リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月9日

ミノキシジルは生え際(M字ハゲ)・前頭部に効果はあるの?


ミノキシジルが薄毛に対して効果があるという声をネットなどで多く見かけることが増えてきました。一方で、「ミノキシジルは生え際に効かないのでは?」と心配している方もいるようです。実際のところはどうなのでしょうか?
ミノキシジルの基本や、内服・外用のタイプ、さらには副作用なども含めてご紹介いたします。

生え際に効くのか?そもそも「ミノキシジル」とはどういうもの?

「ミノキシジル」は本来、高血圧患者のために開発された医薬品です。その副作用として多毛症が認められ、発毛剤への転用が進みました。主な効果は、「発毛」と「抜け毛の進行予防」です。ミノキシジルは毛根部分の血管拡張を促し、発毛・育毛を促進します。

ミノキシジルは、「内服薬」と「外用薬」の2種があり、前者は日本では許可が下りていないため、海外から輸入する必要があります。後者は、薬剤師の指導のもと、薬局などで購入できます。テレ・CMなどでもおなじみのAGA(エージーエー)、つまり男性型脱毛症の方に効果を発揮します。

人間のヘアサイクルは、通常、「成長期」「退行期」「休止期」に分かれ、AGAの人は成長期が短くなっているため、髪が薄くなってしまうのです。ミノキシジルによって、このヘアサイクルを正常に戻し、毛根の成長を促すことで抜け毛を予防し、発毛も期待できます。

さて、それではこのミノキシジルの「内服薬」と「外用薬」とはどのようなものなのでしょうか。

内服薬(ミノタブ)とミノキシジル配合外用薬の違いとは?

ミノキシジルの内服薬は、通称ミノタブとして知られています。日本では未認可なので、クリニックで処方してもらうのが一般的な入手方法です。また個人輸入も可能ですが、偽物の可能性や副作用や適切な用法用量など、使用には個人差があるので医師の指導のもと服用するのがよいでしょう。

外用薬としては海外では「ロゲイン」があります。日本においては大正製薬から出ている「リアップシリーズ」があります。ミノキシジルは医薬品なので副作用についても知っておきたいところです。内服薬、外用薬の主な副作用は次の通りです。

【内服薬】
動悸、めまい、多毛、むくみ、初期脱毛
【外用薬】
かゆみ・かぶれ・ふけ、頭痛、胸の痛み、むくみ、初期脱毛

内服薬、外用薬を問わず、ミノキシジルを使用することで初期脱毛が起こる可能性があります。これは発毛の過程で古い毛が抜け落ちる現象です。そのほかの副作用についてもしっかりと理解し適切な用法用量で使用しましょう。

ミノキシジルは前頭部の生え際(M字ハゲ)に効くの?

ミノキシジルが薄毛に対して効果があるということは、さまざまなところで見聞きしている方が多いと思います。しかし一方で、「頭頂部の薄毛には効果があるけれど、生え際には効かないのでは?」といった不安を持っている人も多くいるようです。
実際はどうなのでしょうか?確かに、生え際やM字ハゲの発毛が難しい理由はあります。

例えば薄毛の原因の一つに血行不良があります。頭頂部に比べて前頭部の生え際やM字部分は毛細血管が少ないため、ミノキシジルによる発毛効果が相対的に低いということです。

また、AGAの原因の一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5α‐リダクターゼが、生え際には多く存在するというのも一因です。逆に言えば、血行不良への対策と5α‐リダクターゼを抑える成分を補うことで生え際への発毛も解消できるというわけです。

つまり、ミノキシジルは「M字ハゲに効かない」のではなく、あくまで「M字ハゲは効きにくい」ということです。

生え際・M字ハゲ対策に効果がある方法をご紹介

毛細血管の量が多い頭頂部などに比べて効果が実感しづらい生え際やM字部分。では、どうすれば、より一層発毛を促すことができるのでしょうか。

それには、「血行促進」はもちろんのことですが、「DHTの生成も抑えること」、「ミノキシジルの濃度を上げること」、「体の内側からミノキシジルを取り込むこと」なども重要になります。ミノキシジルは、血管を拡張させ血行を良くするので、ヘアサイクルの改善に役立ちます。

ミノキシジルの濃度を上げるためには、リアップシリーズの「リアップ×5」などが有効でしょう。内服液であれば医師の指導のもとで服薬量を上げることも考えられます。

また上述したように外用薬では浸透しづらいのが生え際です。その浸透しづらさを解決できるのが内服薬としてのミノキシジルタブレット。内服薬のため、体の内側から血行を促進することが期待でき、ひいては生え際やM字部分に働きかけることが期待できます。もちろん内服薬の服用は、クリニックでの医師の処方が必要です。最適な用量や飲み方なども同時に指導してもらうようにしましょう。

生え際に毛細血管が少ない場合は効果が顕著にみられないミノキシジル

生え際(M字ハゲ)・前頭部への効果が薄いといわれる「ミノキシジル」。確かに血行を促進して発毛を促すミノキシジルにとって、毛細血管の少ない生え際は、効果を実感しづらいところです。

しかし、適切な方法によって効果を最大限に発揮できるということがわかりました。ミノキシジルに関しては内服の「ミノキシジルタブレット」、外用薬の「リアップシリーズ」を問わず、副作用を心配して利用に二の足を踏んでいる方も多くいるかと思います。しかし、肝心なことは自分に合った適切な量、用法を把握し、使用していくことです。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説