リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/05/28

ミノキシジルとプロペシアはどう違う?効果と副作用を紹介!


薄毛の進行を止めたい人や、脱毛対策をしている人の強い味方が、ミノキシジルとプロペシアです。しかし、この2つの薬の違いについて詳しくご存じの方はいらっしゃるでしょうか。ここでは、ミノキシジルとプロペシアを徹底比較。加えて、ミノキシジルとプロペシアを併用できるのか、もし併用したらどうなるのかも見ていきましょう。

ミノキシジルとプロペシアに含まれるフィナステリドの違い

ミノキシジルとプロペシアに含まれるフィナステリドという成分ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。まずミノキシジルですが、これは頭皮の血行を促進させ、頭皮を活性化させることで発毛を促す成分です。頭皮に直接塗るタイプと内服するタイプがあり、リアップなどは頭皮に直接塗布するタイプです。一方の内服薬のプロペシアに含まれる成分のフィナステリドが、薄毛や脱毛の原因とされる特定の男性ホルモンの生成を抑制してくれます。

プロペシアの効果と副作用とは

では、プロペシアがどのような効果があるのかを詳しく見ていきます。簡単に言ってしまうと、プロペシアは脱毛を食い止めてくれる薬。毛髪が抜けてしまう原因の一つが男性ホルモンです。プロペシアは男性ホルモンに作用して、抜け毛を防いでくれます。
そのメカニズムですが、プロペシアの成分である、フィナステリドが、「5α還元酵素II型」の働きを阻害することで、男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制し、その結果、薄毛の進行に歯止めをかけるという仕組みです。

プロペシアの副作用とは?

上で見てきたように、プロペシアの主成分であるフィナステリドは、薄毛の進行を抑制する効果が期待できます。その一方で、5α還元酵素II型は性機能と密に関わっているため、フィナステリドによって5α還元酵素II型の働きが阻害されると、男性機能にも何かしら影響が出る恐れがあります。ただしこのような副作用は、100人に1人出るか出ないかと言われている程度なので、過度に心配する必要はなさそうです。
また、プロペシアは、断続的に服用することで効果が発揮されると言われています。そのため6ヶ月以上継続することが大事です。

ミノキシジルの効果と副作用とは

続いて、ミノキシジルの特徴を見ていきましょう。ミノキシジルは頭皮にある毛乳頭細胞に作用して、細胞増殖を促進させます。また細くなった毛髪を太くする作用も見られます。。またミノキシジルには頭皮の血行促進効果もあり、必要な栄養素をきちんと毛髪に届けられるという効果もあります。

ミノキシジルを使用していると、場合によっては、「血圧低下」という副作用のリスクがあります。なお、ミノキシジルには塗るタイプの外用薬と、服用するタイプの内服薬があり、内服薬のほうが副作用のリスクが高いと言われています。
また、ミノキシジルを使用していると、一時的に抜け毛が増える時期がやってきます。これは初期脱毛と呼ばれる現象で、髪の毛のサイクルが正常になっている合図なので、心配する必要はありません。

またミノキシジルを使用して、発毛効果を実感できるのは、一般的に4ヶ月~半年以上と言われています。すぐに効果が実感できるわけではないので、継続的に使用する必要があります。

プロペシアとミノキシジルは併用できる!副作用のリスクに注意!

プロペシアとミノキシジルの働きがまったく違うことが理解できたでしょうか。言うなれば、プロペシアは脱毛を防止する「守り」の役割。ミノキシジルは発毛を促進する「攻め」の役割なのです。すなわち、この2つは併用できますし、またそうすることでより効果的なAGA対策となるのです。

併用による副作用のリスク

プロペシアとミノキシジルも薬であり、副作用のリスクが付きまといます。では、プロペシアとミノキシジルと併用することで、どのような副作用のリスクがあるのでしょうか。
まずは、肝機能の低下が考えられます。プロペシアとミノキシジルはいずれも肝臓で代謝されます。併用するときは単独での使用よりも肝臓に負荷がかかってしまいます。日頃からお酒を楽しんでいる人は特に気をつけましょう。また、お酒をあまり飲まないという人も、プロペシアとミノキシジルの両方を服用するのであれば、定期的に肝機能の検査を受けることをおすすめします。不安ならば使用する前に医師に相談してみるとよいでしょう。

ミノキシジルとプロペシアの違いを知って正しく服用!

ここまでミノキシジルとプロペシアの違いについて見てきました。2つが大きく違うのが分かったと思います。簡単に言ってしまえば、ミノキシジルが発毛を促進するもので、プロペシアは脱毛を食い止めるもの。両方を使えば、より効果的な薄毛対策になります。とはいえ、服用をはじめてから、抜け毛が減るまでに3ヶ月程度。その後、太い毛が生えてくるのを実感するまでにはもう3ヶ月程度かかると言われています。大切なのは忍耐です。なかなか結果が出なくても我慢強く頑張りましょう。

大見先生プロフィール

監修:医師 大見貴秀
所持資格:麻酔科標榜医/麻酔科認定医/サプリメントアドバイザー
所属学会:日本麻酔科学会員/日本抗加齢医学(アンチエイジング)学会

麻酔科医。本業である医師の傍ら、医師としての経験・知識を活かして美容やヘルスケア、サプリメントに関する情報発信を行う。過去には大手美容クリニックで就業していた経験もあり、ネットを中心に広く活躍している。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説