リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018年5月2日

安いけど効果はある?おススメの安い育毛剤3選


育毛剤はそれほど安いものではありませんね。それも継続して使わなければならないので、費用もかかります。そうはいっても安すぎる育毛剤では効果が出ないのでは?と不安になるものです。さまざまな育毛剤が出ていますが、中には安くて効果も期待できる育毛剤があります。そんなうれしい低価格育毛剤を紹介しましょう。

安い育毛剤と高い育毛剤の違い

育毛剤は通常安いものはあまりなく、高価なものが多いです。有効成分やブランドなどで価格が異なるのです。
高いものほど効果は期待できるのでしょうか?育毛剤の価格の違いについて知っておきましょう。

安い育毛剤と高い育毛剤 配合されている成分の違い

育毛剤には育毛や発毛、血行促進、栄養成分、男性ホルモン抑制成分、皮脂を抑える成分などさまざまな成分が配合されています。
価格が高いものには、高い育毛・発毛効果が期待できる成分が配合されているものです。
さらに、頭皮環境を整える成分など、多数の成分が配合されています。
安いものには、有効成分の数が少なかったり、配分量が少なかったりすることがあります。

安い育毛剤と高い育毛剤 種類による違い

育毛剤には、厚生労働省が認める医薬品、化粧品と医薬品の中間にある医薬部外品、化粧品といった種類があります。
それぞれ、どれが高いという明確な基準はありませんが、比較的化粧品は価格に幅があります。

安い育毛剤と高い育毛剤は開発費用が違う

開発までにかかる研究費や人件費などがかかっている場合は、価格も高くなります。

このような点から見ると、やはり安いものより高い育毛剤を選んだ方がいいと思いますよね。
しかし、高いと継続して使い続けることが困難になってしまいます。
安くても有効成分がきちんと配合され、育毛効果が期待できる育毛剤があるのです。

安い育毛剤おススメ3選

安い育毛剤にはどのようなものがあるでしょうか?
特徴を踏まえて紹介しましょう。

安い育毛剤 チャップアップ

チャップアップは1万円以内で購入できる育毛剤です。
満足できなければ全額返金という、永久返金保証書もついています。

血行促進作用のあるセンブリエキス、頭皮を清潔に保つグリチルリチン酸ジカリウム、頭皮環境を整えるジフェンヒドラミンHCIをはじめ、55種類の天然成分、15種類のアミノ酸を配合しています。

香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコンを含まない安心な育毛剤です。

安い育毛剤 薬用ポリピュア

7,000円以内で購入できる比較的安い育毛剤です。
バイオポリリン酸という成分を配合し、保湿効果を高めてくれます。
頭皮環境が悪と乾燥しがちです。
頭皮の乾燥は薄毛や抜け毛の原因になりますので、しっかり保湿をしたいものです。
乾燥しがちな頭皮におススメなのが、薬用ポリピュアです。

モンドセレクション金賞も続けて受賞しているという人気の育毛剤なので、一度使ってみるといいでしょう。

安い育毛剤 薬用加美乃素 ミネラルヘア育毛剤

3,000円台で購入できる比較的安い育毛剤です。
ヘアケア製品を作り続けている老舗の商品なので、低価格でも信頼できると言えるでしょう。
髪の成長に不可欠な亜鉛に着目し、浸透しやすい処方で作られた育毛剤です。

安い育毛剤を選ぶ際の注意点

育毛剤に限ったことではありませんが、価格だけで選ぶのは危険です。
安いものでもいい商品はありますが、それを見極めることも大切です。
安い育毛剤を選ぶ際には次のような点に注意しましょう。

安い育毛剤を選ぶ際 有効成分が配合されているか確認する

育毛のための有効成分が配合されていた方が、育毛効果は得られるでしょう。
どのような成分が配合されているかをチェックすることを忘れないようにしましょう。

安い育毛剤を選ぶ際 輸入品には注意

輸入品には低価格で購入できるものも多いです。
しかし、有名な育毛成分の名前が書いてあっても、品質が低い場合もあります。
不純物が混じっていることもあり、副作用も心配です。
輸入品を購入する際には、価格に惑わされずに信頼できるサイトで購入しましょう。

安い育毛剤を選ぶ際 自分の薄毛の症状に合っているものを選ぶ

大事なのは、原因を改善してくれる育毛剤を選ぶことです。
配合されている成分は育毛剤によって異なりますので、安いから、という理由だけで購入しても自分の症状や原因に適していなければ効果が期待できません。
それは価格以前の問題ですね。
自分の症状が原因に適したものを選びましょう。

育毛剤は安いものを選ぶことも重要

育毛効果を得るためには、短くても4ヵ月、一般的には6ヵ月程度、継続して育毛剤を使い続けることが必要です。
使い続けるためには、あまり高額なものだと購入できなくなることがありますが、それでは使い始めた意味がありません。
育毛剤は先を見越して、使い続けられる範囲のものを選ぶといいでしょう。

育毛剤は高いから効果がある、安いから効果が出ない、というものでもありません。
原因や症状に合っていることは必須ですが、さらに相性というものもあります。
安ければ、相性が合わない場合すぐに変更できますね。最初は安い育毛剤を選んでってみるのもおススメです。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤