リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月9日

ミノキシジル初心者の方向け!ミノタブの飲み方


AGA(男性型脱毛症)における薄毛対策に有効とされるミノキシジル。ミノキシジルは、発毛や抜け毛の防止に効果があります。ミノキシジルは正しい使用によって効果を最大限に引き出すことができる一方、副作用への心配の声も多く聞かれます。内服薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)の正しい飲み方(用量・用法)は特に初心者にとっては、必ず知っておきたいところです。ここでは、ミノキシジルの特徴をご紹介するとともに、ミノタブの正しい飲み方も取り上げます。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はどんな薬?飲み方とは

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、ミノキシジルを主成分とする発毛剤です。ミノキシジルにはリアップで有名な「外用薬」とミノタブに代表される「内服薬」があります。

ミノキシジルは、もともと高血圧症の人のために、血管拡張剤として利用されていました。しかし副作用として多毛症が認められたため、アメリカにおいて臨床試験が重ねられた結果、発毛剤として使用されるようになりました。

効果は、「抜け毛防止」と「発毛」です。男性型脱毛症(通称AGA=エージーエー)に効果があるとされ、頭頂部の薄毛はもとより、前頭部の生え際や・M字部分にも効果をあらわします。大正製薬から一般商品として発売されている外用薬の「リアップ」よりも、直接体内に服用する「ミノタブ」のほうが、発毛や抜け毛防止に対する効果が高いとされています。

しかし、「リアップ」が薬剤師の指導のもと、ドラッグストアで購入できるのに対し、内服薬の「ミノタブ」は、市販されていません。国からの認可が下りていないため、入手するにはクリニックで処方をしてもらう必要があります。また最近は個人輸入で入手することもできるようになっています。いずれにしても、用法用量にのっとった服薬が必須となります。

ミノキシジルの副作用を知って飲み方を知る

ミノキシジルは、外用薬、内服液ともに、副作用が確認されています。ミノキシジルが医薬品であることから当然といえばそれまでですが、副作用を知らずに塗布・服薬することは危険なので気を付けたいところです。
代表的な副作用を下記に列記します。

【内服薬】
動悸、めまい、多毛、初期脱毛、全身のむくみ、息切れ、体重増加、低血圧

【外用薬】
かゆみ・かぶれ・ふけ、頭痛、胸の痛み、むくみ、初期脱毛

内服液のミノタブにおいては、初期脱毛を心配される方の声を多く聞きます。ミノキシジルは、ヘアサイクルを改善する作用があります。通常髪の毛は、成長期→退行期→休止期というサイクルを持っています。AGAなどで薄毛になる人の多くは成長期が短くなってしまう傾向があります。これに対して、ミノキシジルが成長を促すというわけです。

初期脱毛は、古い毛が抜け落ち、新しい毛が生まれる過程です。つまりミノキシジルの発毛効果の結果ということができるでしょう。

初期脱毛やその他の副作用は、使用者にとっては心配です。ただ、適切な用量と飲み方を守ることで、副作用を抑えることができるといわれています。医薬品ということを忘れずに、服薬・塗布を心掛けるべきでしょう。

ミノキシジルタブレットの飲み方 最適な用量とは?

さてそれではミノタブの飲み方、最適な用量とはどの程度のことをいうのでしょうか?

通常、ミノタブはクリニックなどで医師の指導のもとで処方されます。そのときに、適切な用量を教えてもらいます。普通、1日に摂取するミノキシジルの量は2.5~5mgといわれています。もちろん効果があまり出ないということであれば、10mg程度に増やすという策もありますが、易々と用量を増やすのは禁物です。初心者は2.5~5mgという目安を覚えておいて損はないでしょう。

先に挙げたように、副作用は考慮に入れるべきです。もともとが高血圧症向けの薬なので、血圧を下げる効果があります。多量のミノタブを摂取することで過度に血圧が下がるリスクや、顔のむくみなど、副作用のリスクは避けたいものです。

さらに、用量が増えるとコストももちろんかさみます。薄毛対策にかけられる出費なども考慮に入れ、内服する量を増やすときにはまずはクリニックで相談するべきでしょう。

ミノキシジルタブレットの最適な飲み方とは(用法)

初心者がミノタブを飲むときの基本の用量は、2.5~5mgです。では、用法についてはどうでしょうか。飲む量はもちろん、飲み方も適切な方法を押さえておきたいものです。

まず、飲む回数は、通常1日1回か2回です。2回に分けて飲むパターンが一般的とされていますが、毎日継続して忘れないように飲むのが肝要です。2回に分けて忘れてしまうようなら、1日1回というように決めてしまい、習慣化することが大事です。

タイミングは、食後に水で飲むのが良いでしょう。お酒で飲むのは無論御法度です。これは普通の飲み薬でも同じですね。

用量の項でも述べましたが、過剰に摂取するのは、副作用にもかかわります。自己判断や自己流は危険です。用量・用法には細心の注意を払って服薬しましょう。もちろん、副作用が出たらすぐに薬を飲むのを止め、医師に相談するようにしましょう。初心者は、飲み方や飲む量をしっかり守り、継続して服薬することで効果を観察していきましょう。

自己判断や自己流ではなく医師の処方を受けて飲み方を知る

いかがでしたでしょうか。本記事では、「発毛」と「抜け毛防止」の効果が期待されるミノキシジルのうち、内服薬であるミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)を取り上げ、その適切な飲み方(用量・用法)についてご紹介いたしました。医薬品であるミノキシジルには副作用も認められています。服薬にあたっては医師の指導を受けるべきです。自己判断や自己流ではない服薬によって、AGAにおける薄毛を克服できるようにしたいものです。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説