リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/05/09
更新日:2018/08/31

ミノキシジル初心者の方向け!ミノタブの飲み方


AGA(男性型脱毛症)における薄毛対策に有効とされるミノキシジル。ミノキシジルは、発毛や抜け毛の防止に効果があります。ミノキシジルは正しい使用によって効果を最大限に引き出すことができる一方、副作用への心配の声も多く聞かれます。内服薬であるミノキシジルタブレット(ミノタブ)の正しい飲み方(用量・用法)は特に初心者にとっては、必ず知っておきたいところです。ここでは、ミノキシジルの特徴をご紹介するとともに、ミノタブの正しい飲み方も取り上げます。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はどんな薬?飲み方とは

ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、もともとは高血圧を治療するため血管拡張薬として作られた薬の成分でした。しかし、服用した患者の中で抜け毛や薄毛を改善させるような効果が確認されたことがきっかけで、発毛剤の成分に使われるようになりました。
ミノキシジルは、髪の毛の元である毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させることで、抜け毛や薄毛を防止する成分です。ミノキシジルの濃度が高くなることで、発毛の効果も高くなるようですが、医薬品であるため副作用が起こる可能性もあります。高血圧治療に使われる薬であったため、現在血圧に関する薬などを併用している人は医師や薬剤師への相談が必要です。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)とは?

ミノキシジルにはリアップで有名な「外用薬」とミノタブに代表される「内服薬」があります。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、ミノキシジルを主成分とする内服薬です。
ミノキシジルは、「抜け毛防止」と「発毛」に効果を発揮します。男性型脱毛症の治療(AGA治療)に使用され、頭頂部の薄毛はもとより、前頭部の生え際や・M字ハゲにも効果がある成分です。ミノキシジルが配合されている「リアップ」などの髪に直接アプローチする外用薬よりも、薬を服用し、体の中からアプローチする「ミノタブ」のほうが、AGA治療における発毛や抜け毛防止に対する効果が高いとされています。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)はどこで買えるの?

「リアップ」はドラッグストアや通販サイトで購入できるのに対し、内服薬の「ミノタブ」は、市販されているものはありません。これは日本では国からの認可がまだ下りていないためで、入手するにはAGA治療を行っている専門クリニックで医師からの診察をうけ、処方をしてもらう必要があります。
一方で、最近では個人輸入で入手する方法もありますが、副作用の心配もあるため用法用量にのっとった服薬が必要です。はじめて服用する際は必ずAGA治療専門のクリニックを受診してください。

関連記事:さまざまな発毛剤に使われている発毛成分ミノキシジルとは

ミノキシジルの作用機序について解説

「作用機序」という言葉を知っていますか?薬理学の用語になるので、あまり耳にした経験がない方も多いかもしれませんが、薬を服用したときに人間の体に対して効果を及ぼす仕組みやメカニズムを意味しています。
では、ミノキシジルの作用機序はどのようなものなのでしょうか。
ミノキシジルは、元々血管拡張剤として開発された薬であり、血管を広げ血圧を下げる効果があるため、体全体の血流がよくなり、全身に栄養が行きわたるようになります。この作用は頭皮にも影響があり、髪の毛の元となる毛母細胞に栄養が届き、強く太い毛を作ることができ、逆に毛母細胞に栄養が届かなない状態は、髪の毛の発毛がされなくなってしまうのです。
また、髪の毛には髪の毛が生まれてから成長し、成長が止まって抜け落ちる「ヘアサイクル」という周期があります。
ヘアサイクルは大きくわけて3つの期間があり、髪の毛が生まれてから成長する期間である成長期は2年から6年程度、細胞分裂が減少し、成長が終わりに向かう退行期は2週間程度、成長が止まる休止期は3~4か月程度あります。
薄毛や脱毛に悩む人はこのヘアサイクルが乱れているため、髪の毛が十分に成長せずに抜け落ちてしまいます。ミノキシジルには、この成長期を延長する作用があるため、髪の毛が生え成長をしている期間が長くなり、退行期に移行しないため抜け落ちません。ミノキシジルは発毛に効果があるとされていますが、すでにある髪の毛を留まらせるという作用もあるようです。
関連記事:ミノキシジルの作用機序はどうなっている?

ミノキシジルの副作用を知って飲み方を知る

ミノキシジルは、外用薬、内服液ともに、副作用が確認されています。ミノキシジルが医薬品であることから当然といえばそれまでですが、副作用を知らずに塗布・服薬することは危険なので気を付けたいところです。
代表的な副作用を下記に列記します。

【内服薬】
動悸、めまい、多毛、初期脱毛、全身のむくみ、息切れ、体重増加、低血圧

【外用薬】
かゆみ・かぶれ・ふけ、頭痛、胸の痛み、むくみ、初期脱毛

ミノキシジルによる初期脱毛

内服液のミノタブにおいては、初期脱毛を心配する人も多いでしょう。
初期脱毛は、古い毛が抜け落ち、新しい毛が生まれる過程で起こる好転反応です。
飲み始めて早い人であれば2週間程度で初期脱毛が起こり、徐々にその症状が治まってきます。個人差はあるものの、初期脱毛は2カ月ほどで終わると言われています。ミノキシジルの発毛効果の結果といえますが、薄毛や脱毛の悩みを抱えている人にとってはストレスとなってしまうこともあるでしょう。焦って用量を減らしたり、途中でやめたりせずに正しく服用してください。ただし、初期脱毛ではない脱毛の可能性もあるかもしれないので、脱毛が2カ月以上続く場合にはAGA治療専門のクリニックの医師に相談しましょう。
関連記事:ミノキシジルタブレットって初期脱毛が起こる?

ミノキシジルタブレットの飲み方 最適な用量とは?

さてそれではミノタブの飲み方、最適な用量とはどの程度のことをいうのでしょうか?

通常、ミノタブはクリニックなどで医師の指導のもとで処方されます。そのときに、適切な用量を教えてもらいます。普通、1日に摂取するミノキシジルの量は2.5~5mgといわれています。もちろん効果があまり出ないということであれば、10mg程度に増やすという策もありますが、易々と用量を増やすのは禁物です。初心者は2.5~5mgという目安を覚えておいて損はないでしょう。

先に挙げたように、副作用は考慮に入れるべきです。もともとが高血圧症向けの薬なので、血圧を下げる効果があります。多量のミノタブを摂取することで過度に血圧が下がるリスクや、顔のむくみなど、副作用のリスクは避けたいものです。

さらに、用量が増えるとコストももちろんかさみます。薄毛対策にかけられる出費なども考慮に入れ、内服する量を増やすときにはまずはクリニックで相談するべきでしょう。

ミノキシジルタブレットの最適な飲み方とは(用法)

ミノタブの用量とは?いつ飲むのがよいの?

初心者がミノタブを飲むときの基本の用量は、2.5~5mgです。では、用法についてはどうでしょうか。飲む量はもちろん、飲み方も適切な方法を押さえておきたいものです。
まず、飲む回数は、通常1日1回か2回です。2回に分けて飲むパターンが一般的とされていますが、毎日継続して忘れないように飲むのが肝要です。2回に分けて忘れてしまうようなら、1日1回というように決めてしまい、習慣化することが大事です。
タイミングは、食後に水で飲むのが良いでしょう。

ミノタブを服用する際の注意点

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使われていた医薬品であるため副作用がでる可能性もあります。ミノキシジルが多いほどその効果は強いですが、過剰に摂取するのは絶対にやめてください。髪が生えてこないからと己判断や自己流で用量以上に服用するのは危険です。
副作用が出たらすぐに薬を飲むのを止め、AGA治療を行っているクリニックの医師に相談するようにしましょう。初心者は、飲み方や飲む量をしっかり守り、継続して服薬することで治療効果が出やすくなるのです。

関連記事:ミノキシジルタブレットの正しい飲み方を徹底調査!

ミノキシジルタブレットの価格相場

長く続けることが大切なミノキシジルですが、気になるのはミノタブの価格ですよね。
ミノタブは国内では市販されていないため、クリニックから処方してもらうことで入手できます。処方してもらった場合のミノキシジルタブレットの価格は1か月で約7,000~10,000円ほどです。

その他、AGA治療のクリニックでは薬の処方代以外にも料金がかかります。
クリニックを受診する場合には必ず初診料や再診料などの受診料がかかり、これは他の病院でも同じです。
さらに、薬を処方する前に必ずカウンセリングを行うため、カウンセリング料がかかります。カウンセリングを無料にしているクリニックもありますが、一般的には数千円程度必要です。
また、クリニックが近くにない場合には交通費もかかります。
ミノキシジルタブレットは長期間服用することによって効果を発揮するため、継続的な通院が必要です。
月々にかかる料金をあらかじめシュミレーションしたうえで長期的にどれくらい費用がかかるのか計算しておくとよいでしょう。

クリニック以外では、ネット通販で輸入代行業者を通じて購入することも可能です。その場合のミノキシジルタブレットの価格は5mg100錠(50日分)で2,300円前後、10mg100錠(50日分)で3,200円前後が相場であるためクリニックより安く手に入れることができます。
しかし、中には粗悪品があったり、商品が届かないなどのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。副作用のある薬をクリニックでの受診経験がないにも関わらずいきなりネットで購入するのは危険です。
国内でミノキシジルタブレットを正しく入手するにはクリニックの処方だけが唯一の方法になるという点を留意しておいてください。

関連記事:ミノキシジルタブレットの価格相場っていくら?

自己判断や自己流ではなく医師の処方を受けて飲み方を知る

いかがでしたでしょうか。本記事では、「発毛」と「抜け毛防止」の効果が期待されるミノキシジルのうち、内服薬であるミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)を取り上げ、その適切な飲み方(用量・用法)についてご紹介いたしました。医薬品であるミノキシジルには副作用も認められています。服薬にあたっては医師の指導を受けるべきです。自己判断や自己流ではない服薬によって、AGAにおける薄毛を克服できるようにしたいものです。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説