リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

ミノタブはM字ハゲに効く?ミノタブを飲むべきでない本当の理由


AGAなど、M字ハゲに悩む人たちの間でよく話題になるのがミノキシジルタブレット、通称ミノタブです。しかし、このミノタブははたして本当にM字ハゲに効くのでしょうか。実は、ミノタブをM字ハゲの治療のために飲むことには大きな落とし穴があります。後悔しないために、ミノタブのリスクについて知っておきましょう。

ミノタブはM字ハゲに効くって本当?

特にインターネットの口コミなどで、ミノタブがM字ハゲに効果があると書いてあることがあります。しかし、実際のところ、ミノタブが発毛剤としてM字ハゲに効くかどうかについて、医学的な根拠は全くありません。内服タイプの発毛剤としては日本では一切認められておらず、AGA診療のガイドラインにおいても、ミノタブの内服はするべきではないと言われているのです。

AGA治療薬は基本的に飲み続けることで効果を発揮します。ミノタブが効果的だと言っている人もまた、ミノタブを一定期間飲み続けているのかもしれません。しかし、ミノタブを飲み続けることにも、実は大きなリスクがあります。口コミ等に騙されず、安易な使用を控えることが、自分の身を守ることに繋がるでしょう。

ミノタブの危険性について

ミノタブは強い降圧剤であり、副作用や飲み合わせに指定がある

ミノタブは強い血管拡張作用を持った降圧剤として開発されました。もともと、ミノタブの主成分であるミノキシジルは高血圧の人に対する薬として海外で使用されていました。その過程で、副作用として全身のあちこちから毛が生えてくる多毛症などが見られたため、M字ハゲにも効果があるのではないかという憶測が広まったのです。

しかし、M字ハゲに悩む人にとって、毛が生えてほしいのはあくまで頭です。もともと毛があまり生えていないところに毛が生えてくるなどの副作用があるのはもちろん、本来の降圧剤としての作用も懸念されるため、使用はするべきではありません。

また、健康な人はもちろん、高血圧で薬を飲んでいる人や低血圧の人がM字ハゲを治そうとミノタブを飲んだ場合、血圧が下がりすぎて重篤な状態を引き起こす可能性があります。死亡例もあるためくれぐれも注意しましょう。

個人輸入のリスクについて

ミノタブは日本で認可されていない薬です。そのため、入手手段としては海外から医師の処方を通さず、ネットの代行業者などを利用して輸入することになるでしょう。しかし、この個人輸入にも大きなリスクがあります。個人輸入では業者の安全性が確かめられません。

個人輸入で確実に本物を手に入れられる保証は一切ありません。もし偽物を入手してしまい、知らずに飲んで体調を崩したとしても、個人輸入で医師の処方を受けていない以上、完全に自己責任です。個人で全てを負うにはリスクが高すぎるため、ミノタブの入手や個人輸入は控えた方がよいでしょう。

M字ハゲに効果があるミノキシジルってあるの?

ミノキシジルを使った外用薬は発毛剤として認められている

ミノタブが危険であることはわかったものの、それでもミノキシジルの効果を諦めきれない、という人もいるでしょう。実は、ミノタブの主成分であるミノキシジルそのものは、日本においては外用薬としてであれば、発毛に有効成分として厚生労働省から認められています。それどころか、 内服薬のミノタブとは逆に診療ガイドラインにおいて、使用が推奨されている事実もあるほどです。

ミノキシジルの外用で特に報告されている副作用は、血管拡張作用があることから頭痛や動悸、頭皮のかゆみやむくみなどです。しかし、外用であれば内服よりも副作用が抑えられると言われています。ミノキシジルを配合した医薬品である発毛剤が各社から発売しているため、M字ハゲの対策にミノキシジルを活用したいのであれば、外用薬を利用するとよいでしょう。

ミノキシジル外用薬の期待できる効果

では、なぜ降圧剤として海外で利用されているミノキシジルが、発毛に効果的と言われているのでしょうか。実は、ミノキシジルの持つ血管拡張作用が発毛に影響しているのです。髪が生えて、成長していくためには栄養が必要です。血管が細いと、血管と繋がる毛根に十分に栄養が行き渡りません。そこで、血管を拡張して毛根に、血液から栄養をたっぷりと送ることで、髪が途中で抜けず成長するだけの栄養を渡すことができると考えられています。

ただし、ヘアサイクルが一周するまでには2~6年もかかるため、ミノキシジルの効果もまた、すぐに実感できるものではありません。変化を感じるまでには最低半年~1年以上ミノキシジル配合の外用薬を使い続ける必要があると思っておくべきでしょう。

主なミノキシジル外用薬

ミノキシジルを配合した有名な外用薬を、いくつかご紹介しましょう。まず、1つ目は「メディカルミノキ5」です。「5」はミノキシジルの配合割合を表しており、メディカルミノキ5ではAGAの診療ガイドラインに書かれているものと同じ、5%のミノキシジルが配合されています。価格は1カ月分60mlで7,800円(2018年12月時点)とやや高めになっていますが、5%の配合量は魅力的です。

一方、日本で初めて販売された発毛剤として有名なのが「リアップ」です。1999年から販売されている長い歴史を持つだけあり、「リアップ」はシリーズ化して様々な製品が登場しています。元祖の「リアップ」は60mlで5,940円(2018年12月時点)と安価なのが魅力です。また、メディカルミノキ5と同じく、5%のミノキシジルを配合した「リアップX5プラス」もあります。価格、使い勝手、効果などの面から、自分に合ったものを選びましょう。

M字ハゲにミノタブを利用すると重大なリスクがある

ミノタブは降圧剤であるため、使用すると血圧が下がりすぎて心疾患などを引き起こすリスクがあります。安易な使用を避け、ミノキシジルを活用したい場合は、ミノキシジル配合の外用薬を利用しましょう。外用薬であれば、日本では使用を推奨されており、昔から販売されている製品もあります。自分に合った外用薬を選んで、安全な治療をしていきましょう。