リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

フィナステリドの使用は副作用に注意!効果や安く購入する方法について

フィナステリド

フィナステリドは、ヘアサイクルを乱す男性ホルモンの生成を抑えて薄毛を改善するというものです。どんな育毛剤も初期脱毛などの副作用、効果が気になるところですよね。フィナステリドは、男性型脱毛症の治療薬として認可されている内服薬ですが、効果や副作用はどうなっているのでしょうか。また、通販で購入する方法やリスクなどについても詳しくまとめました。

フィナステリドの効果

フィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として国内認可されている成分です。まずは、フィナステリドの効果や作用について見ていきましょう。プロペシアの有効成分になります。

フィナステリドの作用

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、毛乳頭にある5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモン受容体と結びつきジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで起こります。

髪の毛は、2~5年間の成長期を経て、2~3週間の退行期、2~3か月の休止期ののち、再び成長期に入り、成長と脱毛を繰り返します。これがヘアサイクルです。DHTの影響を受けると、成長期にある髪の毛を細くやわらかくし途中で脱毛させてしまうため、髪の毛が薄く少なくなってしまいます。これが男性型脱毛症の薄毛のメカニズムです。DHTの影響が続くと、薄毛は次第に進行していきます。

フィナステリドは、5αリダクターゼの働きを阻害することによってDHTの生成を抑え、薄毛を改善する効果があります。5αリダクターゼは前頭部や後頭部に多く存在しているため、フィナステリドを服用すると生え際やM字、後頭部の薄毛の改善が可能です。なお、フィナステリドにより薄毛改善効果が実感できるまで、6か月間の継続使用が必要となります。

フィナステリドの服用方法

フィナステリドは内服薬として、通常1回量1mgを1日1回服用します。フィナステリド製剤は0.2mgと1mgがありますが、0.2mgは服用リスクの高い方向けで、通常は1mgが処方されます。また、食事による薬の吸収への影響は確認されていません。ただし、飲み忘れがないよう、毎日同じ時間に飲むことがおすすめです。

関連記事:フィナステリドの効果と製品をまとめてみた(製品情報あり)
/p>

初期脱毛は起こる?フィナステリドの副作用とは

フィナステリドを服用する前には、副作用について知っておくことが大切です。頻度は高くないものの、副作用の中には、注意すべきものもあります。また、副作用が出た場合には、使用を中止して医師に相談しなければなりません。

フィナステリドの副作用

頻度はわずかですが、フィナステリドで発疹やかゆみ、血管浮腫などの過敏症(アレルギー)が発生することがあります。症状があらわれた場合には速やかに服用を止めて医師の診察を受けましょう。

また、フィナステリドは、最終的に肝臓で代謝されるため、フィナステリドの服用によって、肝機能障害が起こる可能性があります。肝臓の既往症がある方や全身倦怠感があらわれた場合には、肝機能状態を観察しながらの慎重投与となります。

このほか、フィナステリドの副作用として男性機能の低下が指摘されています。国内の臨床試験では、性欲減退が1.1%、勃起不全(ED)が0.7%と頻度は低いもののため、必要以上に心配する必要はありませんが、副作用として起こり得ることは知っておきましょう。ただし、男性機能の低下は精神的な作用によって起こることもあるので、あまり神経質になりすぎないようにしないことも必要です。また、抑うつ症状があらわれたという事例もみられます。

初期脱毛は発毛効果のあらわれ

フィナステリドの服用をはじめてから1~2か月間の間、一時的に脱毛が増えることがあります。これは、初期脱毛といわれる症状で、副作用ではありません。

初期脱毛は、すでに休止期にある毛包に残った古い髪の毛を、新しく生えた髪の毛によって押し出されることによって起こります。つまり、フィナステリドが効果をあらわしている証拠となるものです。まとまって抜けてしまうこともあるため、不安に感じることがあるかもしれませんが、本来抜けるはずだった髪の毛ですので、心配は要りません。また、初期脱毛で抜ける毛は細く弱いものですが、その後成長する髪の毛は通常の太い髪の毛となります。

フィナステリドのジェネリック製品

フィナステリド製剤は、MSD製薬の「プロペシア」として開発・発売された発毛成分ですが、すでに日本国内では特許が切れています。そのため、フィナステリド製剤は、プロペシアだけでなく、ジェネリック医薬品(後発医薬品)として複数の製薬会社から発売されています。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品にくらべて開発費が大幅に抑えられるため、薬価も割安であることが特徴です。日本で発売されている、主なジェネリックのフィナステリド製剤について詳しく見ていきましょう。

プロぺシアのジェネリック製品は多くのメーカーから発売されているため、医療機関によって取り扱いのあるメーカーは異なります。しかし、どのジェネリック製剤もプロペシアとサイズ等に大きな差はなく、途中での切り替えは違和感なく行えるでしょう。

フィナステリド錠0.2mg/1mg「ファイザー」(ファイザー株式会社)

プロペシアのジェネリックで、最も早く発売された製剤です。錠剤のサイズは、直径は同じですが、厚さは0.2mm小さくなっており、プロペシアとくらべるとわずかに飲みやすく感じる人もいるかもしれません。
包装についても、PTPシートの1列が1週間分で、2週間分で1シートとなっている点も、プロペシアと同様です。PTP包装を切り離したとしても、薬剤名が確認できるようになっているなど、利用者にやさしい工夫がなされています。

フィナステリド錠0.2mg/1mg「サワイ」(沢井製薬株式会社)

プロペシアジェネリックの中で、製剤の形態だけでなく添加物までがよく似たジェネリックが、沢井製薬のジェネリックです。錠剤のサイズは、プロペシアより厚さが0.1mm厚く、直径が0.1mm小さくなっています。包装形態は、プロペシアと同形式です。ファイザー製薬のもののように、PTPシートを切り離しても、薬剤名が確認できます。

フィナステリド錠0.2mg/1mg「トーワ」(東和薬品株式会社)

フィナステイリド製剤は少量がPTPシート、大容量がボトル包装となっている製品が多い中、東和薬品のジェネリックでは、そのまま持ち歩きも可能な30錠の小容量ボトルが発売されていることが特徴的です。また、0.1mmほどとわずかですが、錠剤の直径と厚さがプロペシアよりも薄くなっています。小容量ボトルはPTP包装よりも1錠あたりの価格が安価となるため、安全な国内ジェネリックを使用したいがコストを抑えたい人におすすめです。

フィナステリド錠0.2mg/1mg「クラシエ」(クラシエ製薬株式会社)

クラシエ製薬のフィナステリド錠についても、薬剤の直径はプロペシアと同一ですが、厚さは0.2mm薄くなっています。こちらもPTP1シートが14錠と、包装形態についてもプロペシアやほかのプロペシアジェネリックと大きな差はありません。

関連記事:フィナステリドのジェネリック薬品ってあるの?

フィナステリドの価格は?ジェネリックで安く購入するために

フィナステリドは自由診療で処方される医薬品のため、薬価基準には収載されていません。したがって、医療機関でフィナステリドの処方を受ける場合、薬価は医療機関によりそれぞれ異なります。医療機関によっては、薬剤費のほかに初診料などがかかる場合もありますので、受診前に確認しておきましょう。

フィナステリドは医療機関で処方を受けるほかにも、個人輸入でプロペシアもしくはプロペシアジェネリックを購入するという方法もあります。

海外には、プロペシアはもちろん、多数のプロペシアのジェネリックが存在します。価格は国内とくらべると大幅に安価ですが、保証などは一切ありません。費用を抑えながら安全性を考えるのであれば、医療機関で国内の正規ジェネリック製剤の処方を受ける方法がおすすめです。医療機関によっては、安価で独自に個人輸入したジェネリック品を使用している例もありますので、ジェネリックを利用する際には、国内正規品のジェネリック製剤かどうかをチェックしましょう。

医療機関でフィナステリドの処方を受ける場合の価格

フィナステリドの先発品であるプロペシアの場合、薬価は1mg錠28錠シートで6,000円前後です。一方、ジェネリックのフィナステリド製剤の場合は、メーカーの納入価格が安いため、処方時の価格も先発品プロペシアよりも6~8割程度安価となります。相場としては28錠1シートで4,000円前後です。なお、ジェネリックのメーカーの違いによって価格差がある医療機関もあります。

個人輸入を利用してフィナステリドを購入する場合の価格

フィナステリドは世界各国で利用されているAGA治療薬ですので、海外より個人輸入で購入することもできます。その場合、プロペシアで4,000円前後、ジェネリックでは28錠換算で1,000~2,000円程度と、医療機関で処方を受けるよりも大幅に安い価格です。しかし、個人輸入には偽物や詐欺、健康被害などさまざまなリスクがともないますので、利用は積極的には勧められません。

関連記事:フィナステリドの通販価格ってどう?クリニックより安い?

フィナステリドを通販で購入する際の注意

フィナステリドは処方薬のため、日本国内では薬局の店頭や通販での販売は認められていません。通販で購入したい場合には、海外から自己責任で個人輸入することになります。しかし、医薬品の個人輸入はさまざまなリスクがつきまとうものです。注意すべき点をご紹介します。

個人輸入代行業者が信頼できるか

個人輸入代行業者には、信頼できる会社もありますが、中には詐欺まがいで代金を支払っても商品が届かない、偽物を取り扱っているという会社もあります。そのため、価格に惑わされずに、長期にわたり実績のある個人輸入代行業者を利用するようにしましょう。

偽物リスクに注意

個人輸入代行業者を通さずに、外国語でやり取りして販売者から直接購入することもできます。しかし、その場合も販売者の信頼性が重要です。フィナステリド製剤は、偽物が数多く出回っていますが、専門家でも見た目で見分けることは難しいといわれています。購入する場合は、口コミなどを参考に、信頼できる販売者を選びましょう。第三者による製品保証書が付属している製品であれば、ある程度は信用できますが、古いものや偽物が使用されている例もあり、完全に信用できるものではありません。

副作用や健康被害は自己責任になる

個人輸入を利用してフィナステリド製剤を購入し、万一副作用や健康被害が起きた場合には、全て自己責任となります。特に、フィナステリドは肝機能障害を起こす場合があるので、自己判断での服用はリスクが高いです。

また、海外では偽物も出回っているといいましたが、偽物で健康被害を受けた場合でも、治療費などの救済方法はありません。実際に個人輸入の医薬品による健康被害例や、有害物質の混入例なども報告されています。このように、さまざまなリスクがありますので、価格だけで安易に個人輸入を選ばないようにしましょう。

関連記事:プロペシアを通販で購入する際に気をつけることとは?

フィナステリドが有効な薄毛の種類

フィナステリドが有効な薄毛の種類は、男性ホルモンが関係する男性型脱毛症(AGA)のみです。男性ホルモンによらない薄毛の場合には、別の治療を検討しなくてはなりません。

フィナステリドの効果のない薄毛

フィナステリドは、男性ホルモンに作用するため、男性ホルモンが関与しない薄毛に関しては服用しても効果はありません。フィナステリドの効果がない薄毛には、ストレスが原因と考えられる円形脱毛症、脂漏性皮膚炎が原因の脱毛、女性の産後の脱毛などがあげられます。これらは、薄毛の起こり方や環境によってある程度判断することが可能です。

関連記事:プロペシアが効かない薄毛ってあるの?

フィナステリドとミノキシジルは併用できる?

薄毛にお悩みの方の中には、フィナステリドとミノキシジルの併用ができるかどうか気になっている方もいるでしょう。フィナステリドとミノキシジルは作用の仕方が異なるため、併用は可能ですし、薄毛の進行状況によっては、併用した方が高い薄毛改善効果を得ることができます。

併用で薄毛改善が効果的に

フィナステリドは、脱毛の原因となる男性ホルモンDHTの生成に関する酵素5αリアクターゼの働きを阻害するため、生え際など前頭部の脱毛に効果をあらわします。一方、ミノキシジルは、頭皮の血流を改善して頭皮に栄養を与えることによって、発毛を促すものです。したがって、後頭部の薄毛改善には向いていますが、毛細血管の少ない前頭部については、効果があらわれないこともあります。

このように、フィナステリドとミノキシジルは作用が異なるだけでなく、お互いを補完する効果もあります。後頭部も前頭部も薄毛が進んでいる場合は、2つの併用がおすすめです。

それぞれの副作用の出現に注意

フィナステリドとミノキシジルの両者の間には、問題となる相互作用はありません。ただし、2種類の薬剤を使用するため、副作用が起こる確率も高くなりますので注意しましょう。

副作用として、フィナステリドでは薬剤アレルギーのほか、男性機能の低下や肝機能障害、ミノキシジルではかぶれなどの皮膚症状、動悸や血圧低下などの循環器系の副作用の可能性があります。それぞれ、既往症がある場合には十分に注意しましょう。

関連記事:フィナステリドとミノキシジルの違いって?併用できるの?

まとめ

フィナステリドは男性型脱毛症の改善に効果のある薬ですが、頻度は高くないものの、人により副作用が出ることもあります。フィナステリドは医療機関で処方を受けるほか、個人輸入で入手する方法もありますが、偽物や健康被害のリスクもありますので積極的におすすめはできません。フィナステリドを安く利用したいのであれば、医療機関で先発品のプロペシアではなく、ジェネリック製剤を選択するとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤