リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/10/23
更新日:2018/10/22

ミノキシジルタブレットの使用前に、成分と副作用の確認を!

ミノキシジルタブレットの使用前に、成分と副作用の確認を!

ミノキシジルタブレットとは、経口タイプの発毛剤です。通称「ミノタブ」とも言われています。目にしたことは少ないかもしれません。内服のミノキシジルは日本では認可されていないため一般発売されておらず、一部クリニックでの処方や個人輸入が主な入手方法となっています。使用を検討する前に、ミノキシジルタブレットがどういった人に向いているのか、成分と副作用もご紹介いたします。

ミノキシジルタブレットに期待できる効果を解説!

ミノキシジルタブレットは、その名の通り「ミノキシジル」が主成分の医薬品です。リアップのような塗布タイプの発毛剤に含まれているミノキシジルと同じく、発毛効果が期待できるとされ、海外では一般に販売されているところもあります。

ミノキシジルの二つの作用

血管拡張作用

ミノキシジルは血管を拡張する作用をもっています。血管が拡張されることで、血流が増進し、血行が良くなります。髪の毛の毛根を包んでいる毛包が血管と繋がっており、髪の毛はその血管から栄養素を摂り入れているので、血行が良くなると栄養素が毛包のもとまで運ばれやすくなるのです。

血行を良くすることは、髪の毛が成長しやすい環境を整えることなのです。

発毛の促進

髪の毛の発毛や脱毛をつかさどっている、毛乳頭細胞という細胞があります。

ミノキシジルは「アデノシン」という成分を放出して、その毛乳頭細胞を刺激し、成長因子の分泌を促してくれます。

上記のように、ミノキシジルは2つの作用によって発毛を促進します。ミノキシジルタブレットは頭皮に塗るのではなく、口から摂りこみ、直接体内に吸収されるので、強い発毛効果が期待されています。

ミノキシジルタブレットの既存商品

ミノキシジルタブレットには、実際に販売されている商品は、ロニテンが代表的です。

ミノキシジルが5mg含まれているものと、10mg含まれているものがあり、容量や用法は製品によって変わってくるので、きちんと確認しましょう。ちなみに、内服薬のミノキシジルタブレットは日本において一般発売されていないため、基本的に医師に処方してもらわないと手に入りません。

上記の商品のように、個人輸入で入手することもできますが、個人輸入にはリスクがあります。個人輸入によって入手した製品が偽造品である場合や、健康被害が引き起こされる場合もあるので、安全性を考えると医師に処方してもらうことをおすすめします。ただ、ミノキシジルは外用薬として販売されていることが多いですから、内服薬であるミノキシジルタブレットは副作用が心配ではないでしょうか。

そこで、副作用についても調べてみました。

いろいろあるミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットは経口タイプのため、確実に体内に摂り込むことができます。ですので、塗布タイプよりも高い効果が期待されているのですが、効果が高いぶん副作用のリスクも高まっているのです。どういった副作用があるのか、見ていきましょう。

多毛症

ミノキシジルタブレットを口から摂取すると、体内を巡って毛根に運ばれます。ですが、それは髪の毛の毛根だけでなく、全身の毛根に運ばれてしまいます。そのため、腕や足、胸など、髪の毛ではない部分の毛も濃くなってしまいます。体毛は増えるものの髪の毛は増えなかった、という意見もありますので、注意が必要です。

体毛が濃くなることに抵抗がある人は、髪の毛だけに効果を期待できる塗布タイプの方が良いかもしれません。

血圧が下がり過ぎてしまう

ミノキシジルはもともと降圧剤だったので、血圧を下げる作用があります。低血圧の人や、降圧剤を服用している人は、血圧が下がり過ぎてしまう危険性があるので、ご使用の前に医師へ相談をしましょう。血圧の低下によってめまいや動悸が引き起こされたり、心臓に影響が出たりすることもあるので、心臓が弱い人も注意が必要です。

肝臓に負担がかかる

ミノキシジルタブレットは経口タイプですから、服用すると肝臓で代謝が行われます。そのため、肝臓が活発に働くこととなり、肝臓に負担がかかってしまいます。また、代謝の影響で眠気やだるさを感じることもあります。肝臓が弱い人は、症状が悪化してしまうかもしれないので、気をつけてください。

ちなみに、血圧が下がり過ぎてしまうという副作用は、塗布タイプの発毛剤にも見られます。ただ、多毛症や肝臓への負担は経口タイプであるミノキシジルタブレット特有のものです。

塗布タイプのものを使った方が比較的安全なのではと思われますが、ミノキシジルタブレットを使用することにも良い点はあります。

ミノキシジルタブレットの魅力的な点

ミノキシジルタブレットは、塗布タイプに比べて高い効果が期待できるというほかにも、良い点があります。経口タイプならではの長所を、2つご紹介しましょう。

かゆみなどの頭皮トラブルが出ない

塗布タイプの発毛剤ですと、頭皮に直接塗るので肌に良くありません。肌が弱い人などは、かゆみや発疹に悩まされることとなるかもしれません。ミノキシジルタブレットは口から摂取するので、頭皮への負担はないのです。

また、塗布タイプは髪がべた付いたり、においが強かったりすることがあります。ミノキシジルタブレットのように経口タイプですと、その心配もありません。

頭皮のトラブルに悩んでいる人には、医師への相談と経口タイプの使用を考えてみるのも良いでしょう。

経口タイプのため、効果は期待できる

ミノキシジルタブレットは口から確実に体内に摂り込まれるので、成分が毛根に届きやすいです。

塗布タイプの場合は頭皮に浸透させなければならないので、頭皮が固いなどの理由で成分が浸透しにくいと、効果が期待できません。塗布タイプを使用してみて、効果が見られなかった場合は、経口タイプであるミノキシジルタブレットの使用を検討してみても良いかもしれません。

内服薬であるミノキシジルタブレットの使用は慎重に

経口タイプであるミノキシジルタブレットは、塗布タイプに比べて高い効果が期待できる反面、直接体内に摂り込むので副作用のリスクも高いです。薄毛が軽度の場合は、まず塗布タイプを使用したのち、効果が見られなかったら医師に相談しミノキシジルタブレットを使用すると良いでしょう。ご使用前にもう一度、ご自分の薄毛の状態を確認してから見極めてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説