リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/10/23
更新日:2018/10/22

リアップの効果は使い方による!?間違った使用方法で損をしないために


リアップはミノキシジルが配合された、日本で唯一の医薬品の育毛剤です。薄毛の改善へ高い効果があるとされる一方で、効果を実感できなかったという声も聞かれます。

しかし、リアップの効果が実感できないケースは使い方に問題があるのかもしれません。

そこで、リアップの誤った使い方と正しい使い方とともに、効果を高めるための使い方を紹介します。

リアップの効果に影響する誤った使い方

リアップの効果に影響を及ぼしかねない誤った使い方のうち、代表的なものをあげていきます。

リアップをつける量や回数が多すぎる

リアップは適量を超える量や回数を塗布しても、増毛の効果は高まりません。適量よりも多くの量をつけたり、頻繁に塗布し過ぎたりしてしまうと、赤みやかゆみ、かぶれ、フケなどといった副作用が起きるリスクが高まります。

髪が濡れた状態でリアップをつける

リアップをつけた後にマッサージして、頭皮に浸透させようとする人がいます。しかし、リアップをつけた後でマッサージすることで、指先などにリアップが付着してしまい、十分な量が頭皮に浸透しなくなってしまうのです。

リアップをつけた後にマッサージする

リアップをつけた後にマッサージして、頭皮に浸透させようとする人がいます。しかし、リアップをつけた後でマッサージすることで、指先などにリアップが付着してしまい、十分な量が頭皮に浸透しなくなってしまうのです。

リアップ公式ページによる正しい使い方の基本

リアップの正しい使い方はホームページで、イラストや動画などを用いて紹介されています。リアップは1日2回の使用で、1回の使用量は1mlです。1mlと言われると少なく感じますが、脱毛している部分の頭皮に塗布するのに十分な量とされています。

「リアップX5プラス」はキャップを外して、容器を逆さにすると1mlの薬剤が自動的に計量室に入っていく仕組みです。容器の先を頭皮に垂直に当て、1cm〜2cm間隔で位置をずらして、トントンと数十回押し当てていきます。

「リアップジェット」は15噴射が1 mlで、15噴射でロックされる仕組みとなっています。どちらも、適量を薬剤に手で触れることなくつけていくのがポイントです。

リアップの効果をより高めるための使い方とは?

 

リアップの効果は頭皮環境にも左右され、毛根が清潔で健康的な状態になっていると浸透力が高まります。では、具体的にどのような使い方をすれば、効果が高まるのか?ホームページに掲載されている「プレリアップシリーズ」の使い方(http://www.taisho.co.jp/riup/preriup/product/#step1)をもとに、効果的なリアップの使い方についてみていきましょう。

プレリアップシリーズは、「プレリアップクレンジング」と「プレリアップスカルプシャンプー」、「プレリアップヘアコンディショナー」、「プレリアップマッサージトニック」の4種類です。

「プレリアップクレンジング」は毛穴の皮脂や汚れを取り除くため、シャンプー前に週2~3回使用するのが推奨されています。毛穴の皮脂や汚れが溜まると、毛根に栄養が行きわたらなくなり、抜け毛や細毛の原因になってしまうのです。頭皮の汚れが気になる人は、「プレリアップクレンジング」の使用を検討してみましょう。

ホームページには、「プレリアップスカルプシャンプー」を使ったシャンプーの仕方が掲載されていますが、ほかのシャンプーを使用するときも洗い方の基本は同じです。まずは予備洗いとして、ぬるま湯で頭皮や髪の汚れを軽く洗い流しておきます。次にシャンプーを手にとり、よく泡立ててから髪につけて、指の腹を使って爪を立てないように洗っていきます。

側頭部を洗うときは指を上下にジグザグに動かしていきますが、後頭部はWの字を書くように左右に指を動かすのがポイントです。最後に流し残しがないように、よくすすぎます。また、シャンプーの後はコンディショナーをつけます。

そして、「プレリアップマッサージトニックEX」でマッサージをした後、頭皮が乾いたらリアップをつけることが推奨されています。マッサージは頭皮の血行の流れをよくし、毛根に栄養を届きやすくするのに効果的です。

最後に、「プレリアップシリーズ」の使い方をもとに、リアップの効果を高める使い方のコツをまとめます。

■週2~3回、クレンジングをして頭皮の毛穴の皮脂や汚れを取り除く。
■シャンプーは予備洗いをした後、指の腹で頭皮をマッサージするように洗う。
■シャンプーをするのは1日1回のため、朝晩のうちいずれかは頭皮が清潔なシャンプーの後とし、頭皮が乾いてからリアップをつける。
■リアップをつけてからマッサージをするのではなく、「プレリアップマッサージトニックEX」などを使ってマッサージをした後にリアップを使用する。

リアップは4カ月間正しい使い方で継続してみよう

リアップの効果が実感できるのは、使用を始めてから4カ月以上経過してからです。

また、リアップは薄毛の原因を根本から治すものではないため、毎日、使用を続けなければ元の状態に戻ってしまいます。ただし、リアップの効果には個人差がありますので、誰でも効果を実感できるものではありません。

正しい使い方でまずは4カ月間使用して、自分の薄毛に効果があるか試してみましょう。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説