リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018/08/31
更新日:2019/03/06

プロペシアの副作用ってどうなるの?

プロペシア_副作用

「リアップジェット」はミノキシジルが有効成分として含まれる「リアップ」シリーズの中でも、ジェット式エアゾールとして他のリアップとは一線を画した爽快感を味わいながらもミノキシジルによる発毛効果が得られる商品です。

そのリアップジェットの購入方法として、薬剤師がいるドラッグストアや小売店で買う方法と、通販で買う方法の2種類があります。しかしそれぞれにメリット・デメリットがあり、通販で買える場所もひとつではありません。今回はリアップジェットを通販で購入できるショップはどこがあるのか、通販で買う場合とドラッグストアや小売店で買う場合のメリット・デメリットをご紹介します。

AGA治療の代表、プロペシアとは

プロペシアは、男性ホルモンによって薄毛や脱毛が進行するAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。AGA治療の薬として広く知られ、世界60カ国以上で認証されています。

クリニックでも処方されることのあるAGA治療薬です。

そんな世界でも使われるプロペシアの主な成分が、ノコギリヤシという植物からできた合成成分のフィナステリド。

AGA治療において、このフィナステリドが重要なカギとなっています。

関連記事:プロペシアってなに?効果はあるの?

プロペシアの効果

プロペシアで効果が期待できるのは、AGAによる薄毛や脱毛です。

理由はAGAの進行を阻害するような成分構成になっているためです。

AGAが原因でない薄毛や脱毛に関しては、思うように改善が期待できない可能性があります。

プロペシアの効果が期待できるのはAGA

AGAは、男性型脱毛症のことだと紹介しました。

しかし、実際にAGAかどうかは自分ではなかなか判断しづらいものです。

どういった薄毛や脱毛の場合、AGAの可能性があるのでしょうか。

まず、確認したいのが脱毛箇所です。

AGAでよくみられるのが、前髪の生え際付近、あるいは頭頂部付近の薄毛です。

頭部前面から頭頂にかけての薄毛や髪の毛の後退はAGAの可能性があります。

合わせて、脂っぽい汗のような皮脂の分泌が多い場合、髪が大量に抜ける場合はAGAの可能性があるでしょう。

仮に薄毛や脱毛の原因がAGAである場合、プロペシアで改善できる可能性があります。

プロペシアとAGAの関係

プロペシアはAGAの治療薬といいましたが、AGAの治療に効果が期待できるのは、フィナステリドという成分が含まれていることが理由です。

AGAに密接に関係している男性ホルモンに、ジヒドロテストステロンというものがあります。

これは、男性ホルモンのテストステロンに5α還元酵素が作用して変化したもの。フィナステリドは、2つが影響しあわないよう、5α還元酵素を阻害するため、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きが期待できます。

結果、ジヒドロテストステロンによる髪の成長を妨げる信号が送られず、AGAによる薄毛や脱毛の改善が期待できるのです。

関連記事:プロペシアってなに?効果はあるの?

プロペシアに副作用はあるのか

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として、多くのクリニックで使用されています。

男性型脱毛症とは、髪の毛が細く柔らかくなり、薄毛や抜け毛が増えてしまう症状です。これは、髪のヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短くなるのに対し、休止期が長くなる髪が増えてしまうことが、原因として考えられています。

特に、生え際から頭頂部にかけて、薄毛になってしまうのが特徴です。

放置しておくと、薄毛だけではなく、髪の毛が生えてこなくなってしまうことも多いと言われています。

また、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、毛母細胞の分裂を邪魔してしまうことも男性型脱毛症の原因として挙げられます。

プロペシアには、ジヒドロテストステロンが作られるのを抑える働きがあり、男性型脱毛症の原因を取り除くことで、ヘアサイクルが正常になり、成長期が安定し、薄毛が改善されるのです。

プロペシアは毎日服用することで、目安としては6ヵ月で効果が現れることが多いと言われています。

プロペシアは、クリニックによって処方されている治療薬なので、基本的には安心して服用できる発毛剤です。

ただしプロペシアにも副作用があると言われています。

主に引き起こされる副作用としては、頭痛、腹痛、下痢、眠気、胃部不快感、頻尿などの症状が挙げられます。

プロペシアの副作用に男性機能の低下もあるの?

また副作用のひとつに、男性にとって心配な男性機能の低下があります。

プロペシアに含有されているフィナステリドという成分が原因でプロペシアの使用では、射精障害や勃起不全、精液量の減少などといった副作用が懸念されます。

男性にとって男性機能の低下は非常に心配ですよね。

しかし、プロペシアの服用によって男性機能が低下したという事例は、ごく稀なものであり、ほとんどの人はプロペシアを服用して男性機能が低下していないと言われています。

プロペシアが男性ホルモンに影響する治療薬であることが、男性ホルモンを減らし、男性機能が低下するのではないかと誤解されてしまい、副作用として懸念されている理由として考えられます。

プロペシアを服用しても、男性ホルモンの分泌が減るということではありません。

男性機能が低下した方の原因はプロペシアではなく、年齢や他の疾患などが原因となり、機能自体の低下につながっているケースも考えられるでしょう。

男性機能の低下は、精神的なものが関係している場合もあります。

プロペシアの副作用を気にしながら服用していると、ストレスになり、勃起不全などにつながってしまう可能性は否めません。

心配しやすい方や、すぐに赤ちゃんが欲しいと思っている方は、服用を避けた方がいいかもしれません。

プロペシアを使用できない人

プロペシアの副作用以外にも注意したいのが、プロペシアの服用ができない人です。

そもそもプロペシアは、AGA治療に効果が期待できるものなので、AGAが男性ほど影響しない女性への処方は行われません。

また、妊婦の場合、男性胎児へ影響する可能性などがあるため服用できません。

また、未成年への処方も行われていない治療薬になるため服用前に十分に確認しておきましょう。

ほかの薬との併用は可能か

これまでに、プロペシアとの併用で影響があった薬の報告はされていません。

基本的には、ほかの薬と併用しても問題ないでしょう。

不安な場合は、医師に相談することをおすすめします。

プロペシアが円形脱毛症に効かないのは副作用のせい?

プロペシアの主成分は、フィナステリドです。

男性型脱毛症は、5α―リダクターゼの作用によって、ジヒドロテストステロンが生まれます。フィナステリドは、5α-リダクターゼを阻害する働きがあります。

プロペシアを使用することで、ジヒドロテストステロンを抑制することができるのです。フィナステリドが配合されたプロペシアが、男性型脱毛症に効果があると言われるのは、このためです。

プロペシアは、男性型脱毛症に効果が現れると言われている発毛剤ですが、薄毛や抜け毛の原因は、ストレスが大きく関係していることもあります。

なかでも円形脱毛症は、ストレスだけではなく、アトピーやホルモンバランスといったことも原因と考えられている疾患です。

近年では、免疫機構が毛根を敵と認識してしまい、免疫反応が起こることで毛根がダメージを受けることで脱毛症になると考えられています。

プロペシアの副作用によって、円形脱毛症になるわけではありません。

このようなストレスや免疫機構の作用による脱毛症は、男性型脱毛症とは原因が異なっているため、AGA治療として使用されているプロペシアでは効果がないと言われているのです。

プロペシアで副作用を起こさないために

プロペシアは、男性型脱毛症の男性に効果を発揮する発毛剤です。

副作用としては、頭痛や腹痛、下痢、眠気、胃部不快感などがあると言われています。

男性機能低下の心配もあると言われていますが、必ずしも男性機能が低下するわけではありません。正しい方法で服用することが、副作用を起こさない対策となります。

心配な方は、一度クリニックの先生に相談し、使用するかどうかを検討するようにしましょう。

プロペシアの初期脱毛の症状とは

プロペシアを使い始めると、人によっては初期脱毛が起こることがあります。

初期脱毛とは、普段に増して脱毛が多くなる症状のことです。基本的にプロペシアによって脱毛が進行しているわけではないので、過度に心配する必要はありません。

初期脱毛はどのくらい続く?

個人差がありますが、プロペシアを使い始めて数日で初期脱毛が起こる人もいれば、1カ月ほど経ってから起こる人もいます。

中には、初期脱毛が始まらない人もいるので、プロペシアを使うすべての人に共通して起こるわけではありません。

初期脱毛が始まったら、2~3カ月ほど症状の続くのがラインです。

個人差はありますが、だいたい数カ月すれば初期脱毛は治まっていきます。

初期脱毛が起こる理由

薄毛や脱毛が悩みでプロペシアを使用するはずなのに、なぜ初期脱毛が起こってしまうのでしょうか。

理由は、プロペシアによって髪の毛の成長のサイクルが正常に近づいているためです。

古くなった髪の毛を取り除き、新しい髪の毛が正常に生えるためのプロセスなので、初期脱毛になった場合はプロペシアがしっかり作用しているものと考えましょう。

過度な心配は不要です。

髪の毛の生え変わりのサイクルが整えば、初期脱毛の症状も徐々に治まります。

関連記事:プロペシアの初期脱毛が出るまでにはどれぐらいかかる?

プロペシアのジェネリックとは

ジェネリック医薬品は、薬の有効成分の特許権が切れたものについて、開発した製薬会社以外の会社が後発医薬品として販売しているものを指します。プロペシアについてもジェネリック医薬品が出ており、有効成分であるフィナステリドを使った開発が多くの製薬会社で行われ、発売されてきました。

たとえば、国内初のプロペシアのジェネリックになったファイザー株式会社の「フィナステリド錠0.2mgファイザー」。

ほかには、沢井製薬株式会社の「サワイ」、クラシエ製薬株式会社の「クラシエ」など複数のプロペシアのジェネリックが販売されています。

安価で購入できるメリットがある

ジェネリック医薬品を購入する消費者にとって、大きなメリットになるのが価格です。ジェネリック医薬品は先発医薬品の7割と原則決まっているため、お得に購入できます。先発医薬品と比べて価格に差が出るのは、すでにある有効成分を使ったものなので、開発費が抑えられているからです。

工夫されたジェネリックもある

さらにもうひとつ、ジェネリック医薬品を購入するメリットは、先発医薬品よりもさらに使用感が工夫されていること。サイズ、味などより飲みやすいように開発されているジェネリック医薬品もあります。

なお、先発医薬品ではないので心配という声も少なからずありますが、有効成分が使われていることは同じですので、品質や効果の面で大きな差が出ることはありません。

安心して使用できます。

関連記事:プロペシアのジェネリックって安い?どうやって手に入れる?

プロペシアのジェネリックの購入方法

プロペシアは、医師の処方によって購入できる医薬品です。

ジェネリックも例外でなく、医師の診断で必要な場合、処方してもらえます。

日本でプロペシアのジェネリックを手に入れるなら、AGAの専門クリニックや皮膚科などで問い合わせてみましょう。

クリニックによってはジェネリックの取り扱いがない場合もあるので、ジェネリックの処方を希望する場合は、取り扱いがあるか事前に確認することをおすすめします。

なお、プロペシアのジェネリックを手に入れる方法としては海外からの個人輸入という方法もありますが、本来プロペシアは副作用があり処方箋が必要な医薬品です。

個人で輸入して使用するとトラブルに発展する可能性もあるので、医療機関を通した取り寄せをおすすめします。

関連記事:プロペシアのジェネリックって安い?どうやって手に入れる?

プロペシアには効く薄毛と効かない薄毛

薄毛や脱毛の改善のためにプロペシアの使用を考えている人もいるかもしれませんが、プロペシアには得意な分野と苦手な分野があります。

プロペシアが効く薄毛

プロペシアは、AGA治療のための医薬品です。

AGAの原因となるホルモンの生成を阻害する有効成分を含んでいることから、AGAの治療におすすめです。

AGAは、髪の毛の生え変わりのサイクルが正常でなくなることで薄毛や脱毛を招く症状の特徴があるため、髪の毛が細く抜けやすくなったらAGAの可能性があります。

なお、AGAは男性型脱毛症というように主に男性に起こりやすい脱毛症です。

女性でもAGAの症状が出ることがありますが、これまでの研究でプロペシアが女性にも有効だったという結果は出ていません。

実際に、女性には処方されないので、男性の脱毛に効果が期待できるものと考えて取り入れるべきです。

プロペシアの効果が期待できない薄毛

プロペシアの有効成分は、AGAに特化した成分であるため、AGAが原因でない薄毛や脱毛の改善は期待できません。たとえば、ストレスからくる円形脱毛症、皮脂の過剰分泌による脂漏性脱毛症などはプロペシアを使ってもあまり意味がないでしょう。

関連記事:プロペシアが効かない薄毛ってあるの?

プロペシアとフィンペシアの違い

同じくAGAによる薄毛の治療を目的としたもので、プロペシアに似た商品としてフィンペシアという商品があります。どちらも有効成分であるフィナステリドを使ったもので、内容に大きな差はありません。なにが違うのでしょうか。

日本で認定されているのがプロペシア

日本で認可を受けているのは、アメリカで開発された世界初のAGA治療薬、プロペシアです。国の認可だけでなく、日本皮膚科学会からも認可を受けている治療薬で、国内の専門クリニックなどで処方を受けることができます。

安価で手に入るのがフィンペシア

フィンペシアは、インドで開発されたプロペシアのジェネリック医薬品です。

先に紹介したように、プロペシアの有効成分を使った後発医薬品です。

同じ有効成分を使っているため、基本的には同じようにAGA治療に効果が期待できる薬となります。

違いは、製薬会社が違うことで添加物などの成分が少し変わってくるということです。

日本国内での認可がなく、国内で処方されるAGA治療薬でない点もプロペシアと違います。

なお、ジェネリック医薬品であること、インドで開発されてこともあって価格は従来のプロペシアよりもぐっと抑えられています。

ただし、国内での処方がない以上、個人輸入となるため、偽物を購入するリスクなど注意が必要です。

関連記事:プロペシアとフィンペシアのどちらが効果的?

プロペシアとミノキシジルは併用すべき?その違いと特徴

プロペシアは、薄毛や脱毛の治療でよく処方されるものですが、同じく薄毛や脱毛の治療で用いられるものに、ミノキシジルがあります。

両者にはどのような違いがあるのでしょうか。特徴と併用についてみていきましょう。

 

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジル、どちらもAGA治療クリニックなどでよく処方される治療薬ですが、薄毛や脱毛への効果のメカニズムが違います。

まず、プロペシアは髪の毛の生え変わりのサイクルを妨げるホルモンの生成を抑制し、髪の毛の正常なサイクルを取り戻させ、脱毛を遅らせるものです。

それに対してミノキシジルは、血管を拡張させて血液の巡りをよくすることで、髪に栄養がいきわたるようにする発毛・育毛効果を期待させる治療薬です。

プロペシアとミノキシジルどちらがよいのかというレベルの話ではなく、それぞれに期待できる効果が異なり、そもそも両者は同じ土俵で語るAGA治療薬ではありません。

プロペシアとミノキシジルは併用すべき?

プロペシアとミノキシジルは薄毛や脱毛へのアプローチがまったく異なる治療薬です。

併用も問題なく、体への負担も少ないとされています。

しかし、プロペシアとミノキシジルを併用すべきかどうかは判断がわかれるところです。なぜなら、症状が軽く併用する必要のないケースもあるからです。

その場合は、どちらか一方を処方されることが多いです。

関連記事:プロペシアとミノキシジル、どっちが効くの?

     プロペシアとミノキシジルの併用って効果的?副作用は?

プロペシアの購入方法

日本国内では、プロペシアは医師の処方箋が必要な薬です。

そのため、ドラッグストアや薬局で気軽に購入することができません。

日本でプロペシアを手に入れるには、クリニックで購入するか、個人輸入で手に入れるかになります。

クリニックでプロペシアを購入する

一般的なのがクリニックでプロペシアを購入する方法です。

医師の処方によって購入するために安心感があります。

しかし、通院する必要があること、そして診察で費用がかかってしまうデメリットも少なからずあります。

治療が長引けば、その分費用もかさむことになるでしょう。

個人輸入でプロペシアを購入する

個人輸入、海外でプロペシアを購入する方法もあります。

しかし個人輸入は手間も語学も必要なことから、個人輸入代行業者を利用して購入するのが一般的です。

個人輸入代行業者なら、通販の要領でプロペシアを手に入れることができます。

ただし、個人輸入にはリスクもあるため、自己責任で購入することと、信頼できる業者を選ぶことを心がけるようにしましょう。

関連記事:プロペシアを購入したいけど、薬局で買えるの?

     プロペシアを通販で購入する際におすすめのショップとは?

まとめ

プロペシアは、薄毛や脱毛の治療薬としてよく用いられる薬ですが、有効成分であるフィナステリドの効果は限定的で、プロペシアが適さない薄毛もあります。

プロペシアを使用したいなら、まずは薄毛がどのタイプなのかを知ることが大切です。

医療機関を受診して正しく判断してもらいましょう。

しかし、継続的な治療は費用もかさみます。

リスクがありますが、個人輸入代行をうまく利用するなど購入の工夫も考えていきたいところです。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤