リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018年1月10日

科学の進歩が作り出した!育毛ポリピュアの配合成分とは?

育毛剤は世界ではエジプトで紀元前1500年前から、日本国内では江戸時代からあったといわれるようにその歴史はとても古いです。その後、研究開発を重ねてきたなかで、新しい成分の発見や開発などにより育毛剤は進化を遂げています。独自開発のバイオポリリン酸が頭皮と髪の毛に有効だとされている育毛剤のポリピュアもそのひとつ。ここでは、育毛剤のポリピュアに含まれる成分を詳しく紹介します。

 

#新しい育毛成分を使いたいと思う?

育毛剤を使うならできるだけ効果が高そうな商品を使いたいと思う人は多いでしょう。特に新しい育毛成分なら効き目がありそうと思う人もいるかもしれません。そこで、新しい育毛成分の育毛剤を使いたいと思うのか、アンケートでうかがってみました。

【質問】

新しい育毛成分の育毛剤を使いたいと思いますか?

 

【回答結果】

思う : 95

思わない : 34

 

調査地域:全国

調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59

調査期間:2017年08月30日~2017年09月06日 有効回答数:129サンプル

 

##新しいものに飛びつきたい!でも副作用も心配…

アンケートの結果、最も多いのは「思う」の95人で、詳細は以下の通りです。

 

・どれが自分にフィットするか試してみないとわからないので、新しいものはどんどん試したい。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)

・新しければ良いと言う訳ではないが、今までにない効果的なものがあるなら使ってみたい(40代/男性/正社員)

 

新しい育毛成分に興味がある人は多く、積極的に使ってみたいと思っているようですが、「新しければいいわけではない」と前置きしている人は少なくありません。何かしらの不安要素を抱えているのかもしれませんね。次に「思わない」と回答した人はどのように考えているのでしょうか。

 

・育毛はかなりデリケートな問題なので、副作用とかあったら怖い。効果がなくて逆に薄毛が進んでしまったらと思うと、これまで使っている商品を継続してしまうと思う。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)

 

副作用のリスクを考えている人は否定的な傾向にあることがわかりました。たしかに、新しい成分は利用者も少なく、本当に副作用がないのか心配する人がいるのも頷けます。

 

アンケートの回答からは、新しいものなら積極的に利用したいという人が多く見られましたが、無条件に飛びつきたいと考える人もいるようです。新しい商品とはいえ、頭皮に直接つけるものだけに慎重に考えたいのかもしれません。

 

#進化する化石ってなに?ポリリン酸とは?

バイオポリリン酸は育毛剤のポリピュアだけに含まれる新開発の独自成分ということでその効果に注目されています。このバイオポリリン酸は、ポリリン酸の研究から生まれたものですから、まずはポリリン酸について知っておきましょう。ポリリン酸の誕生は古く、太古から存在するとされていることから「分子の化石」ともいわれています。その成分は長いあいだ解明されず、何のために存在するのかもよく理解されていませんでした。研究を進めていくなかで薄毛対策に使えると判明してからの歴史は長くなく、実際に解明されていない特徴が多くある成分です。ちなみに、薄毛対策以外には食品添加物として使われていて、名前は聞いたことがなくても私たちの身近に存在しています。

ポリリン酸の研究から17年を経てバイオポリリン酸という酵母エキスが開発されてポリピュアに配合されましたが、ポリピュアの開発者によると今後も研究を重ねていくにしたがってバイオポリリン酸は進化する可能性があるとされています。人間が地球上に登場するずっと前から存在するポリリン酸の研究は、ポリリン酸の歴史から見ればまだ始まったばかりです。バイオポリリン酸とポリピュアの今後も進化することにより、効果的な育毛や脱毛対策ができる可能性は高いといえるでしょう。

 

#バイオポリリン酸以外にもたくさんある有効成分

バイオポリリン酸が開発された6年後にバイオパップスという成分が生まれました。これはバイオポリリン酸と同様に酵母エキスで、毛乳頭に働きかけて抜け毛の抑制に役立ちます。また、ポリピュアには以下の成分も含まれます。

・ニンジンエキス

朝鮮人参や高麗人参から抽出される成分で、血行促進作用や新陳代謝の促進が期待される成分です。頭皮の炎症予防や脱毛予防目的に役立つ成分です。

・センブリエキス

センブリという植物から抽出されるエキスです。漢方薬ではお馴染みの成分で、腹痛や下痢などに効くとして利用されています。頭皮に対しては血流改善の効果、毛根組織の活性化、炎症の予防などが期待されています。

・グリチルリチン酸ジカリウム

別名は甘草エキスで、甘草の茎や根から抽出される成分です。一般的には皮膚炎の治療に使われています。頭皮に使用した場合、主に頭皮環境を適正に保つことが期待され、頭皮の雑菌が増えるのを抑える、痒みを抑える、頭皮の炎症や湿疹を鎮めるなどの作用があります。

・パントテニルエチルエーテル

ビタミンB群の一種で、第三類医薬部外品の原料になる成分で、育毛剤以外に化粧品にも使用されています。保湿作用があるため頭皮に潤いを与え、乾燥によるフケの発生や痒みを抑える働きがあります。また、頭皮細胞を活性化する働きもある成分です。

 

#無添加だから安心して使えるポリピュア

育毛剤を使うなら安心して使える商品であることが大前提という人は多いはず。ポリピュアの特徴にはさまざまありますが、無添加だというのも見逃せない特徴です。化粧品やシャンプー、育毛剤に含まれることが多い石油系界面活性剤やパラベン、香料などのほか、着色料や鉱物油も含まれません。また、肌トラブルを起こす可能性のある旧表示指定成分も含まれていないため安全度の高い育毛剤といえるでしょう。しかし、どんなに有効な成分が含まれているとはいえ、アレルギー体質の人は使用する際に不安がつきまとうもの。この点については、アメリカの第三者機関によりアレルギー試験を行いアレルギー反応が出ていないことを確認しています。開発会社の検査ではなく第三者機関による検査をしている点は安心度が高まる要素です。ただし、必ずアレルギー反応が出ないということではありませんので、特に肌が弱い人は使用する前にパッチテストをするのがおすすめです。また、放射性物質が含まれているおそれについては、こちらも第三者機関による検査を行っています。日本食品分析センターによる検査の結果、放射性物質は検出されていないことが確認されています。このように、ポリピュアは安全に使用できるように配慮された育毛剤といえるでしょう。

 

#まとめ

ポリピュアには独自成分のバイオポリリン酸で他社の育毛剤と差別化しています。研究を重ねて開発されたバイオポリリン酸はこれからも進化する可能性があるといわれ、その進化とともにポリピュアも進化する可能性があります。また、ポリピュアは19種類の有効成分で頭皮にアプローチすることも魅力です。これから育毛剤を使って薄毛対策や抜け毛対策をしたい人は選択肢のひとつとしてポリピュアの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事:ポリピュアで育毛対策!話題のポリピュアを徹底網羅!