リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!

リグロEX5とは?新しい男性用発毛剤の気になる情報を紹介


日本で唯一、発毛・育毛効果が認められている「ミノキシジル」。
大正製薬の「リアップ」が、1999年の発売以来、その市場を独占していました。
その特許切れに伴い、2018年秋より、大正製薬以外の企業からミノキシジル配合の発毛・育毛外用薬が続々と発売されています。
選択肢が増えた分、どれを選ぶか悩みますよね。
リアップとは何が違うのでしょうか?今回は、ロート製薬から新発売された「リグロEX5」について解説します。

リグロEX5とは?

リグロEX5は、壮年性脱毛症に有効なミノキシジルを成分とする、大正製薬の「リアップ」の後発医薬品のひとつです。
リグロEX5はミノキシジル5%を配合し、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」の効能・効果で、2018年11月にロート製薬が製造販売を開始しました。

有効成分のミノキシジルは、頭皮用ローションにする技術が難しい物質です。
後発医薬品とは言え、製剤技術に関する特許は大正製薬において継続中のため、リグロEX5には、リアップとは異なる製剤技術が盛り込まれています。

リグロEX5は、1日2回、1回1mLを毎日継続して使用することで発毛・育毛効果が期待できます。
使用量を計量しなくても、容器を逆さまにして柔らかいノズルヘッドを頭皮にとんとんするだけで、適切な使用量が塗布される容器設計です。
また、仕事や旅行にも持ち運びしやすいコンパクトな容器も特徴です。

リグロEX5にはどんな配合成分があるのか?

ミノキシジルは発毛・育毛効果が認められたものの、頭皮に塗る薬にするためには、大変な苦労がありました。
それは、ミノキシジルは、水やエタノールに溶けにくく低温になると結晶になって出てきてしまうこと、さらに時間が経つと色がついてしまうことです。頭皮に付けて時間がたったら白く薬が髪の毛についているなんて困りますよね。
頭皮につけるローション剤にするために配合されているリグロEX5の配合成分を説明します。

ミノキシジル(リグロEX5の有効成分)

リグロEX5は、ミノキシジルが5%の濃度で含まれています。
これは、2018年4月現在、国内で既に承認されているミノキシジル外用製剤のうち、最大濃度です。
リアップ5Xプラスおよび他の後発品も、5%含有していますが、リアップにはミノキシジル1%の製剤もあります。

エタノール、1.3ブチレングリコール(ローション剤の基剤、ミノキシジルが溶けやすい)

エタノールと1.3ブチレングリコールは、リグロEX5をはじめ、リアップや他の後発品すべてに共通して配合されています。
それぞれの配合量は明らかにされていませんが、エタノールと1.3ブチレングリコールを配合することにより、ミノキシジルによく溶けるようになるため、結晶が出なくなり、また時間の経過による着色も起こりません。
また、1.3ブチレングリコールにより、エタノールが揮発する際の乾燥する感覚も抑えられます。

プロピレングリコール(ローション剤の基剤、ミノキシジルが溶けやすい)

ミノキシジルはプロピレングリコールにも良く溶け、リグロEX5および他の後発品すべてに共通して配合されています。
プロピレングリコールやエタノールは、ミノキシジルを皮膚から吸収しやすくするメリットがあります。

メディカルミノキ5には、プロピレングリコールの代わりにグリセリンが配合されていて、より保湿性を高めた設計になっています。

リアップ5Xプラスには、プロピレングリコールの代わりに、抗酸化剤のジブチルヒドロキシトルエンが配合されています。
ミノキシジルの溶解性を高めてローション剤として使用するための最初の発明です。
一部、接触皮膚炎の報告などもありますが、大規模なデータでは陰性です。

酒石酸(pH調整剤)

ミノキシジルの溶解性などの安定性を守るためには、外用液のpHが重要です。
そのpHを調節するために、リグロEX5他後発品すべてに共通して配合されています。
同様の目的で、リアップとメディカルミノキ5にはリン酸が配合されています。

リグロEX5の発毛効果

リグロEX5の効能・効果は、「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」で、20歳以上の成人男性が適応となっています。
発毛・育毛効果を説明する前に、まず、壮年性脱毛症とは、どのような疾患なのか知っておきましょう。
また、どのぐらい使用すれば効果が期待できるかについてもご紹介します。

壮年性脱毛症とは

髪の毛には一定の寿命があり、発毛と脱毛を繰り返すヘアサイクルのため、髪の毛の本数はある程度定まっています。
壮年性脱毛症は、成長期、退行期、休止期からなるヘアサイクルが繰り返す過程で、成長期が短くなり、髪の毛の成長を司る毛包の成長期間が短縮し、休止期に留まる毛包が多くなり小さくなることで、髪の毛の軟毛化や短くなるのが特徴です。

壮年性脱毛症の診断

家族歴や脱毛の経過、額の生え際が後退して、おでこと頭頂部の髪の毛が細く短くなっていることで診断されます。
その他、ダーモスコピーなど光源の付いた拡大鏡で頭皮や毛髪の状態を診ることでも確認されます。

リグロEX5の発毛・育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防効果

リグロEX5の有効成分であるミノキシジル5%製剤について、大正製薬がリアップ開発時に行った臨床試験結果によると、使用12週間後で4割以上の方が発毛効果を実感し、52週終了時では9割以上が発毛効果を実感していると回答しています。
1㎝2における毛髪の増加数は、4週間後では1.4本、8週間後では19.0本、24週終了時には21.8本増加したと回答しています。

この結果から、効果が分かるまでに少なくとも4ヵ月は毎日使用することをお勧めします。
ただし、効果の現れ方や毛髪の成長には個人差がありますので、6ヵ月間を目安に効果が現れないと感じた場合には、壮年性脱毛症ではない可能性もありますので、医師または薬剤師に相談してください。

リグロEX5の使用感

匂い

リグロEX5には香料は含まれていませんが、配合成分のエタノールなどの匂いを感じることがあります。

使用感・べたつき

配合されている1.3.ブチレンクリコールとプロピレングリコールは、多価アルコールの中でもグリセリンと比較してべたつきが少ないのが特徴で、化粧品の保湿剤としても良く使われています。
そのため、使用感としてはすべりがよく適度にさらっとしていると感じる方が多いでしょう。

女性もリグロEX5は使用可能?

リグロEX5は20歳以上の成人男性が対象で、女性に対する有効性や安全性は確認されていません。
そのため、女性の薄毛には使用することはできません。

女性型脱毛症には

女性型脱毛症の特徴は、頭頂部を中心として髪の毛が減ったり細くなったりします。
しかし軟毛化やおでこが後退するようなことは少ないといわれています。
閉経後になる方が多いのですが、最近では40歳以降の若い方でも起こることがあります。
慢性的な休止期の脱毛、膠原病や慢性甲状腺炎などの疾患が原因の脱毛、貧血や急激なダイエット、その他の消耗性疾患による脱毛は除外されます。

ガイドラインによると、臨床試験において女性型脱毛症には、1%ミノキシジルの外用が強く勧められていますが、リグロEX5は5%製剤のため使用することはできません。

リグロEX5が購入できる場所は?

リグロEX5は「第1類医薬品」に分類されます。そのため、薬剤師のいる薬局、ドラッグストア、Amazonやロート製薬の通販サイトからインターネット通販で購入できます。
購入にあたって薬剤師から使用上の注意など情報提供を受ける必要があります。薬剤師不在の場合は購入することができないので、注意しましょう。

効果がでているという報告は多方面から

リアップの後発薬品の解禁に伴い、リグロEX5をはじめとしたミノキシジル外用薬のテレビCMや広告などを目にするようになりました。
いずれも、対象を若い世代にも拡大し、若いタレントを起用するなど、今まで使用をためらっていた20代~30代の関心も強めています。
若い世代でも薄毛に悩んでいる方は多いものの、シャンプーなどに留まっていたのが現状です。

壮年性脱毛症も、早期から対処する方が回復が早いことがわかっています。
そのため、特に20代~30代の方では、リグロEX5の効果を実感される方が多いようです。
また、さらっとした使用感により、朝に塗布してもべたつきが少なく、継続することができる要因でもあります。
発売からまだ数ヵ月ですが、さまざまなサイトを見ると既に効果を実感しているという内容もみかけます。
若い方から年配の方まで、薄毛に悩む方の救世主として、非常に注目が高まっています。

こちらの記事もおすすめ


育毛剤の副作用について詳しく知ろう!

育毛剤に効果は期待できるのか?育毛・発毛成分を徹底紹介!

スカルプDスカルプジェットの効果は?低価格で長く続けられる育毛剤