リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/10/23
更新日:2018/10/22

リアップX5プラスは進化したリアップ?強化された点をご紹介!


薄毛に悩む方なら、リアップX5プラスをご存知でしょうか?

リアップという名称は有名ですので、なんらかの関係がある商品だとおわかりのはず。

実は、リアップに「X5プラス」が付いている「リアップX5プラス」とは、リアップの強化版という位置付けの発毛剤。この記事では、どこが強化されたのかを中心に、薄毛に期待できる効果までお伝えしていきます。

リアップX5プラスとリアップについて改めて解説!

リアップX5プラスは、「進化したリアップ」とうたわれている製品。そもそも「リアップ」というのは、大正製薬から市販されている医薬品で、壮年性脱毛症に効果が期待できる発毛剤です。
ここでは、リアップX5プラスとリアップに配合されている有効成分「ミノキシジル」についてご紹介します。

発毛効果が期待できる有効成分「ミノキシジル」の作用

血管の拡張

ミノキシジルには、血管を拡張させ、血流を増進するという作用が認められています。

髪の毛の成長と血流は関係ないように思えるかもしれませんが、血流が増進し血行が良くなることで、髪の毛の成長に必要な栄養素が毛包まで運ばれやすくなります。

このようにして、髪の毛が成長しやすい頭皮環境を整えることができます。

発毛促進

ミノキシジルの効果は、血管の拡張だけではありません。

ミノキシジルが放出する、「アデノシン」という成分が、発毛を促す作用があるといわれているのです。
メカニズムとしては、アデノシンが髪の毛の発毛や脱毛をつかさどっている毛乳頭細胞を刺激します。

毛乳頭細胞は刺激されると、成長因子を分泌するので、これによっても発毛が促されるという仕組みです。

リアップには、このミノキシジルが含まれているため、発毛効果が期待できます。そしてもちろん、リアップX5プラスにもミノキシジルが含まれています。

では、リアップX5プラスがリアップと何が違うのか、なぜリアップX5プラスが「進化したリアップ」と言われているのか、次の章では、相違点をご紹介します。

リアップX5プラスはリアップよりも効果が期待できる?

リアップX5プラスとリアップがどう違うのか、それをきちんと認識してから、どちらを使用するかじっくり検討したいですよね。そこで、リアップX5プラスがリアップと異なる点をまとめてみました。

リアップX5プラスには、リアップになかった成分が含まれています。まず、リアップの成分から確認していきましょう。
リアップ(100ml)には、以下の成分が含まれています。

・ミノキシジル1g
・プロピレングリコール(添加物)
・エタノール(添加物)

対して、リアップX5プラス(100ml)には以下の成分が含まれています。

・ミノキシジル 5g
・ピリドキシン塩酸塩
・トコフェロール酢酸エステル
・l-メントール

注目すべきポイントは大きく2つあります。それぞれご説明していきましょう。

ミノキシジル含有量がリアップの5倍

リアップX5プラスはリアップに比べて、ミノキシジルの量が増えています。リアップに含まれる1gのミノキシジルではあまり効果を感じなかった、という方は、こちらを試してみても良いかもしれません

ミノキシジル以外にも3つの有効成分を配合

また、リアップX5プラスに含まれているミノキシジル以外の成分も髪や頭皮に嬉しい効果が期待できるんです。それぞれの作用についても説明します。

「ピリドキシン塩酸塩」

ピリドキシン塩酸塩は、ビタミンB6ともいわれる栄養素です。
過酸化物質やふけが発生する原因となる、皮脂の分泌を抑制してくれます。

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に皮脂が詰まってしまい、髪の毛の成長が阻まれることもあるので、頭皮の環境を整えるためにピリドキシン塩酸塩は効果が期待できます。

「トコフェロール酢酸エステル」

トコフェロール酢酸エステルには、抗酸化作用があるといわれています。

かゆみやふけの原因となる過酸化脂質の生成が防がれるため、頭皮が保護される効果も期待できます。頭皮の汚れや炎症、かゆみを抑えてくれるでしょう。

また、人工的に作られているビタミンEの一種なので、血行促進の作用も期待できますよ。

「l-メントール」
l-メントールには抗菌作用があり、ふけやかゆみを抑えられます。くわえて、血管を拡張して血行を良くする作用も期待できます。

リアップに比べると、リアップX5プラスは様々な効果が期待できそうですよね。

リアップX5プラスはリアップとほぼ同様の副作用がある

リアップX5プラスの副作用は、リアップの副作用とほとんど変わりません。

ただし、リアップに比べてミノキシジルの含有量が多いため、人によってはリアップよりも副作用が出やすくなるかもしれません。
どういった副作用があるのか、確認していきましょう。

リアップX5プラスの主な副作用

「かゆみ・炎症・発疹」

リアップX5プラスは頭皮に塗り込むタイプなので、肌が敏感な人は特にかゆみや発疹が起こるかもしれません。かゆみを感じて頭皮をかいてしまうと、皮膚が傷ついて炎症が起きてしまうので、肌が弱い人にはおすすめしません。

また、血管を拡張するという作用も、かゆみの原因になっています。

「頭痛・臓器への負担」

ミノキシジルの血管拡張作用で血流が増えるので、心臓から送り出される血液量も増加します。そのため、ミノキシジルを服用する前と比べて心臓への負担が大きくなり、それによって他の臓器にも影響が及ぶこともあります。

また、血液量が増えることで頭がぼんやりしたり、頭に痛みを覚えたりするかもしれません。

「血圧の低下」

ミノキシジルはもともと、高血圧治療のために作られた降圧剤だったので、血圧を下げる作用があります。そのため、血圧が下がり過ぎてしまうことも。

低血圧の人や降圧剤を服用している人は、リアップX5プラスを使用する前に医師に相談した方が良いでしょう。

これらの副作用は、リアップにも見られます。体質の問題で、ミノキシジルが肌に合わないかもしれないという方は、リアップX5プラスよりもミノキシジルの含有量が少ないリアップを試してみると良いでしょう。

ほてり軽減を目的とした成分を配合

リアップの副作用のなかには、ほてりがありました。リアップX5プラスですと、このほてりは軽減されるんです。その理由は、「l-メントール」にあります。

l-メントールは、すうっと冷えるような爽やかな感覚を得られるのでその効果でしょう。塗布してすぐは、メントールの効果でほてりが軽減されます。

リアップX5プラスの強化点と使用感を確認してみましょう

リアップを使用してみて物足りなさを覚えた人は、ミノキシジル含有量の多いリアップX5プラスを使用してみても良いでしょう。

また、気になる点として「髪のべたつき」や「においの強さ」といった使用感が上げられます。強いにおいが苦手な方にはあまりおすすめできません。ご自身の薄毛の状態を確認の上、リアップX5プラスとリアップのどちらを選ぶかご検討ください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説