リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛・発毛コラム, 育毛剤・発毛剤 2018/09/29
更新日:2018/09/28

男性型脱毛症とは?治るものなのか?


脱毛症の種類には、男性脱毛症(AGA)といわれるものがあります。男性型脱毛症という名前からもわかるように、主に男性の患者が多い脱毛症の一種です。脱毛症もさまざまで、治るものとずっと向き合っていかないとならないものがありますが、男性型脱毛症は治るものなのでしょうか。男性型脱毛症で知っておくべき基本的なことから、完治が可能かまでお話しします。

男性型脱毛症(AGA)は治る?どんな脱毛症?

男性型脱毛症が治るのかどうかの前に、知っておくべきなのが、そもそも男性型脱毛症とはどのような脱毛症を指すのかということです。

男性型脱毛症の特徴

男性型脱毛症の主な特徴は、男性に多く見られること。女性の男性型脱毛症患者もいますが、女性に比べて男性の方が症状を訴える人は多いです。思春期以降にみられる脱毛症で、年齢とともに男性型脱毛症に悩む人は増え、日本皮膚科学会によると30代の日本男性の20%、50代になると2倍にも症状に悩む人は増えるといいます。

男性型脱毛症の症状

男性型脱毛症の症状は毛がただ抜けていくことだとイメージしている人もいるかもしれませんが、本来の症状は髪の毛が短くて細い毛に退化することです。その結果、髪の毛のボリュームが失われ、髪の毛が少なく見えます。さらに、髪が十分に伸びる前に抜けてしまうことから、薄毛が進行していきます。

男性型脱毛症は治る?原因は男性ホルモン?

男性型脱毛症がどういったものか、イメージはできたかと思います。男性型脱毛症が治るものなのか早く知りたいと思うかもしれませんが、治るかどうかの前に押さえておきたいのが治療に直接の関連度が高い男性型脱毛症の原因です。

男性型脱毛症はホルモンによるもの

男性型脱毛症が男性に多いのは、男性ホルモンに影響された脱毛だからです。直接の原因は、男性ホルモンではなく、毛髪の根っこにある細胞に男性ホルモンが取り込まれ、ジヒドロテストステロン(DHT)という成分に変わることにあります。

この、DHTという変化した男性ホルモンが、髪の毛の育成を抑えるように命令を伝えることが男性型脱毛症に繋がる原因です。

男性型脱毛症は生活習慣によって起こりやすくなる

男性型脱毛症のメカニズムはわかったかと思いますが、男性ならすべて男性型脱毛症になるわけではありません。男性型脱毛症が起こりやすい状態に導くのは、日々の生活習慣。ストレスや、食事、睡眠などが影響します。

また、こうした日々の生活態度のほかにも遺伝で男性型脱毛症になることがあります。遺伝の場合は、変化した男性ホルモンの感受性がもとから高いことなどが原因です。

男性型脱毛症は専門の治療で治るものなのか

それでは、いよいよ本題である男性型脱毛症は治るのかということですが、結論からいうと、男性型脱毛症が完治することはありません。一度男性型脱毛症の症状があらわれると、症状を抑えるために継続して専用の薬を飲まなくてはならないためです。

一方、男性型脱毛症の症状である薄毛の状態については治療が可能です。ただし、男性型脱毛症になる前の髪に完全に戻るのではなく、少しは薄毛が良くなったという範囲での治療になります。患者本人がどこまで目指すかにもよりますが、一度男性型脱毛症を発症すれば、髪の状態も髪が多いときの状態に治すことが難しいといえるでしょう。

男性型脱毛症の前兆は?予防できるのか?

男性型脱毛症の治る可能性を考えると、男性型脱毛症が起こらないようにできるだけ予防しておきたいものです。男性型脱毛症の前兆を知って、予防することはできるのでしょうか。

実は、残念なことに男性型脱毛症の予防については、まだ確実なことがわかっていません。あることをするから予防できるというものではないのです。遺伝子が他人よりも近いといわれる双子を使った実験でも、男性型脱毛症の発症に関連する髪の量には差異がみられています。

男性型脱毛症の発症の有無を判断するものさしがない以上、発症との関連性がある環境要因、たとえば睡眠や食事などに気をつかって日々の生活を送ることが大切でしょう。

予防はできなくても早期治療を

予防の難しい男性型脱毛症ですが、早めに症状に気づき、早めに対処することによって、完全に治るまではなくても、それなりに早期治療による恩恵を得られます。予防ができないからこそ、症状があったら早めに治療に取り組むようにしたいです。

男性型脱毛症の治療ではゴールを決めることが大切

男性型脱毛症は完全に治るものでなく、完全な予防も難しいことを紹介しました。予防ができない以上、早期治療が望まれますが、いろんなタイミングで治療が遅れる人もいるはずです。治療が遅ければ、それだけ前の状態に治すのに時間がかかります。

男性型脱毛症の治療は、時間と根気との勝負です。ときには思うように改善しないこともあるでしょう。だからこそ、完全に治るものではないと理解して、ある程度の妥協点を見つけることも重要です。完璧を求めるのではなく、どこまで治療したいのか、納得できる治療の終着地点を見つけておきましょう。

男性型脱毛症が治ることはない?

どこまでが治るとするのかによりますが、治療を続けていかなくてはならないこと、もとの毛髪の状態に戻るのが難しいことを考えると男性型脱毛症が治ることはありません。

男性型脱毛症の完治を目指すのではなく、いかに男性型脱毛症と付き合っていくかが重要でしょう。治療をはじめるなら、どこまで薄毛を改善していくか目標設定が大きなカギを握ります。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤