リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2017年10月26日

使用前に知っておきたい発毛剤の効果とは?


発毛剤といえば、発毛させるための医薬品であることは大体の人なら気づけるでしょうが、具体的な効果について説明することは可能でしょうか?発毛剤を使用したことがない人にとっては、どのような発毛効果が期待できるのか検討もつかないかもしれません。そもそも発毛剤とはどういった薬剤を指すのか、そして何のために使用するものなのかといった基本的な部分から押さえていきましょう。発毛剤の役割を使用前にしっかりと理解し、きちんとした効果を発揮させてください。

#毛が生えてくるから薬?発毛剤って何?
発毛剤はその名の通り、発毛させるための薬剤ですが、既に発症している脱毛症の進行を抑えるという役割もあります。育毛剤と同様に育毛効果という側面もありますが、抜け毛や薄毛の予防効果は持ち合わせていません。脱毛していないのに使用や服用をしたとしても、予防にはならないので注意しましょう。また、発毛剤は基本的には医薬品に該当しますが、育毛剤は医薬部外品に分類されます。さらにいえば、ミノキシジルなどの発毛効果のある成分が含まれているかどうかが発毛剤かどうかの分かれ目です。AGA治療のための一般的な内服薬以上の高い発毛効果を持ちますから、医薬品でない限りはミノキシジルが含有されていることはまずありません。日本国内で唯一の発毛剤であるリアップシリーズはすべてこのミノキシジルが含有されていますから覚えておくといいでしょう。
ミノキシジルは発毛剤に含まれるためだけのものというわけではなく、タブレットタイプの内服薬もあります。成分的にはどちらも同じですから効果や副作用も基本的には同じです。血行を促進し、発毛を促してくれるので、ミノキシジルが含有されていることで確かな発毛効果を得ることができます。

#発毛剤とは違う?発毛促進剤とは?
発毛剤と似ている名前の商品として発毛促進剤がありますが、これらも厳密には異なるものとして分類できます。発毛促進剤の役割は、発毛剤と同じく後退してしまった部分に髪の毛を生えさせたり、薄毛を改善させたりするのが特徴です。ただ、発毛促進剤は有効成分のメカニズムや発毛との関係性について科学的に証明することができないため、厚生労働省の認可が下りません。
どちらも毛母細胞にはたらきかけて活性化させ、新しい髪の毛を生えさせるのが目的ではあります。しかし、発毛促進剤は科学的な立証が行えないがゆえに育毛剤と発毛剤の間を取ったような発毛促進剤と呼称されているのです。このようなケースは1つや2つではありません。しかし、認可を受けていないだけで研究では発毛効果が確認されているものがほとんどで、発毛剤と遜色のない効果が期待きるものもあります。別の見方をすれば、毛母細胞のはたらきかけに特化した育毛剤としても説明できるでしょう。厚生労働省から認可されていないということは医薬部外品であるため、ミノキシジルが配合されている必要はありません。ここが発毛剤と発毛促進剤の大きな違いだといえるでしょう。

#発毛剤や発毛促進剤って本当に効果ある?

発毛剤と発毛促進剤はどちらも新しく髪の毛をつくりだすための薬剤ではありますが、どれだけの効果が期待できるものなのか疑問に思うかもしれません。実際のところ、本当に効果があると思うかどうかについてアンケートを取ってみました。

【質問】
医薬品である発毛剤や発毛促進薬は本当に効果があると思いますか?

【回答数】
思う : 110
思わない : 31

調査地域:全国
調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年07月21日~2017年07月28日
有効回答数:141サンプル

##効果の期待への声が大きい!発毛剤は医薬品だからこそ?

効果があると回答していた人は141人中110人で、大多数を占める結果となりました。

・医薬品なのである程度の効果はあると思います。(30代/男性/正社員)
・万人に効くわけではないけど、効き目はあると思います。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)
・個人差はあると思いますが、効き目があることは間違いないと思います。(30代/男性/派遣社員)

第一に医薬品だから効果は期待できると考える人が目立っています。医薬部外品か医薬品かというだけでも効果の違いはあるといえそうですね。効き目はあるだろうと思ってはいても、個人差があることを懸念している人も少なくありませんでした。

・実際に使ってみて効果を感じたことが無い。(30代/男性/正社員)
・個人差はあるとは思うが、私自身、いくつか使ってみたが、効果を感じられなかった。(50代/男性/公務員)

発毛剤や発毛促進剤を使ってみたところ、効果を感じられなかったという経験者が多いようです。自分で実感しないことにはなかなか効果があるとは思えないのかもしれません。また、こちらの意見でも効くかどうかは個人差があると思うという回答が複数ありました。

調査の結果を見る限りでは、発毛剤は医薬品だからという理由から効果があるだろうと感じている人が主なようです。ただ、両者の回答を見ると、効果があるかどうかは個人差があると思うという意見がどちらにも複数あることもわかりました。発毛効果を得られるかは、商品の品質の問題というよりは体質や症状の進行度合などによって左右されるものなのかもしれませんね。

#発毛剤や発毛促進剤の作用とは
発毛剤も発毛促進剤も毛のもとである毛母細胞へはたらきかけをし、活性化させることで新たな髪の毛を生み出すのが基本的なメカニズムです。毛細血管を拡張させることにより毛母細胞をうまく刺激すれば、そのまま発毛を促進させることができます。発毛剤の場合は配合成分であるミノキシジルがこの役割を担いますが、発毛促進剤の場合はミノキシジルの代わりとなるような成分を使ったり、上手く調合したりしているのが特徴です。発毛促進以外の効果としては商品や配合成分による差もありますが、主に育毛効果、脱毛進行の予防を目的としている点は同じになります。細かな部分として髪の毛に潤いを与えたり、頭皮のかゆみやフケを改善させたりといった効果が期待できるものも多いです。
発毛促進剤は毛母細胞の活性化や血管拡張だけではなく、他にも発毛へのアプローチとしてさまざまな要素を取り入れています。代表的といえるのは、保湿や抗菌、角質の溶解などが挙げられるでしょう。頭皮の状態を健やかに保つことで、発毛しやすい環境を整えるというのが、発毛促進剤における一般的なスタイルです。

#まとめ
発毛剤はミノキシジルという発毛成分が配合された医薬品であり、高い発毛促進効果を有しています。似たような商品として発毛促進剤がありますが、こちらは厚生労働省からの認可は得ていないのが特徴です。なぜ発毛効果があるのかを科学的に証明できないために、発毛剤の分類からは外れてしまっています。ただし、発毛促進剤は発毛剤と遜色のない高い発毛効果があるのも確かです。これらの違いを踏まえたうえで発毛剤や発毛促進剤を活用していきましょう。
詳しくは、育毛剤と発毛剤の違いって何?効果や選び方特集をご参照ください。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤