リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018年5月8日

育毛剤と発毛剤はここが違う!あなたの薄毛に最適なのはどっち?


育毛剤と発毛剤は同じもの、と思っている人も多いのではないでしょうか?それは誤解です。育毛剤と発毛剤は似ているようですが異なるものです。自分に適した方を使わないと効果が得られません。2つの違いを理解して、自分に適したヘアケアをしましょう。育毛剤と発毛剤の違いについて解説します。

育毛剤と発毛剤の効果の違い

育毛剤と発毛剤は、そもそも期待される効果が違います。
それぞれどのような効果があるのか、説明しましょう。

髪の成長効果が期待できる育毛剤

育毛剤は現在ある髪の毛の成長を促すものです。
脱毛を予防し、今の毛を守るのが育毛剤です。

具体的には、毛母細胞や毛根細胞に作用し、新陳代謝を活性化する、頭皮の血行をよくして栄養をしっかり行き届くようにする、保湿成分を配合し頭皮の乾燥を防ぐ、雑菌や炎症を抑えて、頭皮環境をよくする、といった働きによって育毛をサポートします。

特に女性用の育毛剤は低刺激なものが多く、作用もおだやかなものが多いです。
育毛剤には医薬品に指定されているものもありますが、医薬部外品に指定されているものも多くあります。

発毛効果のある発毛剤

すでに生えている毛に対して働きかける育毛剤に対して、新しく髪を発毛させるのが発毛剤です。
毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を促す成分を配合し、積極的に発毛を促します。
また、血流をよくして、細胞に必要な栄養素をしっかりと行き渡らせる成分を配合しています。

発毛剤は医薬品として指定されているものが多く、医師から処方される医療用医薬品のほか、薬剤師がいる薬局で購入できる第一類、第二類、第三類医薬品があります。

発毛剤は育毛剤より副作用がある?

医薬品として指定されているものが多い発毛剤は、高い効果も期待できますが、育毛剤よりも作用が強いものが多いです。
その分、副作用には注意が必要です。

副作用に注意したい発毛剤

多くの発毛剤に配合されているミノキシジルは、内服薬の場合、血圧疾患がある人には注意が必要と言われています。ただし、内服薬は日本では国から許可がおりていないため、海外から輸入する必要があります。

さらに、むくみや動悸、多毛症などの副作用のリスクもあると言われていますので、使用の際には医師や薬剤師からの注意をしっかり守り、使うことが必要です。

作用はおだやかだが副作用のリスクは少ない育毛剤

一方、育毛剤は作用がおだやかなものが多く、副作用は全くないとは言えませんが、多くはないものが多いです。
もちろん、育毛剤でも肌質や体調次第では、かゆみやかぶれ、発疹などの副作用は考えられますので、使用量や使用方法は正しく守ることが大事です。

ミノキシジル配合の発毛剤は薬剤師の説明が必要

医薬品として販売されていることが多い発毛剤は、購入する際に薬剤師からの説明が必要になります。
育毛剤は、医薬部外品や化粧品として販売されているケースも多く、ドラッグストアや薬局などで手軽に購入可能です。

育毛剤と発毛剤に適した症状

作用の違う育毛剤と発毛剤は、どういった症状に適しているのでしょうか?
自分の症状と照らし合わせ、適した方を選びましょう。

発毛剤ではなく育毛剤がおすすめの人

薄毛の進行が始まったばかりで、今も髪の毛はある状態であれば、育毛剤を使用した方がいいでしょう。
また、育毛のサインが出ている人は育毛剤を使用した方がいいかもしれません。
育毛のサインには、

・フケが多い
・頭皮が硬い
・頭皮が赤い
・抜け毛が増えた
・短い毛が抜ける
・抜けた毛の毛根が黒い
・頭皮がベタつく

といったものがあります。
これらの症状が出始めたら、頭皮の血行が悪くなっている、頭皮環境が悪化しているということです。
早めにケアをした方がいいでしょう。

育毛剤ではなく発毛剤がおすすめの人

薄毛がかなり進行していて、抜けてしまった毛穴から毛が生えてこなくなってしまった人は、発毛剤で発毛をしましょう。
頭皮環境が悪く、毛が生えてこなくなっている人も発毛剤が有効とされています。

・食生活が乱れている生活が長い
・常に睡眠不足である
・喫煙者である
・ストレスが蓄積されている状態が長い

などといった生活習慣がある人は、頭皮環境が悪化している可能性が高いです。
毛が生えてこなくなってしまった要因も、生活環境にあると言えるでしょう。
発毛剤を使用するとともに、生活習慣を改めることも必要です。

自分の頭皮の状態を把握して育毛剤と発毛剤を選ぶ

薄毛が進行してしまっているのに、育毛剤を使用しても効果がない、というケースもあります。
育毛剤で十分なのに発毛剤を使用して、頭皮に負担をかけてしまう可能性も否めません。
大事なのは、自分の頭皮の状態を把握し、適切な方を選ぶことです。

育毛剤と発毛剤の効果を把握し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
さらに、育毛剤や発毛剤だけに頼るのではなく、生活習慣を見直すことも必要です。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤