパフォーマンスを求めて、ミノタブとフィンペシアを併用しようとする人もいるようです。しかし、実はミノタブとフィンペシアを併用することには大きな危険が伴います。ミノタブとフィンペシアを併用するリスクや、2つの薬を併用する以外の代替案について解説します。

内服薬のミノタブとフィンペシアの併用は危険!

ミノタブとフィンペシアを併用すべきでない理由

ミノタブは「ミノキシジル」を配合した内服型の薬であり、フィンペシアもまた「フィナステリド」を配合した内服型の薬です。ミノキシジルとフィナステリド、どちらも厚生労働省からAGAに対して有効な成分であると認められています。しかし、それはあくまで適切な方法でその成分を使用した場合の話です。実はミノキシジルは本来強い降圧剤であり、内服する方法はAGA診療に関するガイドラインでは「D.行うべきではない」に分類されています。つまり、日本の基準では内服は認められていないのです。

また、フィンペシアも同じく厚生労働省から販売を許可されている薬ではありません。ミノタブとフィンペシアのどちらも日本では認められていない薬であるため、使用してもし重大な副作用が起きたとしても、国から一切の保障を受けることができないのです。

ミノタブの危険性

ミノタブは強い降圧剤

ミノタブに含まれる「ミノキシジル」は、当初アメリカで高血圧に対する治療に使われていた成分です。強い降圧剤としての効果がありましたが、使用していくうちにミノキシジルがAGA治療に対しても役立つことがわかりました。しかし、ミノタブをAGA治療のために内服することで、患者にとって重大な副作用が起きることがわかってきたのです。

そのため、2018年12月時点ではアメリカでもAGA治療に対して、ミノキシジルの内服での使用は認められていません。ミノタブはあくまで降圧剤で血管の拡張作用があるため、健康な人が服用することで血圧が急激に下がってしまうことがあります。特にもともと高血圧の薬を飲んでいる人、あるいは血圧が低い人は、ミノタブを飲むことで血圧が下がりすぎてしまったり、心臓に負担をかけたりする可能性もあるため、十分に注意が必要です。

個人輸入のリスク

ミノタブは日本で認可されていないものの、個人輸入で入手することができます。しかし、実は副作用という面だけでなく、この海外からの輸入にも大きなリスクがあります。一番大きな問題は偽物を掴まされる可能性が高いということです。

この個人輸入で手に入れる薬は、医療機関を通さない以上入手経路の安全性が確保されません。全く成分の異なる薬を「ミノタブ」として販売している可能性もあるのです。本物に比べて微妙に異なるパッケージや色合いをしているなど、紛らわしい製品がいくつも存在しています。

さらに、業者の管理方法によっては、薬が変質してしまう可能性も否めません。その上、個人輸入した薬はたとえ本物であっても国の保障制度の対象外になります。全てが自己責任となるため、トラブルが起きても誰にも助けてもらうことができないのが個人輸入なのです。

フィンペシアとは

フィンペシア成分と効果、入手方法について

フィンペシアは発毛に対する有効成分として「フィナステリド」を配合した薬です。フィナステリドは、男性ホルモンが5α還元酵素によって、AGAの原因となる脱毛ホルモンに変換されることを抑制するため、AGA治療に役立つとされています。しかしながら、このフィンペシアもまた日本で認可されていない以上、入手は個人輸入に頼ることになります。クリニックで処方されることもありますが、それも結局はクリニックが独自のルートで輸入したもので、安全性には疑問が残ります。

フィンペシアは内服型のAGA治療薬としては価格が安価であることもあり人気がありますが、ミノタブと同様に保障制度の対象外です。また肝機能や男性機能の低下などに関する副作用が報告されているため、利用にはくれぐれも注意しなければなりません。

ミノキシジルは内服薬ではなく、外用薬を使おう

メディカルミノキ5

ミノキシジルの内服は危険である一方、実は外用薬としての利用は、うって変わって日本では推奨されています。AGA診療ガイドラインでも、ミノキシジルの外用は「A.行うよう強く勧める」に分類されているほどです。そこで、ミノタブやフィンペシアの使用よりも、ミノキシジルを配合した外用医薬品の使用をおすすめします。

代表的な製品のひとつが「メディカルミノキ5」です。AGAの治療にあたり、ミノキシジルの適切な配合量は男性で5%と言われていますが、メディカルミノキ5には5%のミノキシジルがしっかりと配合されています。価格は60mlで7,800円です(2018年12時点)。なお、公式サイトを経由して複数本購入することでまとめ買い割引が適用されるため、1本あたりの価格を安くすることができます。

リアップ

リアップは、日本初のミノキシジルを配合した発毛剤です。最初からある外用薬だけあり、ミノキシジルの配合量は1%となっていますが、その分他のミノキシジル配合製品よりもやや安価になっています。発毛剤は継続して使用していくことで効果が現れるものであるため、コストパフォーマンスを求めるならリアップの利用はおすすめです。

また、リアップの改良版として「リアッププラス」やスプレータイプの「リアップジェット」、「リアップX5プラス」なども販売されています。ミノキシジル配合の製品としては長らく販売されてきた実績もあるため、発毛剤に迷っているのであればまずはリアップを試してみるとよいでしょう。リアップの価格は60mlで5,940円(2018年12時点)となっています。

ミノタブとフィンペシアの併用よりも、外用薬が便利

ミノタブとフィンペシアの併用をすることで、副作用や保障の問題など様々なリスクが発生します。また、ミノタブに至っては降圧剤であることから、使うタイミングや個人の体調によって思わぬ危険があることもあります。ミノキシジルはミノタブとして内服するのではなく、国から推奨されている使用方法の通りに、外用薬として使用した方が安全です。