リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
育毛剤・発毛剤 2018年2月7日

カロヤンの副作用は?使用上の注意ポイントをしっかり押さえよう

薄毛や抜け毛で悩む人にとって強い味方になってくれるのが育毛剤です。せっかく育毛剤を使用するならできるだけ効果の高そうな育毛剤を使用したいものですよね。とはいえ、気になるのが副作用ではないでしょうか。どんなに効果が高くても副作用が出てしまうようなら使用を中止しなければなりません。今回はカロヤンの副作用について解説します。どんな副作用リスクがあるのか、対策方法は何があるのかなど、使用前の注意点を確認しておきましょう。

 

#怖い副作用… どこまでなら許せる… ?

効果があるとされる薬には、何かしらの副作用があるのが一般的ですが、世間の人はカロヤンの副作用についてどの程度なら我慢できると考えているのか、アンケートで調査してみました。

 

【質問】

発毛促進薬カロヤンの副作用でまだ我慢できそうなのは次のうちどれですか?

 

【回答結果】

全身の発汗 : 58

寒気やふるえ : 31

かゆみや発疹 : 31

 

調査地域:全国

調査対象:【性別】男性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59

調査期間:2017年08月30日~2017年09月06日

有効回答数:120サンプル

 

##副作用は承知の上!我慢の程度は人それぞれ

アンケートの結果、最も多いのが「全身の発汗」と回答した58人、以下「寒気やふるえ」、「かゆみや発疹」が31人で続きました。

 

・かゆいのは嫌。寒気やふるえは不安になる。全部嫌ですが、この中では発汗がマシです。(40代/男性/正社員)

・発汗して大量の汗をかいたら、シャワーを浴びれば良いだけだから。(20代/男性/正社員)

 

ほかの症状は我慢できなくても汗をかく程度なら我慢できるということのようです。たしかに、汗をかいただけなら洗い流せばサッパリできますよね。次に「寒気やふるえ」、「かゆみや発疹」を選んだ人の回答を見ていきましょう。

 

・寒気やふるえは着込んだりすれば防ぎようがあるが、かゆみ・湿疹、全身の発汗は肌にダメージを伴うリスクがあるので。(30代/男性/無職)

・予想できる副作用であり、副作用が出た時点で止めればいいから。(50代/男性/正社員)

 

こちらでも消去法で選んだ人がいました。また、かゆみは予想できるという人もいて、育毛剤の副作用といえばかゆみと考える人は少なくないようです。

 

アンケートの回答では適度に分散する傾向にあり、どの程度の副作用まで我慢できるかは個人差が大きいようです。また、副作用が出るのは嫌でも出て当然という人が多く見られたように、育毛剤には副作用が付き物と考えられているようです。では、カロヤンの副作用について詳しく見ていきましょう。

 

#副作用はしっかり覚えておこう

育毛剤のカロヤンを使用した際の副作用は、できれば避けたいもの。しかし、残念ながら副作用のおそれがあります。カロヤンの副作用として考えられるのは、頭皮に直接現れる症状とその他の症状があります。頭皮に直接現れる可能性があるのは、発疹・発赤、腫れ、かゆみです。使用した部位に直接現れる分だけカロヤンが原因だとわかりやすいでしょう。対処方法は使用を中止して水かぬるま湯で洗います。その他の症状として可能性があるのは、全身の発汗と寒気、ふるえ、顔のほてり、吐き気があります。これらの場合は、すぐにカロヤンが原因だと思いつく場合と思いつかない場合が考えられます。特に思いつかない場合として考えられるのが食事内容です。いつもと違う食事をしたり、魚の刺し身を食べたり、あるいは食べすぎたりした場合にはカロヤンの副作用と同じような症状が出やすいため、冷静に見極める必要があります。また、使用後に部分的な発汗、刺激痛、熱感が出て治まらない、またはどんどん強くなるなどの場合も考えられます。このように、カロヤンは副作用が出るおそれはありますが、購入前に副作用のリスクを押さえておけば対策も取りやすいでしょう。

 

#肌が弱い人はパッチテストを必ず!

カロヤンの副作用リスクを知っていても、副作用は実際に使うまでわからないもの。そこで忘れずにやっておきたいのがパッチテストです。肌が弱いと自覚している人ほど副作用が出る可能性があるためパッチテストは重要です。自覚はないものの、過去に植物でかぶれた経験があったり何らかのアレルギーがあったりする人も確実にパッチテストを行うことをおすすめします。特にカロヤンプログレEX Oには、添加物としてヒドロキシプロピルキトサン液、黄色5号、pH調節剤、エタノールなどが配合されているため注意が必要です。簡単に自宅でできるパッチテストの方法は、カロヤンEX Oを少量だけ二の腕の内側に塗って10円玉の大きさ程度に広げます。そのまま24時間待ってから発疹やかゆみ、腫れなどの有無を確認します。パッチテストを行っている段階で症状が現れたらすぐに中止しましょう。もしも症状が継続するようであれば、医師や薬剤師に相談することが大切です。

このように、副作用のリスクがあるカロヤンEX Oですが、あまり深刻に考える必要性はありません。カロヤンEX Oに配合されている添加物は法律で許可されているものだけで、極端に強い副作用が出るおそれはほぼないでしょう。

 

#もし副作用が出てしまったら?

カロヤンを使用したあとで何らかの副作用が出てしまったら、まずは使用を中止することが基本中の基本です。軽い副作用なら使うのを止めるのとともにおさまるはずです。また、薬剤を洗い流すことも必要ですから、水かぬるま湯で洗い流して様子を見ましょう。様子を見ているなかで具合が悪くなった、症状が悪化したなどの場合は病院で診てもらい、メーカーにも連絡を入れるようにしましょう。このようなケースは誰にでも起こりうることですから、安易に考えずに副作用が出た場合の対処法として認識しておくことをおすすめします。

また、使用する前に副作用のリスクを下げるためにパッチテストを紹介しましたが、事前に医師や薬剤師、登録販売者に相談しておきましょう。なかでも、これまでに化粧品や薬などを使用してアレルギー症状を引き起こした経験のある人や、高齢者、元々体の弱い人などは事前の相談がおすすめです。そのほか、副作用を出さないためには使用場所のルールを守ることも大切です。傷や炎症のある頭皮に使用したり頭皮以外に使用したりした場合は副作用が出るリスクがあるため気をつけましょう。このように、副作用は出てしまってからの対処を知っておくことはもちろん大事ですが、副作用を出さないためにできることを知っておくのも大事です。

 

#まとめ

育毛剤を使用した際の副作用はできるだけ避けたいところですが、誰にでも起こりうるものだけに避けるのは難しいところです。これまでに副作用は全く出た経験がない人でも、突然出る可能性もあります。また、体調が万全でない場合にも出るおそれがありますから、甘く見てはいけません。とはいえ、対処法を覚えたりパッチテストをしたりすれば、副作用のリスクを下げることは可能です。効果の高い育毛剤ほど副作用は出やすいものですし、カロヤンに含まれる添加物などは法律で認められているものですから、過度に心配する必要性はないでしょう。

関連記事:カロヤンってどんな育毛剤?噂のカロヤンを徹底分析!