リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/10/23
更新日:2018/10/22

発毛剤ミノキシジルにはどんな副作用がある?徹底解説します!

発毛剤ミノキシジルにはどんな副作用がある?徹底解説します!

ミノキシジルといえば、発毛剤に含まれている成分です。薄毛対策のために、ミノキシジルが含まれている発毛剤を使うこともあるでしょう。ですが使用する前に、その副作用についても知っておいたほうが良いです。体質や持病によっては使用を避けた方が良い場合もあります。そこで、ミノキシジルの副作用はどのようなものがあるのか、まとめてみました。

副作用を知る前に、まずはミノキシジルの効果をおさらいしましょう。

ミノキシジルの副作用についてお話する前に、まずはミノキシジルがどういった効果を期待できる成分なのか、ということについておさらいしておきましょう。

ミノキシジルに期待できる効果

ミノキシジルはもともと、高血圧治療のために作られた血圧降下剤でした。しかし服用した人に多毛症の副作用が見られたため、育毛剤としての効果も期待されたのです。頭皮への臨床実験が行われ、ミノキシジルは薄毛に効果的だ、ということが分かりました。

ミノキシジルには血管を拡張して血行を良くする作用があります。髪の毛の状態は、血行状態と関係しています。髪の毛には毛根を包んでいる毛包というものがあるのですが、その毛包が血管と繋がっています。血流が良くなると、髪の毛に必要な栄養素がその毛包まで滞りなく運ばれて、発毛が促されるのです。

アデノシンにも発毛効果が期待できる

ミノキシジルには血管拡張作用のほかにも、アデノシンという成分を分泌させて毛乳頭細胞を刺激する、という効果もあります。毛乳頭細胞は毛母細胞と連携して、発毛や脱毛をつかさどっている細胞です。その毛乳頭細胞から分泌される成長因子が、発毛を促します。ミノキシジルによって放たれるアデノシンが、毛乳頭細胞を刺激することで、その成長因子の分泌が促進されるのです。

ミノキシジルにはさまざまな副作用がある

薄毛で悩んでいる人には嬉しい効果が期待されるミノキシジルですが、副作用の心配もあります。もちろん、用量や用法を守ることで副作用のリスクを低くすることができますが、副作用はいつ生じるかわからないものです。ご使用の前に、副作用について知っておくのをおすすめします。

「頭痛、めまい」「臓器への負担、動悸」「血圧の低下」などが、ミノキシジルの使用によって引き起こされる副作用です。ミノキシジルによる影響を、ひとつずつ解説していきます。

頭痛、めまい

ミノキシジルの血管拡張作用によって、血液の流れる量が増えるため、特にミノキシジルを含んでいる塗るタイプの発毛剤を使用する場合、頭部の血流が増進し、頭痛やめまいを引き起こすことがあります。また、頭部に血液が増えるため、頭がぼんやりすることも。ミノキシジルを使用している方のなかで、この副作用が起きるケースは比較的多く、使用していれば慣れる場合もあるようです。

臓器への負担、動悸

ミノキシジルが血管を拡張し、血流を増進させることで、心臓が送る血液の量も多くなります。心臓を過度に働かせるようなものですから、心臓に負担をかけることになり、息切れや動悸の原因となってしまいます。さらに、心臓に負担がかかることで他の臓器にも影響が及ぶかもしれません。

また、ミノキシジルを口から摂取した場合は、吸収される際に肝臓等にも負担をかけてしまう可能性があります。臓器の機能が低下してしまうこともあるので、内臓の弱い人は気を付けたほうがよいでしょう。

血圧の低下

元来ミノキシジルは血圧を下げるために開発された医薬品成分ですから、ミノキシジルを使用すると血圧が下がってしまいます。低血圧の人が使用した場合、血圧が下がりすぎてめまいなどの症状を引き起こしてしまう可能性があります。また、降圧剤を服用している方も、ミノキシジルが血圧を下げてしまう、ということを頭に入れておきましょう。

ミノキシジルを含む発毛剤による副作用は他にもありますが、主なものをご紹介しました。次に発毛剤の摂取形によって生じる副作用も異なりますので、ご紹介していきます。

塗るタイプと経口タイプによって副作用も変わってくる

発毛剤や育毛剤は、頭皮に塗り込むタイプと、口から摂取するタイプの2種類に分かれます。塗るタイプと経口タイプ、それぞれの副作用はどのようなものがあるのか、ご紹介します。

塗るタイプの副作用

塗るタイプは、気になる部分だけに塗り込めるという良い点がありますが、頭皮に塗るということで皮膚に影響が出ます。発毛剤を頭皮に塗ると、肌が拒否反応を示す場合もあり、かゆみを覚えるでしょう。かゆみに耐えられず頭を掻いてしまうと、炎症に繋がってしまうので、肌の弱い人にはおすすめしません。

経口タイプの副作用

塗るタイプの場合、皮膚に浸透しない、ということがあります。浸透しないと発毛の効果が見られないので、経口タイプで効果を期待する、という人もいらっしゃるでしょう。
この経口タイプの場合、多毛症という副作用があります。

塗るタイプのように気になる部分だけに発毛を促す、という事ができず、全身の毛にはたらきかけてしまいます。髪だけでなく、腕や足など、望んでいない部分も毛が濃くなってしまうかもしれません。

ミノキシジルを使うなら、副作用に気を付けましょう

ミノキシジルの副作用についてまとめましたが、いかがでしたか?薄毛に効果を期待できるミノキシジルですが、さまざまな副作用があり、体質的に合わない方もいるでしょう。

頭痛やめまい、臓器への負担や動悸、血圧の低下などのミノキシジルの副作用に加えて、皮膚の炎症や多毛症にもご注意ください。副作用で体の不調を感じたら、使用を控え、医師に相談することをお勧めいたします。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説