リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

薄毛に悩むのはあなただけじゃない!育毛剤を女性が使うべき理由


薄毛は主に男性の悩みであって女性にはあまり関係ないと思っていませんか?実は女性も更年期や産後に薄毛で悩まされる人がいます。若いうちから薄毛に悩む女性が出てきているのは、ストレス過多や栄養不足といった生活事情も関係しています。

若々しい頭髪を保つためには女性特有の薄毛の原因を知っておき、あらかじめ育毛剤などで対策を施しておくことが必要です。男性にはない女性特有の薄毛の症状と共にその原因をお伝えします。

閉経を迎える女性に訪れる薄毛の試練は育毛剤で対策を

40代になると女性は更年期を迎え、身体の調子の悪さと共に薄毛が気になってくる女性がいます。閉経すると、髪を発達させ成長期を持続させるエストロゲンというホルモンが分泌されなくなるからです。更年期は一般的には閉経を迎えやすい45~55歳ぐらいになり、エストロゲンの分泌もこの時期に減っていきますが、なかには35歳ぐらいからエストロゲンが減少してしまう人もいます。

完全にハゲてしまうのではなく、髪が細くなったり地肌が見えるようになったりする薄毛なので、なかには気付かないうちに進行しているという人もいることでしょう。更年期でなる薄毛は女性特有の脱毛であり、ホルモン療法やストレス解消といった更年期対策と共に、頭皮の血行をよくしておくことで対策を打っておく必要があります。

女性にとって閉経は避けられない現象ですので、これに伴う薄毛も何の対策もしていない場合は免れることができません。もちろん、遺伝や生活により個人差はありますが更年期に髪を減らしたくなければ育毛剤で対策をしておくようにしましょう。

育毛剤は出産をする女性の味方

出産をする女性に知っておいてほしいのが産後に起きる抜け毛です。若いかどうかにかかわらず、たとえ20代の人でも産後脱毛は起きてしまいます。女性特有のこの脱毛症状は更年期と同じく女性ホルモンが大きく関係しています。

妊娠中は女性ホルモンの分泌が不安定となりがちです。妊娠後期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が増え、本来抜け落ちるはずの毛髪のサイクルを狂わせることにより抜け毛が減少します。しかし、産後は妊娠中に増えていた女性ホルモンが正常に戻り、抜け落ちないでいた毛が一気に抜け落ちてしまいます。これが産後脱毛の正体です。

この産後脱毛は本来自然に回復する場合がほとんどなので、あまり気にしないほうがストレスにならず円形脱毛症などよけいなトラブルを引き起こさずに済みます。しかし、高齢出産の場合は事情が異なり、そのまま回復せず薄毛になってしまうケースも否定できません。そのため年齢が高めで出産する人は特に育毛剤でしっかりと対策することをおすすめします。また、一時期でも薄毛に耐えられない、女性として自信をなくしストレスになるという人も同じように対策しておいたほうがいいでしょう。

毎日のケアや髪形でも薄毛になりやすい女性にこそ育毛剤が活躍する

女性は普段の髪形や生活習慣でも薄毛になりやすいです。例えばポニーテールなど髪をくくる習慣がある人は、「牽引性脱毛症」になる可能性があります。少し髪を縛っているだけでは毛が抜けるということはありませんが、ずっと引っ張り続けているとだんだん毛根組織に影響していき、髪を皮膚につなぎとめる力がなくなることにより毛が抜け落ちてしまいます。

シャンプーやリンス、トリートメントで丁寧に洗髪している女性も要注意です。実はこれが原因で頭皮にトラブルを起こすこともあります。自分に合わないシャンプーを毎日使っていると、それだけで脱毛の原因になるということです。

女性なら毎日丁寧に髪を洗い衛生面に気を使い、髪もアップにしてオシャレにするなど気を使いたいところですが、それが原因で薄毛を引き起こしてしまうことがあるということです。女性にとってオシャレを楽しむことは生活の一部です。オシャレを長く続けるためにも育毛剤で髪や頭皮をいたわってあげましょう。

若くても髪に負担をかけている女性は育毛剤が必要

女性はカラーリングやパーマをかけるなど、若いときから髪や頭皮に負担をかけがちです。カラーリングやパーマをしていない人でも、スタイリング剤は使うという人はいるのではないでしょうか。スタイリング剤を使用するということはそれを落とすための洗髪でも髪に負担をかけることになります。

薄毛と言えば男性の悩みというイメージが強いかもしれませんが、こうしたヘアスタイル事情により女性も薄毛対策をする必要が出てきました。さらにストレスを抱えやすく食生活も栄養が足りない状態だと薄毛は進行しがちです。薄毛に悩んでいる女性が増えてきたためか、女性用に作られた育毛剤が販売されるようになっています。女性でも薄毛が気になり始めたら早めに育毛剤で対策をすることが必要です。

男性脱毛症は前頭部や頭頂部が薄くなるタイプが多いですが、女性は髪の毛全体が薄くなる「びまん性脱毛症」を発症しやすいです。男性ホルモンが原因で起きる脱毛ですが、加齢やストレス、睡眠不足などで女性ホルモンが減少するとなってしまいます。全体が薄くなるとごまかしがきかず最終的には頭全体をウィッグで隠さなければなるので、手遅れになる前に育毛剤で手を打っておきましょう。

女性特有の薄毛に備えて育毛剤などで対策を

男性は遺伝やもともとのホルモンの影響で薄毛になりますが、女性は更年期や産後、ヘアスタイルなどで薄毛になりがちです。髪に栄養を届けるためにも自分なりのストレスの解消法を見つけ、バランスのいい食事を摂るようにしましょう。

薄毛になる前に育毛剤などで対策を打ち備えておくことで、薄毛の進行を少しでも食い止められるようになります。単なる髪のケアだけではなく、早いうちから育毛の視点で毎日のヘアケアを実施してみてください。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤