リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2017年10月26日

育毛剤と発毛剤の違いって何?効果や選び方特集

育毛剤と発毛剤のどちらも毛髪の悩みを抱えている人なら一度は必ず耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、これらの呼び方には1文字しか違いがないことから、全く同じものであると誤解している人もいるかもしれません。あるいは名前を聞いたことはあっても知識としてはよく知らないという人もいるでしょう。そこで育毛剤と発毛剤はそれぞれどんな効果や特徴を持つものなのか、2つの違いとしては何があるのかについて解説します。

#育毛剤と発毛剤との違いを知っているの?
育毛剤と発毛剤は似ているようで全く異なるものですが、どれだけの人がこの事実を明確に理解しているものなのでしょうか。髪の悩みを抱える男性を対象に、2つの違いを理解しているかどうかについて訊いてみました。

【質問】
育毛剤と発毛剤の違いをご存じですか?

【回答数】
はい : 84
いいえ : 68

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年07月21日~2017年07月28日
有効回答数:152サンプル

##過半数は知っている!髪に悩んでいれば勉強するもの?

育毛剤と発毛剤の違いを理解していると答えたのは152人中84人でした。

・育毛剤は今ある髪を丈夫にする。発毛剤は髪を生やす。(30代/男性/経営者)
・AGAのクリニックでその違いについて詳しく説明してもらったことがあるからです。(20代/男性/パート・アルバイト)

多くの人は育毛剤と発毛剤の違いを明確に答えていました。違いを知ったきっかけとしてAGAのクリニックで学んだと答えている人もいるように、髪の毛についての悩みを抱えていると2つの違いを知る機会も必然的に得られるといえそうです。

・よくわかっていません。ただ髪の毛があるうちに使うのが育毛剤だと思っています。(50代/男性/正社員)
・薄毛に悩みを抱えてはいるが、まだ育毛剤や発毛剤を使う段階ではないと思っているので、触れる機会がない。(20代/男性/正社員)

152人中68人はよくわからないと答えています。髪の悩みを抱えていたとしても、まだ育毛剤や発毛剤を使うほどの段階ではない場合は明確には理解しないままにしておいてしまうものなのかもしれません。

アンケートの結果、育毛剤と発毛剤の違いを理解している人のほうが多かったものの、よくわからないと答えた人も少なくないことがわかりました。2つの違いについて勉強したり、実際に使ってみたりといった機会がない限りはよくわからないままになってしまう可能性はあるといえそうです。

#育毛剤の効果って何?発毛剤とは何が違う?
育毛剤は現段階で生えている毛髪の成長を促すためのものです。主に抜け毛や薄毛の予防策として使われます。よくある誤解として育毛剤には発毛効果があるものだと思い込んでいる人もいますが、発毛促進のための効果なので育毛剤を使ったら毛が生えるという事態にはまずなり得ません。血流を促進したり、毛母細胞へのはたらきかけをしたりといったことは可能ですが、あくまでもそこまでの効果です。発毛剤のように治療としての発毛促進は行えませんので間違えないように注意しましょう。
治療薬ではないうえに新たな髪を生やすこともできないとなると効果は低いと感じるかもしれませんが、抜け毛や薄毛の予防策としては十分な効果を発揮します。育毛剤の効果を得たいのなら、予防やケアのために使うようにしてください。
詳しくは、育毛剤で毛が生える?その効果について徹底調査!をご参照ください。

#育毛剤の副作用って何?危険性はどのくらい?
発毛剤ほどではないにしろ、育毛剤の使用においても副作用に見舞われるリスクがないとは限りません。効果が強力というわけではないので危険性が低いのは確かです。しかし、絶対に起こらないわけではないので、万が一のために備えておいたほうが賢明といえるでしょう。
育毛剤の副作用として代表的なのは、頭皮へのダメージです。軽いものではかゆみ、さらに深刻になると湿疹やただれ、フケなどが挙げられます。配合されている成分によってはめまいや頭痛などの体調不良を招くような副作用を引き起こすこともあるので注意です。このようなリスクを回避するためにできるだけ安全性に優れた育毛剤選びを心がけてみてください。使用しているうちに異常が生じたら、いったん中止して皮膚科クリニックで相談してみましょう。
詳しくは、育毛剤の副作用とは?リスク回避のための使い方をご参照ください。

#発毛剤のおすすめといえば?効果が期待できるのは?
発毛剤には大きく分けて外用薬と内服薬がありますが、外用薬としておすすめしたいのはリアップシリーズの発毛剤です。ミノキシジルという有効成分が配合されている日本で唯一認可されている発毛剤ですし、それだけ効果の高さにも期待が持てるのは間違いありません。内服薬として効果が高いものには同様の有効成分であるミノキシジルタブレットがありますが、効果が強すぎるので副作用を招きやすいおそれがあります。もともとミノキシジルは高血圧の治療薬だったこともあり、血圧の経過に注意を払う必要もあります。発毛剤を使うのが初めてということなら内服薬として歴史の深さと信頼性に長けているプロペシアがおすすめです。どの発毛剤を選ぶにしても、用法用量を守ったうえで安全に利用しましょう。
詳しくは、どれを使うか迷ったら!育毛剤の選び方完全マニュアルをご参照ください。

#発毛剤の効果って何?そもそも本当に効果はあるの?
発毛剤は生えて来なくなった髪の毛を新たに生えさせるための医薬品です。毛母細胞にはたらきかけることで活性化を促し、新たな髪の毛をつくります。AGAのような壮年性脱毛症に悩まされている場合には有効的な手段です。厚生労働省から認可を受けている発毛剤だけではなく、発毛促進剤の使用も検討してみるといいかもしれません。発毛促進剤の場合は、発毛剤のように効果を発揮するメカニズムが科学的に立証されているわけではないです。しかし、発毛剤と同じように毛母細胞へとはたらきかけて活性化を促すという仕組みは同じです。発毛剤と発毛促進剤の大きな差はミノキシジルという発毛成分が配合されているかどうかですが、効果があるかどうかを試してみたいのなら使ってみる価値はあるでしょう。
詳しくは、育毛剤は医薬品?医薬部外品?両者の違いをきちんと知ろうをご参照ください。

#育毛剤の選び方のコツ!おすすめの特徴は?
育毛剤の選び方のポイントは主に4つあります。1つは脱毛の原因に応じて選ぶこと、2つ目は肌との相性を考えること、3つ目は継続できるかどうかを考えること、そして4つ目は口コミやネットで評判をチェックすることです。この4つの選び方を踏まえつつ、自分に合った育毛剤を選べば、満足できるものを見つけるのはそう難しくはありません。もちろん自分自身の希望も大切な要素ではありますが、効果や安全性を配慮した育毛剤選びをおすすめします。4つのポイントを踏まえて選んでみても、どうにも納得がいかない場合にはもう一度選び直してみるのも1つの手段です。このときに自分がどんな育毛剤を求めているのかを改めてはっきりとさせておくことも重要となります。
詳しくは、使用前に知っておきたい発毛剤の効果とは?をご参照ください。

#発毛剤の副作用って何がある?危険って本当なの?
発毛剤は育毛剤よりも効果が高い分、同じく副作用を招くリスクも高めだと考えられています。それでも頻繁に起こるわけではありませんが、使用する有効成分によってどんな副作用を招くのかは異なるので注意しておくといいでしょう。外用薬としての発毛剤の場合、軽いものでは頭皮のかゆみやかぶれといった症状がみられます。深刻化すれば、血圧の低下や不整脈や動悸・息切れ、発汗などが起こる可能性もあります。他にもめまいや頭痛のような体調不良に見舞われることもあるので注意が必要です。フィナステリドの場合は発疹や蕁麻疹、カルプロニウム塩化物は一過性の発汗といった全く違う副作用が起こるので使用の前にきちんと把握しておくことをおすすめします。副作用を招くことのないように発毛剤は使用上の注意を守って使うようにしてください。
詳しくは、知らないと怖い?発毛剤を使用する際の副作用とは?をご参照ください。

#医薬品と医薬部外品の違いって?育毛剤の場合は?
薬局には数多くの医薬品や医薬部外品が並んでいますが、錠剤や粉薬に限らず、育毛剤においても同じように分類されます。医薬品は治療を目的としたもの、医薬部外品は衛生管理や予防を目的としているので、育毛剤の場合は後者に分類されるのが一般的です。成分によっては稀に化粧品として扱われることもありますが、基本的には医薬部外品となります。医薬品となるのは育毛剤ではなく、発毛剤です。きちんとした治療をして脱毛症を改善したいのなら医薬品の発毛剤を、脱毛や抜け毛の予防のためなら医薬部外品の育毛剤を選ぶようにしましょう。もちろん、医薬品だから効果がある、医薬部外品だから劣っているということは一概にはいえないので、あくまでも参考程度に留めておくことをおすすめします。
詳しくは、種類豊富!おすすめの発毛剤を一挙に紹介します!をご参照ください。

#育毛剤の特徴!男性用と女性用の違いって?
育毛剤には男性用と女性用があります。中には男女兼用のタイプも販売されてはいますが、基本的には男女別に分けられているので、自分の性別に応じたものを選ぶのが一般的です。なぜ男性用と女性用に分かれているかというと、男性と女性の頭皮環境の違いが大きな要因だといえるでしょう。男性の場合、女性よりも頭皮の皮脂量が多いですから、そのことを踏まえて配合された男性向け育毛剤のほうが効果を発揮できます。男性が女性用の育毛剤を使ってはいけないということはありませんが、育毛剤の目的や有効成分が異なるようなら思うような効果を得ることは難しいです。逆に、女性が男性用の育毛剤を使うと刺激が強くて炎症を起こしてしまう可能性があります。そのようなリスクを避けるためにも、きちんと自分に合った育毛剤を使うようにしましょう。
詳しくは、一緒に使っちゃダメ?育毛剤で男性用と女性用がある理由をご参照ください。

#育毛剤は髪を育てる!発毛剤は髪を生やす!
育毛剤と発毛剤の大きな違いは持っている役割です。育毛剤は今生えている毛髪を育てたり、ケアしたりするのが主なのに対し、発毛剤は生えなくなってしまった髪の毛を再生させることを目的としています。発毛剤は治療するための医薬品に分類されますから効果が高いのは確かですが、その分だけ副作用になりやすいというリスクもあるのが特徴です。一概に発毛剤のほうがいいとはいえないですし、目的によってもどちらを選ぶべきなのかは分かれてしまいます。だからこそ、頭皮や毛髪の状態に合わせて最適だと思うほうを選ぶようにしてみてください。