リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018/09/29
更新日:2018/09/28

男性型脱毛症(AGA)の治療薬を徹底紹介!


男性は年齢を重ねるにつれて、頭頂部や額の左右の髪が少なくなり、頭皮が目立ってくることがあります。この症状は、1200万人を超える男性が悩んでいる男性型脱毛症です。しかし、薬を使って治療することで改善は可能です。ここでは男性型脱毛症の症状や治療薬、薬以外の治療法についてご紹介します。

男性型脱毛症(AGA)ってなに?

男性型脱毛症(AGA)が起こるメカニズム

髪の毛は生えてきてから太くなった後に抜けるというサイクルを行っています。男性型脱毛症の場合は髪の毛が太くならずに途中で抜けてしまう傾向にあります。髪の毛が十分育つことができずに抜けてしまう原因は、男性ホルモンのテストステロンといれています。テストステロンが酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変化すると髪の毛の成長を阻害する働きがあるといわれているためです。

また遺伝によって男性型脱毛症になる可能性は、実際のところはっきりとわかっていません。一説によると、女性のX染色体に因子を持っているという説があり、母親側の親族に男性型脱毛症の人がいれば自分も薄毛になるという可能性はこのような理由から考えられるのです。

男性型脱毛症(AGA)に効果が期待できる治療薬を徹底紹介

内服薬

ザガーロ
カプセルタイプの内服薬であるザガーロはデュタステリドを有効成分として使用しています。こちらは2015年9月に政府に認められ2016年6月に発売された薬です。テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する働きを抑えることで、男性型脱毛症の進行を止めます。

効果の高さから、これまで内服薬として主流であったプロペシアからザガーロへ切り替える人も多いようです。もちろん、ザガーロには副作用の可能性もあります。副作用には、勃起不全や性欲減退のほかにも、乳房障害やうつ病などがあります。服用中に異常が見られた場合は、使用を中止して医師に相談することが大切です。人によってザガーロとプロペシアのどちらが合うかは異なるため、しっかりと見極めて使うことが求められます。

プロペシア

錠剤タイプの内服薬で、有効成分としてフィナステリドを使用しています。こちらはザガーロより前に登場した男性型脱毛症の治療薬です。デュタステリドと同じように男性ホルモンテストステロンがジヒドロテストステロンへ変換され薄毛の原因がつくられることを防ぎます。

また、プロペシアにも副作用の可能性があります。肝機能障害や過敏症だけでなく、勃起機能不全や射精障害、精液量減少もあります。この内服薬は病院でのみ処方することが可能で、市販品は販売していません。そのため薬をもらうには、病院に受診して処方してもらうことが必要です。

外用薬

男性型脱毛症は内服薬と合わせて外用薬を使うことも重要です。外用薬は主にミノキシジルが配合された薬を使います。頭皮に直接噴射して毛母細胞を活性化することにより、発毛を促進する方法です。

外用薬は内服薬とは違ってドラッグストアなどでも購入することができます。ミノキシジルの配合された医薬品の場合は、薬剤師の指導を受けてから購入をします。ミノキシジル配合の外用薬はリアップやスカルプDメディカルミノキ5といった商品名の製品もあります。本格的に男性型脱毛症を治療したい場合は内服薬と併用することが望ましいです。

男性型脱毛症(AGA)の薬以外の治療方法を紹介

育毛メソセラピー

頭皮に有効成分であるグロースファクターを直接注入する方法です。頭皮につけるよりも成分が浸透しやすくなっています。グロースファクターは細胞再生因子とも呼ばれ、新陳代謝の低下を防いで薄毛を改善する方法となっています。育毛メソセラピーは月1~2回の治療を3~6ヶ月ほど続けると効果的です。

ハーグ療法

育毛メソセラピーのように頭皮へ直接成分を注入する方法です。こちらは幹細胞を元にしてつくられたグロースファクターによってハーグパウダーをつくり、それを頭皮へ直接注入します。幹細胞とは分裂することで自分と同じ力を持つ細胞です。また、自分と違う能力を持つ細胞に分かれる力も持っています。ハーグ療法は1回あたり20分ほどの施術で、育毛メソセラピーのように月に1~2回の治療が必要になります。

植毛

植毛とは無毛部分に自分の髪の毛を移植する方法です。内服薬や外用薬を1年間使い続けても効果がない時はこちらの方法が効果的だとされています。植毛は既に細胞が死んでしまい髪の毛が生えてこなくなったところにも移植して生やすことができるため、幅広い状態に対応できる方法です。

男性型脱毛症(AGA)は進行型。治療薬で早めの対策を。

男性ホルモンの影響で髪の毛が通常のサイクルよりも短期間で抜けてしまう状態が、男性型脱毛の特徴です。治療方法は内服薬のほかに外用薬を併用する方法があります。内服薬は病院で処方を受けることが必要です。ほかにも育毛メソセラピーやハーグ療法、植毛などの治療法がありますが、まずは病院で薬による治療が望ましいとされています。

男性型脱毛症は放っておいても改善や完治することがありません。できるだけ早いうちに治療薬を使うことで、対策することが可能です。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤