リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

女性向け育毛剤+発毛剤12選!女性におすすめの薄毛対策をご紹介!

女性_育毛剤

男性と女性では、薄毛の原因や状態は異なりますので、女性の場合には女性向けの育毛剤や発毛剤の使用が効果的です。今回は、女性におすすめの育毛剤12製品と医薬品の発毛剤を一挙にご紹介します。それぞれの製品の特徴と効果のある薄毛のタイプをまとめましたので、薄毛対策にご活用ください。

当サイトが選ぶ おすすめ女性向け育毛剤

育毛剤は、医薬品の発毛剤と比較すると作用がおだやかで、さまざまな原因の薄毛に広く対応できる点がメリットです。しかし、たくさんの種類の育毛剤があり、どの育毛剤を選んだらよいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。まずは、当サイトでおすすめの女性向け育毛剤12種類を紹介していきましょう。口コミランキングでも評価が高いものばかりです。

「マイナチュレ」

「マイナチュレ」は、頭皮に負担をかけずに育毛成分を頭皮に届けることに着目した女性向け薬用育毛剤です。有効成分センブリ、グリチルレチン酸ジカリウム、酢酸dl-α-トコフェロールに加え、27種類の植物由来成分と10種類のアミノ酸を配合し、頭皮の環境を整えます。一般的な育毛剤で使用される全11種類の添加物は不使用で、敏感肌でも安心して使えるやさしさです。通販専用商品で、株式会社レッドビジョンから発売されています。

「ベルタ育毛剤」

「ベルタ育毛剤」は、薄毛の原因となる頭皮の硬化に着目した女性専用の薬用育毛剤です。センブリ、グリチルレチン酸ジカリウム、酢酸dl-α-トコフェロールの3種類の有効成分に、育毛をサポートする成分として、アミノ酸や植物由来成分など合計56種類のケア成分を配合しています。うち32成分はナノ化されているので、頭皮にしっかりと育毛成分が届くことが特徴です。天然由来成分にこだわり、頭皮のエイジングケアに着目し開発されているので、紫外線やカラーリングなどでダメージを受け続けている人にもおすすめでできます。株式会社ビーボから、通販専用商品として発売されている育毛剤です。

「花蘭咲」

「花蘭咲」は、年齢にともない髪の毛のボリュームがなくなってきた、つむじが目立つようになってきたという人におすすめの薬用育毛剤です。エビネ蘭を中心とした10種類の植物エキスに、有効成分として、センブリ、ニコチン酸アミド、塩酸ピリドキシンが配合されています。育毛効果に加えて、髪の毛をふんわりとボリュームアップするはたらきもあるので、髪の毛が細く弱くなった40代や50代からも評判です。有限会社マイケアから通販専用商品として発売されています。

「アデノゲン グレイシィ」

「アデノゲン グレイシィ」は、血行促進に加え、発毛促進因子の産生や、ヘアサイクルの成長期を延長する作用のあるアデノシンを配合した女性用の薬用育毛剤です。アデノシンはもともと体内にある成分ですので、効果的に毛乳頭細胞へアプローチできます。大手資生堂の製品のため、ドラッグストアや化粧品専門店など幅広い店舗で取り扱いがあり、入手が簡単です。

「リジュン」

「リジュン」は、スイスのインヂュケム社が開発したヘアケア成分リデンシルと、ヘアケア成分の浸透力を高めるフルボ酸を配合した女性専用のスカルプエッセンスです。ヘアケア成分は全部で72種類と圧倒的な種類を配合し、30代以降の衰えを感じはじめた頭皮にもしっかりと成分を届けられるように開発されています。髪の毛のハリやコシ、つやが気になる人にもおすすめの、株式会社ミスミ製薬が発売する通販専用の商品です。

「リリィジュ」

「リリィジュ」は、ニコチン酸アミド、パントテニルエチルエーテル、センブリ、βグリチルレチン酸の4つの有効成分に、桑白皮エキスや桐葉エキス、スーパーヒアルロン酸などを配合した薬用育毛剤です。女性向けの育毛剤として14年をかけて開発されました。育毛に欠かせない頭皮の保湿を重視した処方で、乾燥による硬化から頭皮を守ります。富士産業株式会社から発売されている通販専用商品です。

「フルリア」

「フルリア」は、ライオンから発売されている、発毛促進シグナルを活発化し脱毛シグナルを抑制する6-ベンジルアミノプリンが配合された薬用育毛剤です。頭皮の保湿にはたらく成分や、フケを防止する成分が配合されており、頭皮の環境を整えながら育毛を目指します。女性の脱毛に幅広く使用できますが、授乳中の使用ができません。産後脱毛への使用には注意が必要です。

「ザクローペリ」

「ザクローペリ」は、女性向けの育毛剤として、ザクロエキスを配合していることが特徴です。女性ホルモンと似たはたらきのある有効成分エチニルエストラジオールが含まれており、女性ホルモンの減少により進むびまん性脱毛症の対策におすすめです。株式会社サニープレイスのサロン専売品ですが、主要通販サイトで入手できます。

「セリオキシル」

「セリオキシル」は、独自開発成分ステモキシジンを配合した育毛剤です。ステモキシジンは毛母細胞にはたらきかけ、休止期を短縮することにより薄毛を改善していきます。使用は1日1回。ロレアルのサロン専売品ですが、主要通販サイトからも購入可能です。

「DHC薬用美髪根エッセンス」

「DHC薬用美髪根エッセンス」は、育毛と美髪の両方に着目した薬用育毛剤です。髪の成長期延長や毛根活性化による育毛とあわせて、保湿や抗酸化作用のある保湿成分なども配合し、年齢を重ねた髪をトータルでケアを目指します。通販および自社店舗で店頭購入が可能です。

「モウガL エクストラ」

「モウガL エクストラ」は、男性向けのモウガシナジーXと同様の処方を女性向けにした薬用育毛剤です。有効成分は、全て生薬が使用されています。頭皮の発毛環境を整えるだけでなく、脱毛因子となるジヒドロテストステロンの発生を抑えるはたらきがあるため、40代ごろから始まる、びまん性脱毛症の対策に向いています。

「トップバリュ 薬用育毛トニック」

「トップバリュ 薬用育毛トニック」は、イオンのプライベートブランドの薬用育毛剤です。血行促進作用のあるニコチン酸アミドやセンブリエキス、酢酸トコフェロールと、殺菌成分のピロクトンオラミンが配合されています。薬用育毛剤の中では低価格ですので、気軽に使えることが魅力です。男女兼用タイプの育毛剤ですが、無香料のため女性にも使いやすいでしょう。

関連記事:女性用育毛剤ってどれがいい?当サイトおすすめ女性育毛剤3選

女性でも使える発毛剤、リアップシリーズ

年齢にともなってだんだん髪の毛が薄くなってきたとお悩みの場合には、医薬品の発毛剤が効果的です。大正製薬から発売されている発毛剤リアップには、女性専用の「リアップリジェンヌ」という商品もあります。育毛剤よりも高い発毛効果が得られますので、髪の毛全体が薄くなるタイプの薄毛にお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか。

「リアップリジェンヌ」

女性が使えるリアップは、リアップリジェンヌという製品です。発毛効果のあるミノキシジル1%に、頭皮の環境を整えるトコフェロール酢酸エステル、l-メントール、パントテニールエチルエーテルの3成分を加えています。

リアップリジェンヌの特徴

リアップリジェンヌの特徴は、女性専用の発毛剤であることで、40代ぐらいから気になりはじめる頭皮全体の薄毛や脱毛に、発毛効果が認められています。およそ6か月の継続使用で、発毛効果が実感できるようになります。

女性の薄毛のメカニズムですが、女性ホルモン量の低下にあります。女性ホルモン量が低下すると、男性ホルモンの影響を受けやすくなり、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが増えて脱毛が起こります。ただし、女性の場合は男性とは異なり、一部ではなく髪全体が薄くなるような薄毛であることが特徴的です。

リアップリジェンヌで起きる初期脱毛

リアップリジェンヌを使いだして2週間~3か月くらいの間、抜け毛が一時的に増えることがあります。これは、初期脱毛と呼ばれるもので、副作用ではありません。初期脱毛は、新しい毛が発毛を始め、抜け落ちきれていなかった古い毛が押し出されるように抜けるものです。もともと抜けるはずの毛ですので問題ありません。

女性がミノキシジル配合剤を使う際の注意点

女性の脱毛はさまざまな原因がありますが、ミノキシジルの効果があるのは、壮年性脱毛症のみです。そのほかの脱毛症には使用できませんので注意しましょう。女性がミノキシジル配合剤を使う場合には、女性専用の1%のものを用います。男性用にミノキシジル濃度の高い製品もありますが、女性には有効性や安全性が確認されていません。

ミノキシジルは医薬品のため、副作用にも注意が必要です。多くは皮膚症状の副作用となりますが、血圧や心臓などに疾患がある場合は、影響を及ぼす可能性があるため、使用について医師や薬剤師に相談しなければなりません。また、妊娠や授乳中については、胎児への移行の可能性があるため使用できません。そもそも産前産後の脱毛にミノキシジルは用いませんが、念のために知っておきましょう。
関連記事:リアップは女性でも使える!?リアップシリーズをチェック!

育毛剤を女性が使うべき理由とメカニズム

女性は、男性と比較すると、さまざまな薄毛のリスクに囲まれていますので、実は女性こそ育毛剤のケアが必要です。女性がさらされる薄毛の原因となる環境についてご紹介します。薄毛を食い止めるためには、それぞれの状況に応じた育毛剤を使用するなど、積極的な薄毛対策を行いましょう。

出産

妊娠・出産時には女性ホルモンの量が変動します。出産前にはエストロゲンが増えるため、本来よりも抜け毛が減少します。しかし、出産後はエストロゲンの量が元に戻るため、減少していた分まで一気に髪の毛が抜けてしまう、産後脱毛が起こるのです。
産後脱毛で抜ける毛は、本来抜けるべき毛であり、脱毛が起こったあとは元の通りに回復しますが、それまでの間に薄毛が気になる人もいるでしょう。その場合には育毛剤でのケアをおすすめします。また、高齢で出産した場合は、女性ホルモン量低下のタイミングと合致してしまい、そのまま薄毛になる可能性もあるため、育毛剤での対策は行っておくべきだといえます。

更年期

40~50代になると、更年期を迎え、閉経に向かって次第に女性ホルモン量が低下していきます。するとこれまで影響のなかった男性ホルモンの影響があらわれはじめ、男性と同じように壮年性脱毛症が発生するのです。しかし、女性の場合は男性と異なり、髪の毛全体が薄くなるびまん性脱毛症の形であらわれます。抜け毛の原因となる活性化男性ホルモンの生成を防ぐことで、薄毛対策が可能です。医薬品の発毛剤の利用も適しています。

頭皮に負担のかかるヘアケア習慣

女性はヘアスタイルを整えたり、パーマやカラーリングを行ったりする機会も多いです。また、髪を結ぶために毛根に力がかかり続けることが脱毛の原因になることもあります。年齢が若くても知らず知らずのうちに頭皮に負担をかけた結果、薄毛に悩まされることも多いです。
育毛剤は、頭皮の状態を整えて抜け毛を防ぎ、髪の成長を促してくれます。保湿や栄養補給を中心とした製品の利用が効果的です。

関連記事:薄毛に悩むのはあなただけじゃない!育毛剤を女性が使うべき理由

女性向け育毛剤をドラッグストアで購入する際のポイント

女性向けの育毛剤はドラッグストアなどの店頭でも購入することができます。思い立ったときにすぐに入手できるというメリットがある一方、自分にあっている育毛剤かどうかがわかりにくいという面もあります。どのように選んだらよいのでしょうか。

目的に応じた育毛剤を選ぶ

ドラッグストアには、発毛剤のリアップリジェンヌをはじめ、医薬品や医薬部外品、化粧品などさまざまな種類の育毛剤が並んでいます。びまん性の脱毛症であるのか、あるいは産前産後や頭皮ケアを目的としたものなどさまざまです。育毛剤とされていても、薬用成分が配合され一定の効果が認められた医薬部外品のものと、頭皮用化粧品に分類されるものとがあります。安価で販売されているものは、保湿成分が中心で十分な育毛効果が得られない場合もありますので、成分や効能を確認して、自分の目的に応じた育毛剤を選びましょう。どの製品がよいかわからないときは、店員さんからアドバイスを受けることをおすすめします。特に、産前産後は使用できない育毛剤もありますので注意が必要です。

続けて入手可能かどうかも確認

育毛剤は長期的に使用して効果が実感できるものです。通販の育毛剤は定期購入などの制度がありますので継続使用ができますが、市販の育毛剤の場合は、店舗が商品の取り扱いを止めてしまう場合もあります。せっかく自分に合う育毛剤と出会えても、続けて使えないと意味がなくなってしまいます。取り寄せの制度など、続けて購入できる環境であるかどうかも、確認しておく必要があるでしょう。

関連記事:女性向け育毛剤をドラッグストアで購入したい!商品選びと購入のコツ

まとめ:女性こそ薄毛対策に育毛剤や発毛剤を活用しよう

育毛剤というとかつては男性用のイメージが強いものでしたが、さまざまな場面で薄毛のリスクがある女性こそ、育毛剤や発毛剤で薄毛対策を行うことが必要です。
男性と女性では、薄毛の原因も頭皮の状態も異なります。女性向けにつくられた育毛剤・発毛剤なら効果的に頭皮の環境を整えることができます。薄毛の原因や状態をみながら、自分に合った育毛剤や発毛剤を活用しましょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤