リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月28日

リアップとリアップローションってどう違う?リアップの歴史を紹介


1990年に大正製薬から発売されたリアップは、さまざまな進化を遂げてきました。今では数多くの製品がラインナップされています。ここでは、2018年時点で、どのような商品が揃えられているのかを紹介していきます。また、最初に発売されたリアップと、最新製品であるリアップX5プラスローションの違いを見ていき、それを通してリアップがどのような歴史を歩んできたのかも紐解いていきましょう。

現在のリアップシリーズのラインナップを紹介

リアップシリーズは、1999年にリアップが発売されて以降、実に多くの製品がリリースされてきました。それでは、2018年現在、どのような製品がラインナップされているのかを見ていきましょう。

リアップX5プラスローション

リアップシリーズの最新商品です。発毛と育毛を促進し、脱毛の予防に効果的とされるミノキシジルを5%も配合しています。同じくミノキシジルを5%配合していたリアップX5の後継製品として、2015年10月に発売されました。リアップX5との違いは、頭皮環境を整える成分が配合されていること。例えば、フケの発生原因とされる皮脂分泌を抑制するといわれるピドリキシン塩酸塩です。加えて毛細血管を拡張して頭皮への血流を増やすトコフェロール酢酸エステル、頭皮の痒みを抑えて清涼感を与えるl-メントールも配合されています。

リアップジェット

最大の特徴は、1回の使用量をきちんと守ることができる、定量噴射容器。頭皮に直接押しつけて噴射するタイプで、必要な分だけ薬品が出ます。15噴射を終えると自動的にロックがかかる仕組みなので、過剰に塗布する心配はいりません。リアップジェット(薬液100mL)の主な成分は、ミノキシジル1.0g、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールです。

リアップ

リアップのシリーズの元祖となる製品です。ミノキシジルは1.0g配合(薬液100mL中)されています。また、リアップは、1日2回、1回1mLと定められています。これは、頭皮がどんな状態であろうと守らなければなりません。リアップの容器はこの1mLをきちんと計量できるように設計されています。

プレリアップ

育毛や発毛などをする際、頭皮を清潔に保つというのは非常に重要です。プレリアップシリーズは、頭皮の環境を清潔に整えるためのヘアケア用品。クレンジング、シャンプー、コンディショナー、マッサージトニックがラインナップされています。

フレッシュリアップ

フレッシュリアップは医薬部外品の薬用育毛トニック。センブリ抽出エキスやビタミンE誘導体によって血行を促進。加えて細胞賦活成分が毛根部の細胞を活性化してくれます。

ミノキシジルの由来と、リアップシリーズの歴史

リアップの最大の特徴といえば、ミノキシジルを配合しているという点。それでは、ミノキシジルとは一体どういった成分なのでしょうか。ミノキシジルは血管拡張剤として開発された成分で、主に血圧降下剤として使用されていました。しかし、副作用として増毛作用が確認されたことから、脱毛症に効果が期待できる外用液剤としても本格的な研究と臨床試験がおこなわれ、その効果を認められにいたりました。

そのミノキシジルを1%配合して作られたのが大正製薬のリアップです。発売されたのは1999年6月。2005年3月には、女性用の「リアップレディ」が発売されました。2008年1月には頭皮環境を整える成分をプラスした「リアッププラス」発売。2009年6月にはミノキシジルの配合量を5%に増やした「リアップX5」発売。2011年11月には、リアップレディの進化版である「リアップリジェンヌ」発売。また2012年12月には薬液のジェット噴射が心地よい「リアップジェット」発売。2015年10月には、リアップX5に頭皮環境を整える成分をプラスした「リアップX5プラスローション」が発売されました。

このように次々とシリーズ製品が発売されることからも、リアップの人気の高さが伺えますね。

今後もリアップシリーズに期待!

リアップの歴史を見て分かるように、当初、リアップにはミノキシジルが1%しか配合されていませんでした。そこから急激に進化していき、現在では最大で5%のミノキシジルが配合されています。また、頭皮の環境を整えるためのさまざまな成分もプラスされるなど、リアップの進化は止まりません。今後、どのような変貌を遂げていくのか、そしてそれが育毛にどう繋がっていくのか、期待せずにはいられません。

リアップローションと他のリアップの違いを見極めよう

ここではリアップとリアップX5プラスローションの違いや、リアップシリーズのラインナップ。そしてリアップがどのような歴史を歩んできたのかを見てきました。発売されてから多くの人の期待に応えてきたリアップ。今後も、どんどんと進化をしていくでしょうし、さまざまなヘアトラブルを解決していくはずです。

大見先生プロフィール

監修:医師 大見貴秀
所持資格:麻酔科標榜医/麻酔科認定医/サプリメントアドバイザー
所属学会:日本麻酔科学会員/日本抗加齢医学(アンチエイジング)学会

麻酔科医。本業である医師の傍ら、医師としての経験・知識を活かして美容やヘルスケア、サプリメントに関する情報発信を行う。過去には大手美容クリニックで就業していた経験もあり、ネットを中心に広く活躍している。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説