リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

プロペシアの添付文書から読むメカニズム・効果・副作用


AGA治療薬として今世界から注目を浴びているのがプロペシアです。その高い効果から薄毛治療の強い味方になるプロペシアですが、薬である以上副作用の心配もあります。プロペシアの添付文書を読んで、なぜプロペシアが効くのか、どのような副作用があるのかを学びましょう。プロペシアのことを知り興味を持っているが、服用に不安があるという人は参考にしてください。

世界初の内服AGA治療薬プロペシアとその添付文書

プロペシアは世界で初めての医師が処方するAGA治療薬です。一般名ではフィナステリドと呼ばれてアメリカのメルク社が開発しました。日本ではMSD株式会社が2005年から発売しています。日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた数少ない正式な治療薬でもあります。

プロペシアは、内服薬であることが特徴の一つです。プロペシアは円形の錠剤で、薄いピンク色のフィルムコーティングがされています。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があり、医師の判断に応じて処方されます。添付文書によるとプロペシアの効能は、男性における男性型脱毛症の進行遅延です。つまり、AGA(男性型脱毛症)の治療薬だということが分かります。

添付文書で分かるAGAの原因にアプローチするプロペシア

プロペシアに含まれている有効成分は、フィナステリドです。これは、アメリカテキサス州からメキシコに自生するノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品で、前立腺肥大の治療にも使われています。添付文書の薬効薬理によると、フィナステリドは5a-還元酵素Ⅱ型を選択的に抑制することで、テストステロンからジヒドテストステロンへの変換を阻害し、発毛作用を示すとあります。

そもそもAGAとは、男性ホルモンを原因とした脱毛症のことを言います。テストステロンと5a-還元酵素Ⅱ型が結び付くことで生まれます。ジヒドロテストステロンが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると、成長期の毛髪に対して休息期、もしくは退行期に移行する信号が出されます。本来、成長するはずだった毛髪もこれらの働きによって毛髪のサイクルが乱れます。その結果として、髪が長く太い毛に成長する前に抜けて毛髪が薄くなってしまうのです。

プロペシアは5a-還元酵素Ⅱ型を阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。このことで成長期の期間が伸びて、細くなった髪が太く強くなったり、休止期の毛穴からの毛髪も成長したりといったAGAの改善が期待できます。

効果が見込めるプロペシアだが添付文書は注意も必要

国内でおこなわれた臨床試験によると、プロペシア1ミリグラムを1年間投与することで58%の改善効果が認められています。さらに2年間投与すると68%、3年間で78%と投与を継続することでも、改善効果が高まると考えられているのです。

プロペシアは高い効果が期待できる薬ですが、添付文書にはあくまでAGAにのみ効く薬であることが明記されています。つまり、円形脱毛症や抗がん剤による脱毛症には効果が期待できません。また、未成年や女性に対する処方もできないので注意しましょう。

またプロペシアの効果についても、3ヵ月程度投与し続けることで効果が出ることもありますが、通常であれば効果が確認できるまで6ヵ月以上は投与を続けなくてはいけません。どのようなものか試してみたいという人でも、1日1回のプロペシア服用を最低6ヵ月続ける必要があるでしょう。

またプロペシアの効果を持続させるためには、これからもプロペシアを飲み続けることになります。毛髪環境が改善したとしても、服用をやめてしまうと元に戻りAGAの症状は進行してしまいます。AGAの治療法としてプロペシアを選択する場合は、これから先ずっと服用し続けるかどうかも含めて検討してください。

添付文書から分かるプロペシアの副作用とは

添付文書によると、プロペシアの重大な副作用としては肝機能障害があります。例えば、プロペシアを飲むようになってからだるさを感じるようになったなど体調に明らかな変化があるときには医師の診察や検査が必要になるでしょう。血液検査の結果でγ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)などに大きな変化がある場合は、服用の継続ができなくなることもあります。

MSDの資料によるとプロペシアは他の薬剤と併用することによる影響は報告されていません。現在常用している薬があったとしても、問題なく服用することができるでしょう。その他のプロペシアの副作用として過敏症や性欲減退などの生殖器に関するトラブル、抑うつ症状などが挙げられています。また、フィナステリドは妊婦が摂取することによって男性胎児の生殖器に異常をきたす可能性があります。

これから子どもを予定している男性にとっても、精子や生殖器への影響が気になるところでしょう。
MSDによると男性型脱毛症患者にフィナステリド 1 mgを 1 日 1 回 6 週間経口投与したときの精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)と報告されています。プロペシアを服用することによる精液への移行量はごくごく微量であり、子づくりに関しても問題ないと言われています。

プロペシアを服用するときには添付文書も確認しよう

プロペシアはAGAに悩む人にとっては効果が期待できる薬です。しかし、効果はAGAを原因とした薄毛に限るうえ、未成年や女性は服用できません。さらに効果が分かるのも6ヵ月以上先になります。プロペシアの服用を決める際には、添付文書をよく読んで副作用や飲み方の注意点を確認しておきましょう。また身体に異常があらわれたときには、かかりつけの医師に相談してください。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤