リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018年5月26日

育毛剤とドライヤー、どちらが先?風呂上がりの迷いをなくす方法!


お風呂上がりに育毛剤をつけるとき、乾かしてから塗布するのか、濡れたままがよいのか悩んでしまう方もいるはずです。乾かした後に使用すると、べたつく感じがするから、濡れた状態でつけて乾燥させたいという人もいますし、逆に乾かしてからつけた方がスッキリする気がするという人もいます。実際のところ、どちらが正しい付け方なのでしょうか。今回は育毛剤が先か、ドライヤーが先か、正しい順番についてご紹介していきます。

ドライヤーと育毛剤の順番

よい育毛剤を使用しているのであれば、その効果を存分に発揮できる環境を作りたいものです。ドライヤーと育毛剤の順番を間違えてしまうと、効果が減少したり、頭皮にとってよくない環境になってしまいます。手順をしっかりとチェックして効果を引き出せるようにしてください。

タオルドライ

洗髪後、水が滴る状態でドライヤーをするのではなく、タオルでしっかりと水分を吸収させます。ドライヤーを長時間髪や頭皮に当ててしまうと、頭皮が乾燥しすぎてしまうので、タオルドライは丁寧に行ってください。このとき注意したいのが、ガシガシと頭皮をこするようにタオルドライはしないことです。頭皮や髪の毛を無駄に傷つけてしまうので、そっと押し当てるようにしながら水分を拭き取っていきます。

ドライヤー

髪の毛が濡れたままで放置してしまうと、雑菌が繁殖する可能性があります。またフケやかゆみの原因にもなるので、タオルドライだけで放置しないようにしてください。ドライヤーで乾かす際は、温風で8割ほど乾かしてからあとは冷風で乾かします。温風と冷風を使い分けることで、頭皮が乾燥しすぎずに髪の毛を乾かせるのです。また、頭皮が火照っている状態は育毛剤を使用するにはあまりよくありません。そのため、冷風で火照りを軽減させます。頭皮が乾燥しすぎてしまうと育毛剤が浸透しづらくなるので気をつけてください。

育毛剤

髪の毛が乾き、頭皮の火照りなどもない状態で、育毛剤を塗布していきます。地肌がさらっと乾燥している状態が好ましいです。塗布した後は、自然乾燥かどうしても乾かしたい場合は冷風で乾かします。

髪をドライヤーで乾かすときの注意点

乾かすために、ドライヤーを使用しますが、そのとき一箇所に集中して当てすぎないようにしましょう。集中して当ててしまうと、その部分だけが乾燥しすぎる場合があり、度がすぎた乾燥は頭皮にもよくありませんし、その後育毛剤をつけても毛穴が小さくなってしまい浸透しなくなってしまうのです。ドライヤーで乾かす際には、全体的にまんべんなく乾かすようにしてください。

また、乾かせばいいのであれば、短いし自然乾燥でもいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、自然乾燥になってしまうと乾くまで時間がかかってしまいます。また、濡れた状態で放置すると、雑菌の繁殖のほかにも、血行が悪くなるといった頭皮にとってよくない影響を与えるのです。また、自然乾燥は髪の毛のキューティクルが開いた状態になるので、髪がダメージを受けてしまいます。面倒だからといって、髪を乾かさずにそのままにしないようにしてください。

頭皮環境をよくする

薄毛や抜け毛などに悩む人は、育毛・発毛剤の使用だけではなく、頭皮環境を改善することで今まで以上に効果が得られたり、悩みが軽減されたりします。頭皮環境をよくするには、頭の皮脂と汚れなどを綺麗にすることで環境が向上します。

なぜ、頭皮環境をよくしなくてはいけないのかというと、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうことで、炎症などを起こし毛根に影響してしまうからです。毛根に影響してしまうと、いずれダメージを受けた毛根は力をなくしてしまい抜け落ちてしまいます。このような状況にならないためにも頭皮環境をよくする必要があるのです。

頭皮環境をよくするためのシャンプーの手順は以下の通りです。

  1. シャンプー前にブラシで梳かす
  2. 熱すぎない温度のお湯でしっかりと汚れを洗い流す
  3. シャンプーを手で泡立てる
  4. 泡立てたシャンプーを頭につけ、指の腹で優しく洗う
  5. すすぎを十分に行う

洗うときに爪をたてて洗ってしまうと頭皮に傷をつけてしまいます。指の腹で優しく地肌から洗ってあげるようにしてください。また、シャンプーが頭皮に残ってしまうと毛穴詰まりの原因にもなるのでよく洗い流すようにしましょう。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージをすることで、薄毛や抜け毛の改善に貢献できる場合もあります。頭皮が凝り固まってしまっていると、育毛剤などをつけたとしても浸透しなくなることもあるからです。

血行がよくなると、栄養も行き届きやすくなるため、マッサージを行うとよいでしょう。また、頭皮マッサージで詰まった毛穴の汚れなども表面に出てきやすくなるので、シャンプー前に軽くマッサージするのもよいです。このときも注意したいのが、強く引っ張らないこと、爪をたててしまわないようにすることです。

育毛剤はドライヤーでしっかりと髪を乾かしてからすること

今回はお風呂上がりに育毛剤をつけるにあたり、ドライヤーが先か育毛剤が先かの疑問について解説してきました。髪の毛が濡れたままというのは頭皮環境にもよくないので、しっかりと乾かしてから育毛剤を塗布するようにしてください。

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説