リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

育毛剤を使っていてもハゲるって本当?


抜け毛や薄毛が気になって、なんとか改善できないかと、育毛剤を使い始めたら、逆に抜け毛や薄毛がひどくなってしまったという声があります。そのようなことがあっては、せっかく育毛剤を使っているのに、割りに合いませんよね。
育毛剤を使っていてもハゲるのには、いくつか原因が考えられます。その原因をこの記事で、ご紹介していきましょう。

育毛剤でハゲるのは壮年性脱毛症が進んでいるので、発毛剤で対策を

育毛剤のほとんどは、頭皮の環境を整えるものです。頭皮を清潔にしたり、頭皮を柔らかくしたりなど、さまざまな効果の期待できる育毛剤が販売されていますが、どれも、抜け毛や薄毛の進行を止めて、髪の毛の健康を保つことを目的としている商品です。

したがって、男性ホルモンの影響による壮年性脱毛症には効果が期待できません。育毛剤を使っているのに、逆に抜け毛や薄毛が進行し、ハゲるのは、単純に壮年性脱毛症が進行していることが原因の場合があるでしょう。

国内で唯一、壮年性脱毛症に効果の確認されているのは、発毛剤のリアップシリーズのみです。リアップには、壮年性脱毛症による抜け毛や薄毛に効果の確認できる有効成分ミノキシジルが配合されています。

育毛剤では効果が期待できない薄毛は、発毛剤での対策を考えましょう。

育毛剤でハゲるのは初期脱毛が起こっているから

育毛剤を使用後、抜け毛や薄毛に対してよい影響が出てくるのは、ヘアサイクルが正常に戻っていることに理由があります。ヘアサイクルとは、1ヶ所の毛包から毛が生えてきて、育っていく成長期や退行期を経て、毛包が眠ってしまう休止期に至るまでのサイクルのことで、1周すると、再び同じ毛包から毛が生えてきます。

抜け毛や薄毛が目立つ状態では、なんらかの原因によってヘアサイクルに変化が生じて、短くなっている可能性があります。育毛剤によってそれが正常に戻ると、抜け毛や薄毛の進行が止まるのです。

そして、ヘアサイクルが正常に戻る過程で、退行期に入り弱っている髪の毛が、抜けてしまい、新しい丈夫な毛が生えようとしてくることがあります。これが、初期脱毛です。実感としては、抜け毛や薄毛が進行していると感じてしまう人も多いようですが、この初期脱毛の段階で、育毛剤の使用をやめてしまうと、せっかくのよい効果を得ることができなくなります。

育毛剤は、最低でも3カ月は使わないと本当の効果は分からないので、せめて3カ月は使ってみることをおすすめします。また、育毛剤の使用でハゲる初期脱毛かどうかを確認するには、頭皮の状態をチェックしてみることも有効です。頭皮に湿疹や赤み、かゆみやかぶれなどが出ていたら、初期脱毛ではない可能性もあります。

育毛剤でハゲるのは頭皮に合わないものを使っているから

育毛剤のほとんどは、頭皮の環境を整えるものです。清潔な頭皮や厚みのある健康的な頭皮からは、丈夫な毛が生えてくると考えられるからです。育毛剤を使ってみても、自分の肌に合わないことがあります。

この場合は、頭皮に発疹や赤みが出たり、かゆみやかぶれなどが起こったりします。乾燥してフケが多くなったり、吹き出物などが出たりすることもあります。このような症状が出たら、その育毛剤は、頭皮に合わないという可能性が高いといえるでしょう。

そのままその育毛剤を使い続けたら、頭皮の環境はますます悪くなり、抜け毛や薄毛が進行してハゲることも考えられます。

もしも、育毛剤を使用して、頭皮に上述したような症状が出た場合は、すぐに使用を中止して、皮膚科専門医などの医療機関に相談することをおすすめします。

育毛剤の使用でハゲるときは日常生活にも気をつけると効果的

抜け毛や薄毛の原因には、男性ホルモンの影響による壮年性脱毛症のほかに、ストレスや日常生活の乱れなども考えられます。育毛剤を使うときには、日常生活の見直しも同時に行うと、よりよい影響が得られるでしょう。

・バランスのよい食生活を心がける

頭皮の環境をよくするためには、脂っこいものや刺激の強い食品を多く食べていては効果が得られません。汗をかいたときに毛穴が詰まってしまいやすくなるからです。ただ、脂っこいものや刺激の強いものを徹底的に避けて菜食を続けたりなどしたら、バランスが崩れてしまいます。バランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。

また、髪の毛はタンパク質でできているので、タンパク質を作るためのアミノ酸を豊富に含む肉や魚、大豆製品などをとるとよいでしょう。

・健康的な生活習慣を心がける

生活習慣もハゲる原因となることがあります。例えば、人はストレスがたまると、毛細血管が委縮してしまいます。これにより血行が悪くなると、毛母細胞に栄養が行き届かなくなり、脱毛が起きることがあります。

また、夜中の22時から2時までは、成長のためのゴールデンタイムといわれ、成長期の子どもなどは特にしっかりと眠っていることが大切ですが、ゴールデンタイムは、髪の成長にも当てはまります。その時間帯を含めてしっかりと眠ることで、ストレスも解消され、健康的な髪を維持しやすくなります。

・適切な洗髪を心がける

日常生活の中で、最も抜け毛が見られるのは、洗髪のときです。抜け毛や薄毛の症状が気になっていると、洗髪時に髪が抜けるのが怖くて、そっと洗いすぎることがあります。でも、それだと、皮脂や汚れが頭皮に付着したままになって、毛穴が詰まってしまうので、育毛剤を使っても、有効成分が毛包に浸透しなくなってしまいます。

育毛剤を使っているときには、洗髪も適切に行い、指の腹で優しく指圧するようにしっかりと皮脂や汚れを落としていきましょう。また、市販の洗浄力の強いシャンプーだと、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうので、髪の毛に優しいアミノ酸系の育毛シャンプーなどを使うと、育毛剤の効果をより得ることができるでしょう。

育毛剤でハゲる原因にはよいものと悪いものがある

育毛剤を使っていて、さらにハゲる原因には、いくつかのものがありますが、ヘアサイクルが正常に戻っている兆しの初期脱毛というよい原因がある一方で、壮年性脱毛症の進行や頭皮に合わないなどの悪い原因もあります。

脱毛の原因をよく見極めて、使っている育毛剤を継続するのか、使用を中止するのかを判断してください。判断できない場合は、皮膚科専門医や壮年性脱毛症専門の医療機関などに相談してみることをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤