リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018/09/29
更新日:2018/09/28

ザガーロかプロペシアか?違いを知ってAGAの悩みを解消!


「頼む!もうこれ以上抜けないでくれ~」と、鏡に映る薄毛を見て無駄に祈り続けていませんか?ザガーロもプロペシアも、れっきとしたAGA治療薬!今回は、ザガーロとプロペシアはAGAにどんな効果が期待できるのか、両者の効果や副作用に違いはあるのかを中心に解説します。読み終わるころには、AGAの悩みを一刻も早く解消したくなるはずですよ!

ザガーロとプロペシアの特徴と価格の違い

ザガーロとプロペシアは発売開始日が違う

プロペシアは知っていても、ザガーロは知らない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。実は、先に発売されたのがプロペシアですので、まだザガーロを扱っていない病院もあります。

【発売日と販売会社】
ザガーロ:2016年6月13日 発売開始(グラクソ・スミスクライン株式会社)
プロペシア:2005年10月11日 発売開始(MSD株式会社/旧万有製薬株式会社)

ザガーロとプロペシアは形状や大きさが違う

ザガーロは、有効成分が0.1mg含有と0.5mg含有の2つがあります。どちらも形状は楕円形の軟カプセル剤で、サイズは19.3mm×6.6mmと、意外に大きいのが特徴です。一方のプロペシアも有効成分が0.2mg含有と1mgの2つがありますが、どちらも直径7.2mmの円形の錠剤です。

基本的にはザガーロもプロペシアも1日1錠を服用します。ザガーロはやや大きいので、喉のつかえ感が強い人は飲みにくいことがあるかもしれません。

ザガーロとプロペシアの価格相場を比較

ザガーロもプロペシアも、AGA(男性型脱毛症)治療薬として医師から処方されます。プロペシアにはジェネリック医薬品が複数社から販売されているので、希望により選択することが可能です。いずれも継続して服用する薬なので、価格にどのくらい違いがあるのか把握しておきましょう。

【価格相場】

医薬品名 価格相場 1箱分(錠数/日数分)
ザガーロ 約8,500円~約1万円 30カプセル/30日分
プロペシア 約6,500円~7,500円 28錠/28日分
プロペシアの
ジェネリック
約4,500円 28錠または30錠/28日分または30日分

人口が多い都市エリアは価格競争が働いて若干安くなる傾向にありますが、人口が少ない地方エリアや競合する病院がない場合は、高くなる傾向があります。インターネットから診察を受けられる「遠隔診療」をしている病院では、治療薬を初回のみ半額にしていることがあるので、まずは薄毛の原因が本当にAGAなのかの診察や、治療薬を試してみたい方にも便利です。

ザガーロとプロペシアに期待できる効能効果と違い

さて、もっとも気になるのは、ザガーロとプロペシアの効果に違いがあるか、という点ではないでしょうか。「彼女ができる前になんとかしたい!」とか、「嫁の冷たい視線から逃れたい」「自信をつけたい」など、抱えている悩みは様々でも、目的とするところはみな一緒です!効果があるほうを選びたいと思っている方は、ザガーロとプロペシアの効果の違いを把握して参考にしてください。

ザガーロとプロペシアの効能効果の違いは成分にあり!

まずは、効果の違いを結論からお伝えしましょう!ザガーロのほうがプロペシアよりもAGA対策効果が期待されています。その理由は、含有する有効成分の働きの違いに由来します。まずは、それぞれの成分名と、薬に添付される文書に記載されている効能効果を確認しておきましょう。

【効能効果の違い】

医薬品名 有効成分名 成分の特長 効果効能
ザガーロ デュタステリド Ⅰ型・Ⅱ型5αリダクターゼ阻害薬 男性における男性型脱毛症
プロペシア フィナステリド Ⅱ型5αリダクターゼ阻害薬 男性における男性型脱毛症の進行遅延

大きな違いは、表内にある「男性における男性型脱毛症」そのものに対する効果効能です。プロペシアは「進行遅延」、つまり進行を遅らせるよ、とされています。この違いは、成分の特長にあります。ザガーロの成分は、前頭部や頭頂部に存在するⅡ型5αリダクターゼだけでなく、全身の体毛に存在するⅠ型5αリダクターゼも阻害します。その働きが効果への違いを生むとされているのです。

この違いを簡単に説明すると、ザガーロの成分にはAGAに対して発毛効果や育毛効果が期待されていて、プロペシアの成分には脱毛抑制と薄毛の進行抑制が期待されている、ということになります。生える期待と抜けるのを抑える期待の違いとも言えるでしょう。

また、グラクソ・スミスクライン株式会社が医療関係者向けに発表している臨床試験成績によると、頭頂部の毛髪数増加に関して、デュタステリドはフィナステリドの約1.6倍という報告があります。

ザガーロとプロペシアの副作用と違い

ザガーロとプロペシアの副作用を試験報告から比較

ザガーロとプロペシアの副作用の違いも気になるポイントですよね。両者の副作用に関する報告(※1)をまとめます。

ザガーロの試験は日本人と外国人が含まれているので、総症例中には日本人の副作用割合も記載します。「性欲の減退」など具体的な症状は、両者の違いを比べやすいように、日本人のみの割合を記してあります。ザガーロとプロペシアの副作用の違いを比較してみてください。

【副作用の違い】

医薬品名 重大な
副作用
副作用報告の
トータル割合
性欲の
減退
勃起不全 射精障害 その他
ザガーロ 肝機能障害、黄疸

総症例中
→17.1%
日本人120症例中
→11.7%
5.8% 10.8% 1.7% 1%未満
プロペシア 総症例中→4.3% 1.1% 0.7% 1%未満 1%未満

※1
ザガーロ:第Ⅱ⁄Ⅲ相国際共同試験 日本人120例を含む総症例557例からの報告
プロペシア:承認時の国内臨床試験 調査症例276例からの報告

※2
その他の副作用には、乳房や乳頭の痛み、精液量減少、下痢、腹痛、胃や腹部の不快感、倦怠感等があります。

日本人の症例に注目して副作用を比較すると、上の表で記したようにザガーロのほうがプロペシアよりも多いことがわかります。効果に伴う副作用も、治療薬のリスクとして把握しておきましょう。

参考URL
ザガーロカプセル0.1mg/ ザガーロカプセル0.5mg-独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

ザガーロとプロペシアの注意点

ザガーロとプロペシアは含有する有効成分が違うことから、注意点なども違ってきますので確認しておいてください。

【禁忌次項】
ザガーロもプロペシアも、5αリダクターゼ阻害薬に対する過敏症が過去にあった場合は使ってはいけません。また、どちらの治療薬も男性限定です。皮膚からも成分が入ることがわかっているため、女性(妊婦、授乳中など)や子どもには、飲ませたり触らせたりしてはいけません。ザガーロは肝機能障害の副作用が報告されているので、重度の肝機能障害を抱えている方も服用できません。

【併用に注意する薬】
プロペシアは特に定められていませんが、ザガーロは「CYP3A4阻害作用を有する薬剤リトナビル等」が併用注意薬とされています。安全のため、服用している薬があれば、AGA治療時の診察で医師に報告してください。

【献血できない期間】
プロペシアや個人輸入医薬品のブロスカーを飲んでいる人は、服用後1ヶ月間は献血できません。国内の未承認医薬品アボダート・アボルブを個人輸入により服用している方は、服用後6ヶ月間の献血はできません。

ザガーロは、プロペシアよりも体内からすべて成分が排出されるまでの期間が長いことがわかっています。ザガーロ服用後は6ヶ月間献血できません。いずれも、アンチアンドロゲン系ホルモン剤による胎児への催奇性が指摘されているためです。

ザガーロとプロペシアは人によって効果が違うことも

ザガーロとプロペシアを価格面から比較すると、ジェネリック医薬品も含めてプロペシアのほうが安価です。それぞれの有効成分の働きによってザガーロのほうがAGAに期待できるとされていますが、ご自身の体質などによっては医師からプロペシアを薦められる可能性もあります。継続するにあたり価格や副作用への不安があれば、医師に相談してから服用するかを決めましょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤