リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/05/26

ミノキシジルは高血圧の人が服用しても大丈夫?


今日ではさまざまな発毛剤、育毛剤が販売されており、それらは薬局などでも手軽に購入できるようになりました。そのなかでも発毛剤にはミノキシジルと呼ばれる有効成分が配合されており、これによって発毛や脱毛の予防効果が期待できるようになっています。

しかしながらミノキシジルには血圧に関連した副作用が生じやすいという特徴もあるため、使用にあたってはそのリスクについても知っておかなければなりません。

ミノキシジルはもともと血圧を下げるための「降圧剤」だった

ミノキシジルによる副作用について知るためには、この成分が発毛剤などに使用されるようになった経緯から知る必要があります。

もともとミノキシジルには血管拡張効果があることが確認されていたため、血管が収縮することによって生じる高血圧の症状を緩和させる「降圧剤」として使用されていました。降圧剤として使用される過程においてミノキシジルには多毛症と呼ばれる、投与した人の体毛が濃くなる副作用が確認され、そのことをきっかけに発毛剤としても利用されるようになったのです。

このメカニズムとしては、ミノキシジルを投与することによって血管が拡張され、血液の流れがよくなると同時に血液中の栄養が毛球に効率よく運ばれるようになり、発毛効果が高まる現象が確認されました。このような働きは現在販売されている発毛剤などを使用した際にも同様に生じるのです。

一方でミノキシジルが配合された発毛剤の多くは、使用に際して副作用が生じる可能性が高い第一類医薬品に認定されています。ことから、このミノキシジルによって副作用が生じるリスクも比較的高いことは明白であり、その使用に際しては実際にどのような副作用が生じるのかといったことに関しても十分な認識が必要です。

高血圧の人に生じる可能性があるミノキシジルの副作用

ミノキシジルによる副作用は必ず生じるわけではなく、個人の体質などが影響することも少なくありません。しかし、多くの発毛剤では、高血圧の人が使用する場合に医師や薬剤師への相談を推奨しているため、十分な注意が必要であることは間違いありません。

ミノキシジルを使用することによって生じる副作用の多くは、ミノキシジルが血圧に及ぼす影響が原因となっており、具体的には頭痛やめまい、皮膚に生じる発疹、あかみ、かゆみなどのほか、動悸、息切れなどが挙げられます。

また、高血圧の人がミノキシジルを使用した場合、もともと高かった血圧が正常な状態に戻ることもあり、健康診断などで長年高かった血圧が突然正常値に戻るケースも存在します。

このように高血圧の人がミノキシジルを使用した場合、血圧が変化することによってさまざまな症状がみられますので、発毛剤の使用に際しては小まめな血圧のチェックが欠かせないのです。

低血圧の人に生じる可能性があるミノキシジルの副作用

一方で低血圧の人がミノキシジルを使用した場合、リスクの大きい副作用が生じる場合もあるため、特に注意が必要です。

血圧が低い人がミノキシジルを使用した場合も血管は拡張され、血液の流れはより緩やかになることから血圧も下がります。特にその変化が短時間で生じた場合、意識が朦朧としたり、急な眠気や頭痛などが副作用として生じたりすることもあります。

このことからも分かるとおり、ミノキシジルが及ぼす血圧への作用は使用する人が高血圧、低血圧のどちらであっても、血管を拡張させて血流を緩やかにするという点で同様です。しかし、それが及ぼす影響は若干異なり、そのことは頭痛やめまい、肌に生じる発疹などの変化、眠気などの症状の違いに顕著に表れます。

血圧とは直接的な関係がないミノキシジルの副作用

上述のとおりミノキシジルを使用することによって生じる副作用は血圧の変化に関係するものが多いですが、血圧の変化とは直接的な関係がない副作用もいくつか存在します。

その典型的な例のひとつが臓器の機能低下です。特に内服薬のミノキシジルタブレットなどを服用した場合、その成分は臓器に運ばれて分解されますが、その吸収の際などに肝臓をはじめとした臓器には一定の負担がかかります。

ミノキシジルタブレットなどの内服薬は1日に5mg程度摂取することから、臓器にある程度の負担がかかり続けてしまい、その機能が低下すると考えられます。

また、同様にミノキシジルタブレットを服用した場合、初期の段階で脱毛が増えるといった副作用が生じることもあります。しかしながら、これは髪の発毛サイクルを正常な状態に戻す上で生じることがある副作用であり、一定期間を過ぎると脱毛はなくなるため、過度に気にする必要はありません。

血圧とミノキシジルの関係が気になる方は医師へ相談を

ここでは高血圧の方をはじめ、血圧に異常がある方がミノキシジルを使用することによって生じる副作用とそのリスクについて解説しました。もともと降圧剤として使用されていたミノキシジルは、発毛剤として使用しても血圧へ影響が及ぶため、血圧に異常がある方がミノキシジルを使用する場合、まずは医師へ相談をするようにしてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説