リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月28日

育毛剤と育毛トニックってなにが違う?違いを知って正しい薄毛対策を!


育毛剤とともに薬局やTVCMなどでよく見かける育毛トニック。果たしてどのような効果が期待できるのでしょうか。ここでは育毛トニックと名前が似ているヘアトニックについて詳しく見ていきます。また「医薬部外品」の育毛剤とはなにが違うのかについても説明します。

育毛剤は医薬部外品で、ヘアトニックは化粧品

育毛や薄毛対策をする際、まず考えるのは、育毛剤やヘアトニックの購入ではないでしょうか。しかしこの2つ、同じものではありません。多くの違いがあるのです。ここでは、育毛剤とヘアトニックを詳しく説明していきます。違いを知れば、自分の頭皮に合ったヘアケアが見えてくるでしょう。

まずヘアトニックですが、こちらは「化粧品」という分類になります。発毛効果や育毛効果のような薬効は認められてはおらず、基本的には頭皮環境を整える目的のために使われます。フケやかゆみ、皮脂の抑制などの効果が期待できるといわれています。

一方の育毛剤ですが、「医薬部外品」という分類になります。医師から出される処方箋がないと手に入れられない医療用医薬品とは異なり、医薬部外品は効果が出るのが穏やかだといわれています。また、処方箋がないと購入できない医薬品に比べ、医薬部外品である育毛剤はドラッグストアのみで購入可能と手軽である点は魅力でしょう。

育毛トニックってなに?ヘアトニックや育毛剤とどう違う?

育毛剤とヘアトニックの違いについて見てきましたが、「育毛トニック」とはどういったものなのでしょうか。

一般的な育毛トニックですが、50〜70%が水とアルコールでできており、かゆみ、フケなどを防ぎ、頭皮を清潔にする効果があるといわれています。配合されている成分を見ると、薄毛の進行を止めたり、育毛効果があったりするわけではないので、「化粧品」に分類できるといえるでしょう。ただし、薬用と書いてある育毛トニックは「医薬部外品」となり、育毛成分を配合しているため育毛効果が認められています。商品名や分類をよく確認して、自分の薄毛状態と目的に適した育毛アイテムを選ぶことが重要です。

育毛トニックの正しい使い方

ここでは、より一般的な化粧品の育毛トニックについて見ていきましょう。化粧品の育毛トニックは、使用回数や使用量に厳密な制限がないため、比較的使いやすい仕様となっています。まず、使用するタイミングですが、洗髪後すぐがよいでしょう。理由としては、育毛トニックに配合されている成分が頭皮に浸透しやすいためです。さらに詳しくタイミングを説明すると、タオルである程度髪を拭いた後、まだ完全に乾いていない状態で使うのがベスト。噴射するタイプの育毛トニックを使う際は、ノズルの向きをきちんと確かめて、狙った場所に届くようにしてください。
また、使い方としては噴射したらすぐに片手で揉むのがポイント。頭皮全体に液をなじませてから、生え際からつむじに向かい、ぐるぐると螺旋を描くようにマッサージをしていきます。マッサージすることで頭皮の血行が促進されるのです。このときの注意点としては、爪を立てて頭皮を傷つけないようにしてください。
頭皮全体のマッサージが終了したら、指のはらで頭皮全体を叩きます。トントンとリズムよく叩いていきましょう。その後、毛髪を乾かして仕上げます。

自分の薄毛状態にあった育毛アイテムを選びましょう

トニックや育毛剤について詳しく見てきましたが、どのような人におすすめなのでしょうか。以下にそれぞれをご紹介していきます。

ヘアトニック

・爽快な感覚を得たい

一般的なヘアトニックには、頭皮がすっと涼しげになるような成分が配合されています。お風呂上がりなどに、爽快な気持ちになりたいのなら、ヘアトニックを使うとよいでしょう。

・お金をかけずに頭皮を清潔に保ちたい人

ヘアトニックにはリーズナブルなものが多いです。ヘアケアにお金をかけられないという人にはヘアトニックはおすすめでしょう。

育毛トニック

・頭皮のフケやかゆみを抑えたい人

フケやかゆみを抑える成分が配合されているので、そういったヘアトラブルを抱えているのなら、育毛トニックを活用しましょう。

・抜け毛を予防したい人

髪の毛が抜ける実感はないけれど、将来に向けて予防策をとりたい人は、育毛トニックを活用しましょう。

育毛剤

・薄毛の進行を止めたい人

医薬部外品の育毛剤は、薄毛や脱毛といったヘアトラブル改善の効果が期待できます。そのため、すでに髪が抜け始めている人は育毛剤のほうがよいでしょう。

・頭皮環境の乱れによる抜け毛を食い止めたい人

医薬部外品の育毛剤の中には、頭皮の状態を整えることができるものもあります。そのため、頭皮環境の乱れが原因で毛髪が抜けている人に、育毛剤はおすすめです。抜け毛抑制の効果が期待できるでしょう。

育毛剤と育毛トニックの違いは薄毛対策を左右する

今回はヘアトニックと育毛トニック、育毛剤について詳しく見てきました。どちらも、薄毛や抜け毛対策に使われるものですが、その中身は大きく違うということが分かったでしょう。大切なのは、状態に応じて使い分けること。自分の毛髪や頭皮がどういった状態になっているのかを見極め、適切なほうを選んでください。

大見先生プロフィール

監修:医師 大見貴秀
所持資格:麻酔科標榜医/麻酔科認定医/サプリメントアドバイザー
所属学会:日本麻酔科学会員/日本抗加齢医学(アンチエイジング)学会

麻酔科医。本業である医師の傍ら、医師としての経験・知識を活かして美容やヘルスケア、サプリメントに関する情報発信を行う。過去には大手美容クリニックで就業していた経験もあり、ネットを中心に広く活躍している。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説