リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

育毛剤で肌荒れは起こる?使用後に肌が荒れた場合などについて


抜け毛の予防や育毛、また、発毛促進への期待などから用いられる育毛剤。
使っている方からすれば、一番気になるのはその効果ですが、併せて使用する際に起こる可能性がある肌のトラブルについても知っておくことが大切です。
ここでは、育毛剤と肌荒れについて、その原因や対処法など、「安全に育毛剤を使うためのポイント」についてご紹介いたします。

育毛剤使用によるおもな肌荒れの症状は?

育毛剤を使うことで生じる可能性があるお肌の症状といえば、主なものとして接触皮膚炎という湿疹性の炎症反応が挙げられます。
これは一般に「かぶれ」と呼ばれている皮膚の病気ですが、育毛剤に限ったものではありません。

「接触」という言葉からも見てとれるとおり、要するに私たちの体(皮ふ)に触れるものであれば、パーマ液やシャンプー、石鹸、洗剤、化粧水といったものから、飲食物、金属、革、ゴム、ビニール、虫、光線ほか、さまざまなものが原因になりえます。

こうしたなかで、育毛剤を含めた、毛染め剤やコールドパーマ液、薬用歯磨きほか医薬部外品が直に皮ふに触れることで生じる皮膚炎については、総称として「化粧品関連接触皮膚炎」、あるいは化粧品皮膚炎と略して呼ばれています。

症状としては、原因が接触した部位に小さな水疱や紅斑(こうはん、赤み)、丘疹(きゅうしん、ぶつぶつ)などの湿疹が多く発生します。
患部に赤みが出ることが多く、強いかゆみや患部の境界がはっきりしている点も特徴となります。

育毛剤で肌荒れが起こる理由とは?

皮ふに触れた化学物質が原因で起こる接触皮膚炎(かぶれ)は、大きく以下のように、刺激によるものと、アレルギーによるものに分類されます。

刺激性接触皮膚炎

化学物質が触れた部分の皮ふの細胞膜や代謝が障害され、皮ふ組織を傷めることで症状が現れます。
刺激の原因となる化学物質の濃度が濃い状態で皮ふに付くと、誰にでも、初めてでも症状が出る可能性があります。

アレルギー性接触皮膚炎

皮ふから吸収された化学物質が、「その人の体に合わない(アレルゲン)」と体が判断した場合に症状が現れます。
合わないものを排除しようとする体の仕組みによるもので、誰にでも起こるものではなく、その物質にアレルギーをもった特定の人にのみ起こります。

※このほか化学物質に触れた部分の皮ふに光(光線)が当たることで初めて症状が出る光接触皮膚炎があります。

かぶれ、肌荒れの原因となる化学物質は、濃度や個々人のもつアレルギーによることから、特定のものに限定されるわけではありません。
また、育毛剤による皮膚トラブルの場合、いずれのケースも考えられますが、一般的には刺激性接触皮膚炎が多いといわれています。

肌荒れしづらい育毛剤の選び方

育毛剤など医薬部外品を使うことで生じる可能性のある接触皮膚炎。
前述の通り、その原因は化学物質なので、基本的に使われている化学物質が少ないほど、肌への刺激は低いと考えられます。

実際、「低刺激」「敏感肌・乾燥肌の方へ」などと銘打たれた商品の多くは、無香料・無着色(無色素)であるとか、殺菌剤や防腐剤、安定剤といった添加物を使っていない、アルコールが入っていない(あるいは少ない)など、肌に影響を与える可能性がある化学物質を使用していない(あるいは少ない)という点をアピールしています。

有効成分も化学物質のひとつであることから、育毛剤の化学物質をゼロにすることは不可能といえますが、肌荒れしづらいという点から考えた場合、含まれている化学物質が少ない製品のほうが、よりリスクが低いといえるでしょう。

頭皮の荒れが酷いままだとどうなる?

頭皮が荒れているなど頭皮環境が悪い状態は早急に改善するべきです。
かぶれの状態がひどかったり、かき壊して滲出液(しんしゅつえき)が出ているようであれば、早急に皮膚科などの専門医への受診をおすすめします。

ただ、そこまで症状が深刻でない、ややかゆみがある状態や、フケが出るといった程度の場合、「まあいいか」と流してしまう人も案外少なくないのではないでしょうか?
しかし、安易な自己判断は禁物。
それは病気の症状が現れている可能性があるからです。

フケやかゆみを伴う頭皮トラブルでは、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)などの疾患が原因になっているケースがあります。
頭皮の不調に対し、放置したり、インターネットなどの情報を不用意に試したりすることで、症状の悪化、ひいては抜け毛を増やしてしまう危険性もあります。
いつまでも治らない、少しよくなっても再度繰り返すというような場合は、すみやかに皮膚科などの専門医に相談をしましょう。

体質によって合う、合わないがある

先に「2. 育毛剤で肌荒れが起こる理由とは?」で、育毛剤による肌荒れなどは、特定の化学物質(アレルゲン)にアレルギーをもつ人が、それを含む製品を使うことで生じるケースがあることは述べましたが、では原因となる化学物質は何でしょうか?
実はこれは、人によって全く異なります。Aという化学物質で湿疹が出る人もいれば、なんともない人もいます。

どの化学物質が自分にとってのアレルゲンになるかは、医療機関でパッチテストなどを行わない限りわかりません(行ってもはっきりしないこともあります)。
そこで重要なのは、新たに育毛剤を使い始めてから頭皮に違和感を感じるようであれば、その原因について考えるよりも、まずは使用をやめることが第一です。
状態によっては皮膚科などの専門医に相談するのもいいでしょう。

このほかアレルギーには、日常における生活上の変化や体の調子、さらには季節、気候などあらゆる条件がかかわってくるので、これら諸々の素因を見直してみることも大切でしょう。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤