リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

60代男性でも育毛剤の効果はでるのか?おすすめの育毛剤を紹介


60代を迎えてから「なんだか髪質が変わった」「髪のボリュームがなくなった」と感じる方も少なくないのではないしょうか?
今までは髪に自信があったのに、60代になってから急に髪が減ってきたという声も聞こえてきます。
ここでは60代男性の髪の特徴を捉え、実際の育毛剤事情についてご紹介していきます。

60代男性でも育毛剤を使用することで育毛は可能か

髪はその人の印象を左右する大切なパーツのひとつであり、変化が目に見えやすい部分でもあります。
少しずつ元気がなくなってきた髪を見ると、育毛剤を意識し始める方も多いのではないでしょうか?
実は育毛剤には多くの種類があり、抜け毛や薄毛の症状によって適した育毛剤も変わってきます。
同様に、頭皮に優しい育毛剤や60代という年齢に適した育毛剤もあります。
60代ならではの薄毛の特徴を知り、今の年齢や特徴にあった育毛剤と上手に付き合っていくことで、よりよい効果が期待できます。
「もっと前から使用していたら…」と思わず、今から始めていきましょう。

60代男性の薄毛の特徴

ツヤ・コシがなくなる

薄毛の特徴のひとつに「ツヤやコシがなくなる」と言われています。
健康な髪を維持するためには、毛細血管から様々な栄養素が酸素とともに、頭皮にある毛母細胞に供給しれなければなりません。
しかし加齢とともに、血中コレステロールが蓄積したり、新陳代謝が悪くなったりと、髪に十分な栄養が行き届かなくなり、次第にハリとツヤが失われていきます。

髪が細くなる

60代になり、以前より毛髪の1本1本が細く弱々しく感じる方も多いのではないでしょうか?
髪が太く成長するためには、発毛サイクルのうち「成長期」をいかに長くするかが重要になります。
年齢を重ねる毎に周期が短くなり、成長が止まる「休止期」が長くなってしまうことで、髪の毛が徐々に細くなってしまいます。

髪が少なくなり、地肌が見える

頭皮の地肌が見えてしまう原因は、髪の量が少ないこと、髪の1本1本が細いことが挙げられます。
地肌が見えてくるようになると、徐々に印象も変わってくるため、自分自身でも薄毛を感じることが多くなります。

60代男性の薄毛の原因

加齢とともに薄毛を実感する方が増えています。
では、なぜ年齢を重ねることで、毛髪の変化がおこるのでしょうか?
ここでは60代男性の薄毛の原因について、ご紹介していきます。

男性ホルモンの減少

男性ホルモン(テストステロン)の分泌は20歳代をピークに、加齢とともに衰えていきます。
通常は徐々に衰えますので、変化はあまり感じないのですが、退職や家族・環境の変化などにより、突然テストステロンの分泌が急激に減り、男性更年期の症状が現れることがあります。
この更年期症状で発毛サイクルが乱れ、十分に毛髪が成長を遂げられず、薄毛の原因になってしまう場合があります。

基礎体力の低下

加齢に伴い、活動量や筋肉量も減り、基礎体力も低下します。
基礎体力が減ることで影響してくるのが基礎代謝です。基礎代謝が悪くなることで、毛髪に栄養分が届きにくくなり、髪を健康に育てることができず、抜け毛が増加し薄毛の原因につながるとも考えられています。
加齢とともに睡眠時間も短くなったり、食事量が減ったりすることも、基礎体力・基礎代謝の低下につながっています。

血行不良

近年の研究では、加齢とともに毛細血管の数が減ることが指摘されています。
その数は20歳をピークに60歳以上では20歳の時の約60パーセントにまで減少するといわれています。
加齢に伴い、毛細血管の数が減っていくことや、筋肉量が減って熱を産生できなくなることから血行不良となり、基礎代謝や毛髪への栄養素の運搬に影響を与えている可能性があります。

60代男性に合う育毛剤の選び方

加齢に伴う変化を止めることは難しいのですが、育毛剤を選ぶ際に、加齢による変化を意識した選び方をしていくことが可能です。
ここでは、60代男性に合う育毛剤の選び方を考えていきましょう。
加齢に伴い発毛サイクルが短くなるため、AGA(男性型抜毛症)と同じく、発毛サイクルを整える効果がある育毛剤がおすすめです。
例えばセンブリエキスには血行促進作用があるため、毛根に栄養分や酸素を届け、髪を健康的で太く成長することが期待できます。
また、60代の薄毛対策で重要なのは、保湿力の高い成分が配合されていることです。
年齢を重ねることで、皮膚から水分が失われやすく、頭皮も乾燥しやすくなります。
頭皮環境の悪化は抜け毛の要因になるため、頭皮を保湿し、肌のバリア機能を整えることを心がけましょう。
保湿力の高い成分としては、ヒアルロン酸やオタネニンジンエキスなどがあります。
添加物が多く配合された発毛・育毛剤は、刺激が強く、頭皮環境を悪化させる要因にもなるため、できるだけ無添加で天然成分が豊富に配合された発毛・育毛剤を選択するようにすると良いでしょう。
また、発毛・育毛効果がある成分には、副作用が見られるものや一部の薬との併用が難しいものなどもあります。
年齢が高くなると、副作用の出現も高くなることがありますので、できるだけ副作用の少ないものを選ぶことも、継続して使用していくためには大切です。

60代男性の育毛に効果のある成分

ここでは、育毛剤に使用される成分についてご紹介していきます。

酢酸トコフェロール(トコフェロール酢酸エステル)

人工的に作られた合成ビタミンEの一種です。
ビタミンEには、肌の酸化を防ぎ、末梢血管の血行を促進させる効果があります。
そのため、頭皮に対しても抗酸化作用と血行促進作用が期待できます。油に溶ける性質を持つため、化粧品やベビーオイルなど幅広く使われています。

カルプロニウム塩化物

カルプロニウム塩化物のもつ血管拡張作用を利用し、血流を助け、育毛をサポートすることが期待できます。
内服と外用の2タイプがあり、薄毛対策に使用する場合は外用として、育毛剤に配合し患部に直接塗布する方法が一般的です。

タマサキツヅラフジアルカロイド

血管の拡張作用があり、頭皮の毛細血管を開いて血流量を増やし、栄養を毛根まで運ぶことが期待できます。
頭皮の柔軟性を保つ働きもあり、毛髪が育ちやすい環境づくりをしています。
タマサキツヅラフジアルカロイドは、医療機関では「セファラチン」として飲み薬で処方されるのが一般的です。

60代でもしっかりケアをすることで育毛可能

60代は加齢に伴う変化を感じる時期でもあり、退職をされたり孫が生まれたりと家族や社会の中でも立場の変化があり、ストレスも増えやすい時期です。加齢もストレスも頭皮に影響を与えます。
発毛・育毛剤にはさまざまな種類がありますので、年齢に合わせたものを選んでいくようにしましょう。
頭皮の血行を良くするものや、頭皮への刺激が少なく保湿効果が高いものがおすすめです。
ケアをきちんとおこない、心も体も毛髪も元気に過ごしていきましょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤