リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2017年12月6日

成長を続けるフィンジア!その効果とは?

フィンジアはヘアケアメーカーと研究と実績を積み上げて成長してきた育毛剤です。主成分のキャピキシルとピディオキシジル、そしてカプサイシンの作用により頭皮環境を整えて育毛を促進させる効果が期待されています。また、フィンジアといえば、独自のSPEテクノロジーが注目されるところです。ここでは、フィンジアの効果と副作用、そして正しい使い方を見ていきましょう。

#フィンジアで得られる効果とは?フィンジアの有効成分と効果を確認!
フィンジアの主な成分として挙げられるのがキャピキシル・ピディオキシジル・カプサイシンの3つです。キャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスは、脱毛を防ぐ働きをする成分です。脱毛を促す男性ホルモンのジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する効果があるとされています。また、細胞復元作用があるのがアセチルテトラペプチド-3で、これは髪の毛の成長因子でもあるため、この成分の働きによりフィンジアの育毛促進効果が高まるといえるでしょう。
ピディオキシジルは育毛を目的に開発された成分で、副作用リスクが非常に少ないとされています。その主な効果のひとつに、血管を広げて血流を促すことが挙げられます。血流が滞りなく流れるようになれば頭皮環境は正常化され、髪の毛が成長しやすくなります。また、ピディオキシジルは毛母細胞を活発にさせて発毛促進効果を高める働きがある成分です。髪の毛の元になる毛母細胞の分裂が活性化することで髪の毛が生成されるため、ピディオキシジルは健康で太い髪の毛をつくるのに深く関わっています。さらに毛母細胞を活性化させる効果もあるとされているのも興味深いところではないでしょうか。休止状態になってしまった毛母細胞は細胞分裂が行われないため髪の毛を生成できませんが、ピディオキシジルに含まれる有効成分が毛母細胞に働きかけて活動を活発化させるといわれています。
フィンジアに含まれるカプサイシンは、唐辛子の辛み成分で、食欲増進効果や疲労回復効果がありますが、頭皮の柔軟化や血行改善の効果もある成分です。唐辛子を食べた際の汗をかくのも血行が良くなっているからで、血行改善により髪の毛の生育に必要な栄養素をしっかりと頭皮に送り届けられる可能性が高まります。そして、頭皮の柔軟化はフィンジア独自のSPEテクノロジーが関わっています。カプサイシンが持つ頭皮を柔軟にさせる作用で頭皮を柔らかくして、ほかの成分が浸透しやすい環境をつくります。そうすることで毛髪成分が浸透して薄毛や抜け毛の原因に働きかけてくれます。最後にフィンジアのキャピキシルとピディオキシジルをはじめとした毛髪成分が頭皮を活性化させるという流れです。
詳しくは、人気育毛剤フィンジアの効果と効果的な使い方とは?をご参照ください。

#副作用は大丈夫?フィンジアで起こりうる副作用とは?
育毛剤を使用する際は副作用が心配されるところですが、できれば副作用とは無縁の育毛活動をしたいところですよね。フィンジアに含まれる成分は、副作用のリスクが少ないとされるものが中心で、頭皮に刺激を与える成分は基本的に含まれていません。フィンジアの主要成分のひとつであるキャピキシルに含まれるのは、アカツメクサの花から抽出されるアカツメクサ花エキスとアミノ酸で構成されるアセチルテトラペプチド-3です。このように、キャピキシルは植物とアミノ酸で構成されることから、副作用について心配しすぎる必要性はないでしょう。個人差により何らかの症状が現れる可能性は否定できませんが、副作用が出たとしても軽微なものだと考えられます。フィンジアに含まれるもうひとつの主要成分がピディオキシジルです。別名をミノキシジル誘導体といいますが、この成分の副作用はどうなのでしょうか。ピディオキシジルは低刺激の育毛成分といわれていて、まつげ美容液に使われていたという経緯もあります。まつげに使う成分ということは、目に入るリスクがあるため副作用リスクは小さいものでなければならないはずです。ということは、ピディオキシジルの副作用はあまり心配しなくてもいいといえるのではないでしょうか。また、カプサイシンは唐辛子に含まれる成分ですから、通常通りの摂取であれば何ら問題はないでしょう。過度に食べすぎた場合には体に異常が出ることは考えられますが、育毛剤として使用しているぶんには心配する必要性はなさそうです。
一方で、フィンジアに含まれているほかの有効成分の場合は少し事情が変わってきます。植物由来の成分はアレルギーなどもあるため、使用する人によって副作用リスクの大きさが異なります。ですから、まずは配合成分のチェックをして、思い当たるアレルギーがないか確認しましょう。また、購入後はパッチテストをすることで安全度が高まります。実際に使用する前に、自分でできる対策を確実に実行することをおすすめします。
詳しくは、育毛剤フィンジアには副作用がある?あるとしたらどんな症状?をご参照ください。

#フィンジアの正しい使い方!育毛を効率よく進めよう!
フィンジアを使って育毛効果を高めるには、正しい使い方をマスターすることが欠かせません。フィンジアの正しい使い方は、まず頭皮環境が衛生的であることが大前提です。シャンプーをする前に頭皮に付着しているホコリや汚れをブラシである程度落としておくのが最初の段階です。次に、お湯だけで予洗いをしながら頭皮マッサージをしていきましょう。そうすることで、汚れが落ち、頭皮を柔らかくすることが可能となり、シャンプーを使ったときに皮脂汚れを落としやすくなります。予洗いが終了したら、シャンプーを適量手に取って泡立たせて髪の毛全体にのせていきます。髪の毛を洗う際は、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗うのがコツです。最後にしっかりとすすぎをしたら育毛剤を使うための準備は終了です。
次にフィンジアを頭皮に塗布していきますが、フィンジアは基本的に1日2回、朝と晩に使い、使用する分量は1回あたり5プッシュ~10プッシュが目安になります。これは髪の毛の長さなどによって個人差があるので、使っていくなかで調整しましょう。頭皮全体に薬剤が行き渡ったら、爪を立てずに指の腹でマッサージして揉み込んでいきます。マッサージが終わったあとで、頭皮や髪の毛の水分が気になる場合はドライヤーで乾かしてください。このような使い方でフィンジアを継続使用すれば、徐々に効果が現れると考えられます。一方で使い方によっては効果が半減してしまうおそれもあります。それが、使用頻度を守らなかったり使用量を守らなかったりすることです。メーカーが推奨しているのは1日2回ですが、それを1日1回や隔日にしてしまったのでは得られるはずの効果も得られないでしょう。また、使用量を減らすのも効果を半減させる原因になります。できるだけ節約しながら使いたいなどの想いから、使用量を少なくしてしまう人もいるかもしれませんが、それはおすすめできない行為です。本来の効果を副作用のおそれなく最短で得るためには、メーカーが推奨している使い方で継続するのがおすすめです。
詳しくは、フィンジアの正しい使い方!育毛に悩んでいる人必見です!をご参照ください。

#つけすぎると逆効果!用量を守って育毛剤を使っていますか?
育毛剤は正しい使い方が大事だといわれていますが、さまざまな理由で用量を守らない人もいるようです。そこで、育毛剤をメーカーが勧めている通りに使っているのか、使用者にアンケートでうかがってみました。

【質問】
使い方や用量を守って育毛剤を使っていますか?

【回答結果】
はい : 115
いいえ : 50

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
調査期間:2017年08月30日~2017年09月06日
有効回答数:165サンプル

##「もったいない」気持ちは育毛効果を妨げるかも
アンケートの結果、半数以上の人は使用方法について正しく守っていることがわかりました。

・用量が多すぎたら副作用や経済面で不安だし、用量が少なければ効果がなさそうだから。(40代/男性/正社員)
・使用方法や用量を守ることで最大限に効果を発揮すると感じるので守っています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

使用方法を守らないことにはデメリットがある、きちんと使用方法を守るのが得策という考えがうかがえます。では、使用法を守っていない人はどのような理由からなのでしょうか。

・本当はもっと多くプッシュしなきゃいけないタイプだけど、もったいなくて使えない(30代/女性/正社員)

育毛剤は決してお安い買い物とはいえないだけに、このように考えるのも致し方ないところではないでしょうか。

アンケートの回答からは、概ね使用方法を守ることが大事だと感じていることがわかりましたが、なかには節約して使いたい人もいました。育毛剤を節約して決められた分量以下で使うのは効果を得にくくなる可能性がありますし、逆につけすぎると副作用が強く出てしまうおそれもあります。せっかく育毛剤を使うのですから、きちんとした結果を得るためにも正しい使い方をおすすめします。

#フィンジアで育毛効果を実感しよう!
フィンジアはキャピキシルとピディオキシジル、カプサイシンの3つの主成分に加えて、10種類の毛髪成分で薄毛や抜け毛にアプローチする育毛剤です。どの成分も肌にやさしいものだけに、副作用のリスクを抑えながら使用できます。ただし、副作用のリスクを知識として蓄え、万が一のための対策をねっておくことが大事です。有効成分の効果を実感するためにも、実際に使用する際は正しい使い方で使用するようにしましょう。