リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018/09/29
更新日:2018/09/28

コスパで選ぶ?効果で選ぶ?市販のおすすめ男性・女性用育毛剤


自分で薄毛をどうにかしたいと、育毛剤を探している人もいるかと思います。近ごろは、市販の育毛剤もバリエーションが豊富になってきて、選択肢も増えました。それでは、そんな数ある選択肢の中、どのような育毛剤を選べばよいのでしょう。おすすめを男女別に紹介します。

市販の育毛剤の効果を引き出す選び方とは?

口コミで人気の高い市販の育毛剤、ランキング上位の育毛剤、いろいろ試してみたものの今いち効果が実感できないとお悩みの人もいるのではないでしょうか。

育毛剤を使い始めてそれほど時間が経っていないという場合もありますが、効果を得られないのは育毛剤の選び方が間違っているからかもしれません。市販の育毛剤で効果を引き出すための選び方のポイント2つを紹介します。

自分の薄毛タイプに合うものを選ぶ

“薄毛”とひとくくりにしがちですが、薄毛にもタイプがあります。たとえば、男性ホルモンが関係しているAGA女性ホルモンが関係しているびまん性脱毛症皮脂の過剰分泌が関係している脂漏性脱毛症など、薄毛のタイプや原因はさまざまです。

市販の育毛剤には有効成分が配合されていますが、有効成分はすべての薄毛のタイプに効果的に働きかけるわけではありません。自分の薄毛タイプに対して、市販の育毛剤の有効成分があまり効果のないものだと、ずっと使い続けても一向に効果が現れないという状況になってしまいます。

市販の育毛剤の効果をうまく引き出すには、まず自分の薄毛タイプに合った育毛剤選びが重要です。たとえばAGAなら原因物質の生成を阻害するのは医薬品に限られるので、それ以外でサポートできる血行を促進してくれる有効成分、脂漏性脱毛症なら皮脂の過剰分泌を抑えてくれるような有効成分を含んだものが望ましいです。

合わせて、過去に染髪剤などで炎症があったなど、頭皮トラブルを起こしたことがあるなら、アルコールを極力含まないものなど、できるだけ刺激の少ない育毛剤を選ぶようにしましょう。

継続できる価格帯のものを選ぶ

育毛剤は、ヘアサイクルなどの影響、育毛剤自体の効果が緩やかなことから、少なくとも半年は継続使用しないと、効果が現れたかどうかわかりません。だからこそ、育毛剤との長い付き合いを考えると、継続できる価格帯のものを選ぶのがベストです。

1、2カ月でやめてしまったら、せっかく贅沢な成分を配合した高い育毛剤でも意味がありません。できれば1本7,000円程度を目安に、自分が続けていける範囲の育毛剤を選ぶようにしましょう。

市販の育毛剤と養毛剤は何が違うの?

市販の育毛剤を探していると、「養毛剤」という言葉が出てくることがあります。毛を育む、毛を養う、どちらも同じような気もしますが、まったくの別物です。育毛剤と養毛剤、何がどう違うのでしょうか。商品の位置づけ、効果、2つの観点から比較していきます。

育毛剤は医薬部外品で、養毛剤は化粧品

まず、育毛剤と養毛剤で違うのが商品の分類です。育毛剤は、医薬部外品という分類にあたります。医薬部外品とは、医薬品ではない商品で、厚生労働省に効果が認められた成分が一定数配合されている商品のこと。医薬品ではないため、薬剤師による説明は必要なく、使用者が説明書や注意書きを確認すれば、基本的に安全が保証されている商品です。

一方、養毛剤は医薬部外品ではなく、化粧品に分類されます。化粧品は、特段の薬効が認められていないため、医薬部外品のように効果があるようにパッケージ等に記載することができません。

それぞれの効果の違い

育毛剤と養毛剤では商品の分類が違うと紹介しましたが、分類が違うために効果も変わってきます。どちらがより育毛の効果が期待できるかというと、医薬部外品である育毛剤です。

なぜなら、厚生労働省が効果を認めた成分が医薬部外品の範囲内で含まれているため。そのため、養毛剤よりは積極的な効果を期待できます。育毛剤に発毛の効果はありませんが、たとえばヘアサイクルを整えて頭皮の環境を良くしたり、頭皮の健康状態を良くすることで脱毛を防いだりする効果などが期待できるでしょう。

一方、養毛剤で認められるのは医薬部外品よりも緩やかな効果です。頭皮をきれいにしたり、フケや乾燥を抑えたりするなど、髪や頭皮をきれいに保つ効果が期待できます。

関連記事:育毛剤と養毛剤って何が違う?薄毛に悩む方の疑問にお答え!

市販の育毛剤と育毛トニックは何が違うの?

育毛剤に似た商品としてもう1つあげられるのが、CMなどでもよく登場する育毛トニック。育毛剤と養毛剤の違いを先に紹介しましたが、実は市販の育毛剤と育毛トニックも違います。育毛トニックとはどのような商品か、育毛剤との違いをみていきましょう。

育毛トニックは化粧品だが、薬用は医薬部外品

育毛剤と育毛トニックでまず違うのが、水分量です。育毛トニックは、50~70%と配合成分の大部分が水やアルコールで占められています。また、育毛剤が医薬部外品なのに対して、育毛トニックは基本的に化粧品という部分も異なる部分でしょう。

ただし、薬用育毛トニックに関しては、医薬部外品になるため、すべての育毛トニックは化粧品に分類されるわけではありません。一部の薬用育毛トニックについては、一定の効果が認められています。
 

それぞれの効果の違い

育毛剤と育毛トニックの商品分類の違いを紹介してきましたが、どのように選ぶのが適切なのでしょうか。

まず育毛トニックは、一部医薬部外品もありますが、基本的に頭皮のフケやかゆみを抑えたいなど軽度なトラブルに向いています。頭皮の健康を維持する効果が期待できるので、将来の抜け毛を防ぎたい人におすすめです。

似た商品にヘアトニックもありますが、こちらはもっと効果が緩やかで、リーズナブルな価格で頭皮をさっぱり清潔にしたい人に向いています。

次に育毛剤ですが、すべて医薬部外品で育毛トニックよりも効果が期待できるということで、頭皮の環境を整えて進行している抜け毛を抑えたい人におすすめです。つまり、育毛トニックは抜け毛の予防、育毛剤は現在進行している抜け毛をこれ以上抜けないようにするために使う商品だということになります。

関連記事:育毛剤と育毛トニックって何が違う?違いを知って正しい薄毛対策を!

市販で買えるおすすめ育毛剤

育毛剤

ここまで、育毛剤と育毛剤と似ている商品の違いを紹介してきました。自分に合った育毛剤はどのように探せばよいのでしょう。市販でおすすめの育毛剤を4つ紹介します。

ブブカ

ブブカ(BUBUKA)の特徴は、有効成分のM-034を含んでいること。M-034は昆布などの海藻から抽出された成分で、血行を良くし、髪を太く健康にする効果が期待できます。天然物から生まれた天然成分なのもブブカのポイントです。

さらに、M-034に加え46にも上る有効成分を配合。アルコールもほぼ含まれていないため、頭皮への刺激も抑えられています。頭皮に優しい、天然にこだわった育毛剤です。

ただし、天然成分を使っているだけに、これまで天然成分でトラブルを起こしたことがある人は要注意。天然成分=刺激が少ないというわけではなく、人によって頭皮トラブルの原因になることがあります。

イクオス

イクオスは、海藻からとれるM-034とペルベチアカナリクラタエキスを凝縮させたAlgas-2(アルガスツー)が特徴的な育毛剤。天然無添加育毛剤とうたわれるだけあって、合成界面活性剤などあらゆる肌に刺激を与えやすい成分を除去しています。

しかも、会社調べによると3カ月以内に78%が育毛効果を実感しているというほど、育毛のスピードにも効果が期待できる育毛剤です。

成分にはこだわりのあるイクオスですが、ブブカ同様、天然成分をメインにしているということで、人によっては合わないこともあります。

ポリピュアEX

バイオポリリン酸という、独自研究による酵母エキスを含んだ薬用育毛剤です。海洋酵母をベースにしたバイオポリリン酸は、頭皮にしっかりアプローチできるように、人工的にナノ化されています。髪や頭皮に重要な、アミノ酸やミネラルなどを効率良く与えることが可能です。

さらに、ニンジンエキスやセンブリエキスのような有効成分も同時に配合。頭皮環境を整え、元気で太い髪をよみがえらせるのに役立ちます。

パラベンフリー、香料不使用など成分へのこだわりはみられますが、一点注意したいのが、アルコールが含まれていること。これまで消毒液など、アルコールでトラブルを起こしたことがある人は、ポリピュアEXが合わない可能性があります。

アデノゲン

アデノゲンは、化粧品大手、資生堂のブランド。男性用育毛剤には、「薬用アデノゲンEX」、「薬用スカルプトニックアデノゲン」があります。どちらも、薬用とついているように、医薬部外品の商品です。

共通するのは、有効成分として薬用成分アデノシンが配合されていること。アデノシンは、ミノキシジルの発毛のしくみにかかわる分子です。ミノキシジルには及びませんが、毛乳頭に作用して、健康な毛を育む効果が期待できます。

なお、ミノキシジルとアデノシン、よく勘違いされる部分ですが、発毛に効果がみられるのはミノキシジルなので注意しましょう。

関連記事:2018年版いまおすすめの育毛剤・発毛剤3選
     おすすめ育毛剤は?男性向けを徹底比較!育毛剤の特徴や金額もご紹介
     厳選!薬局で購入できる育毛剤5選【2018年版】
     2018年後半に注目の育毛剤を勝手にランキング!

コスパが良いおすすめの市販育毛剤

育毛剤の効果を引き出すには、継続して使用していくことが大切です。続けて使用していける育毛剤には何があるか。コスパの良い市販の育毛剤を3つ紹介します。

チャップアップ

チャップアップ(CHAP UP)は、都度購入でも7,500円前後で購入できる育毛剤です。定期購入なら4,000円前後の値段になるため、無理なく続けることができます。

しかも、リーズナブルな価格設定に加え、確かな有効成分が配合されているのがチャップアップの魅力です。頭皮環境を整えるセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCIに加え、多くの植物由来成分を配合しています。

パラベン、シリコン、石油系界面活性剤フリーなど添加物をできるだけ取り除いた優しい成分配合も特徴。もともとは専用のクリニックで扱われていた育毛剤だったこともあり安定感があります。ただし、天然成分やアルコールに反応しやすい人は注意が必要です。

モウガ

2,000円前後で購入できる育毛剤です。特徴は、配合されている生薬。ニンジンエキス、センブリエキス、ショウキョウチンキが有効成分として含まれています。期待できるのは、頭皮をやわらかくし、血行を促進し、さらに毛包細胞の増殖を促すことによる、育毛効果。

細くやせ細った髪を、太くてしっかりとした髪へ導くような成分配合が特徴です。ただし、防腐剤や香料はフリーであるものの、エタノールが含まれています。アレルギーテストは実施されていますが、人によって刺激になることもあるため注意しましょう。

薬用加美乃素 ミネラルヘア育毛剤

ヘアケアを取り扱っている老舗から出ている育毛剤です。3,000円程度という手軽に購入しやすい値段が魅力。亜鉛不足による脱毛に注目し、亜鉛を中心とした成分配合になっています。さらに、女性ホルモンであるエチニルエストラジオールなどの有効成分を配合。さらっとした使用感もおすすめする理由です。

ただし、アルコールが含まれているため、アルコールに弱い場合、頭皮トラブルを起こす可能性があります。

関連記事:安いけど効果はある?おすすめの安い育毛剤3選
     厳選!薬局で購入できる育毛剤5選【2018年版】
     2018年後半に注目の育毛剤を勝手にランキング!

女性におすすめの市販育毛剤

アデノゲン グレイシィ

大手化粧品メーカー資生堂のアデノゲンブランドから、女性のために開発された育毛剤です。ピンクメタリックのボトル入りで、見た目には育毛剤とわからない設計も嬉しいポイント。

男性用の育毛剤同様、アデノシンが配合されていることはもちろん、和漢エキスやメントールなどの有効成分も含んでいます。べたつかず、さっと使える使用感も特徴です。ただし、爽快感にもなっている、メントールやエタノールは、人によって頭皮トラブルを引き起こすので注意しましょう。

DHC薬用美髪根エッセンス

頭皮環境を整える、桑根周皮エキス、サクラ葉エキス、ビワ葉エキスの3つの和漢エキスを配合。さらに、男性ホルモンの働きを抑えるグリチルリチン酸ジカリウムも配合されており、男性ホルモンを原因とした薄毛に効果が期待できます。

さらに、育毛効果だけでなく、健康で美しい髪に導く効果が期待できるのも嬉しいです。天然のアロマティックローズの香りで、癒されながらケアできるので、香りも気になる女性にぴったり。ただし、香料やアルコールを含んでいるため、人によっては頭皮トラブルが発生します。

モウガL エクストラ

モウガと同じ、バスクリンの育毛剤です。モウガのベースにもなっているニンジンエキス、センブリエキス、ショウキョウチンキの3つの生薬が含まれています。男性ホルモンを原因とした薄毛を根本から改善する効果が期待できる育毛剤です。

頭皮トラブルであるフケ、かゆみのほか、産後の脱毛にも期待できます。ただし、エタノールが含まれているため、エタノールによる頭皮トラブルには注意しましょう。

関連記事:育毛剤は女性でも買える!?市販の女性育毛剤を厳選紹介!
     資生堂の女性向け育毛剤「アデノゲン グレイシィ」って効果はあるの?

市販の育毛剤は成分全般に注意して選ぼう!

市販の育毛剤を選ぶとき、有効成分はどんなものがあるか気にする部分だと思います。しかし、有効成分以外のその他の成分もしっかり確認していますか?エタノールやアルコール、香料など、人によってはトラブルを引き起こす成分もあります。自分にとって問題ない成分配合か確認した上で、自分の薄毛に有効な育毛剤を選びましょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤