リアップ・ミノキシジルなどの育毛剤、発毛情報をお届け!
ミノキシジル 2018/05/26
更新日:2018/11/01

ミノキシジルタブレットの副作用ってどうなの!?ミノタブのリスクを紹介!


薄毛や発毛に効果があると言われているミノキシジルは、有名な発毛剤にも使用されていることで知られている成分です。発毛成分ミノキシジルを用いた医薬品にはタブレットタイプも存在しており、外用薬よりもタブレットを内服するほうが効果を期待できるようにも思えます。ここでは、ミノキシジルタブレットの副作用やリスクについてご紹介していきます。

そもそもミノキシジルの効果とは

ミノキシジルは、血管拡張効果と発毛効果があるとされている成分です。この効果が認められているため発毛成分として発毛剤に配合されており、その結果男性型脱毛症などに効果があると言われています。

リアップなどの有名な発毛剤の中にもこの成分が配合されているため、使用している人の中には、高い効果を感じて使い続けている人もいることでしょう。

もともとミノキシジルは血管拡張剤として開発されたものですが、服用を続けると副作用で増毛効果があると判明し、発毛成分として研究がはじまりました。その後、正式に認可を経て、いまでは発毛剤として有名な成分となっています。

ミノキシジルは血管拡張作用によって頭皮の血液の循環をよくすることで、発毛作用があると考えられています。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は内服薬

育毛・発毛効果が期待できるミノキシジルタブレットは、リアップのような外用薬ではなく、経口で服用する内服薬です。外用薬も内服薬もそうですが、すぐに効果が実感できるわけではありません。服用者の体験談を平均すると、効果がみられるまでに4カ月~6カ月程度は時間がかかっているようです。

なお、飲み始めると一時的に抜け毛が多くなる時があります。これは新しく生えてくる毛が古い毛を押して抜け落ちているためです。このような抜け毛は服用してから2週間程度で起こり、そこから徐々に新しい毛が生えてきます。

効果を実感するときは、今まで毛が無かった場所に産毛のような毛がみられたり、毛が生えている様子がみられたりするときです。ミノキシジルタブレットは育毛・発毛効果が期待できる薬であるため、毛が無かった場所の発毛に加え、細い毛が太く強い毛に感じることもあります。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の種類

ミノキシジルタブレットの種類は、ミノキシジルの濃度によって分かれます。2.5mg、5mg、10mgの3種類があり、ミノキシジル含有の濃度が多いほど効果は高く、少ないほど効果は低くなります。

効果が高くなるのであれば、10mgのミノキシジルタブレットを最初から服用したくなりますが、効果が高いほど副作用のリスクも生じます(詳しくは後述)。飲み方は、最初は2.5mgを服用し始め、問題なければ濃度を高くすることがおすすめです。

また、ミノキシジルの濃度が高くなるほど薬価も上がります。1カ月に支払う薬代が高くなってしまうため、心配な人や、まずは試してみたいという人は、最初は濃度を低くして徐々に上げていくと良いでしょう。

現在、AGAクリニックなどで購入できる商品を具体的に紹介します。また、内容量はいずれも100日分(1日1回)です。

Mutual Pharmaceutical LLOYD社製(アメリカ)

ミノキシジルの含有量が2.5mgのものと、10mgのものを取り扱っています。価格は2.5mgが約3,800円、10mgは約5,800円。他の国の商品と比べると割高にはなっていますが、厳しい品質チェックを経ているため、品質は安定していると言えます。

LLOYD LABORATORIES, INC.社製(フィリピン)

ミノキシジルの含有量が2.5mgのものと、5mgのもの、10mgのものを取り扱っています。価格は2.5mgが約3,400円、5mgは約3,700円、10mgは約4,000円です。このメーカーも品質がしっかりしているため、初心者におすすめできます。

T.O.Med Co.Ltd.社製(タイ)

ミノキシジルの含有量が5mgのものと、10mgのものを取り扱っています。価格は5mgが約2,200~2,900円、10mgは約3,000~3,100円。安価な値段設定になっているため、品質よりもコスパを優先する場合にはいいでしょう。

関連記事:ミノキシジルタブレットはどれぐらいで効果が出る?気になる副作用は?

ミノキシジルの副作用に注意

ミノキシジルは効果もありますが、副作用が全くないわけではありません。どのような成分にも個人差やアレルギーがあるため、体に合わない、かゆみが出るなどといった症状が出るケースも少なくないです。

また、ミノキシジルはもともと血管拡張剤として使われていたため、同様の治療薬を飲んでいる人は注意が必要です。動悸やめまい、不整脈といった症状や、むくみなども出る場合があります。ミノキシジル以外に薬を飲んでいる人は、特に注意したほうが良いでしょう。
内服薬のミノキシジルは外用薬と違い、部分的に効果を発揮するばかりではなく、全身の毛が濃くなってしまう恐れもあります。そのため、頭の薄毛や抜け毛などが気になっている方でも、すね毛や腕の毛などが濃くなってしまう可能性もあるのです。

ただし、比較的濃くなってしまう程度なので、急激に剛毛になるわけではないようです。その副作用が嫌な場合は避けた方がよいかもしれませんが、これも個人差があるので、どれほどになるかは使用してみないとわかりません。

初期脱毛

ミノキシジルには、副作用というわけではないのですが「初期脱毛」の症状が起こります。すでに上述しましたが、初期脱毛は古い毛が新しい毛に押されることで起こるものです。では、初期脱毛にて抜けやすい毛はどのような毛なのでしょうか。

初期脱毛の時期は100本単位で抜けることもあるようですが、このような原因はヘアサイクルが乱れていて成長期が不十分となっている毛が多いからです。成長期が不十分ということは、健康ではないということです。つまり、細く短いような毛がたくさん抜け落ちます。

ただし、このように抜け落ちても、そこまで心配する必要はありません。初期脱毛は服用してから2カ月程度で終わります。この期間は毛が抜けることに対して過度に心配せず、健康な毛が生えてくる前兆だと割り切って、気楽に身構えていることがおすすめですよ。

関連記事:ミノキシジルタブレットって初期脱毛が起こる?

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を使うべきではない人

ミノキシジルタブレットは、誰でも服用できるわけではありません。ここでは、服用を避けたほうが良い人を紹介します。

まず、高血圧の薬を服用中の人や、低血圧の人です。ミノキシジルはもともと血圧降下剤として使われていた薬であることから、高血圧の薬や降下剤を服用中の人や低血圧の人は避けたほうが良いでしょう。

また、肝臓が弱い人・何かしら問題がある人も気を付ける必要があります。肝臓がミノキシジルタブレットを分解する際、肝臓に負担をかけることが予想されるためです。そのため、肝臓に関して心配な人は事前に医師に相談してください。

なお、ミノキシジルタブレットは内服薬であるため、時としてその成分が全身に影響を及ぼすことがあります。薄毛がそこまで気にならない人であれば、まずは市販されている外用薬(リアップ)などを使うことから始めてみても良いかもしれません。

関連記事:ミノキシジルタブレットは効果も副作用も絶大?その特徴を徹底検証

ミノキシジルの注意点

使用するにあたって、いくつか注意点が挙げられます。使用してすぐに効果が現れるわけではないという点や、初期には髪の毛が抜けてしまう初期脱毛という現象が出る場合もあります。初期脱毛の原因としては、ヘアサイクルが正常になり新しい髪の毛が古い髪の毛を押し出すためと考えられています。新しい毛が生えている証拠でもあるので、初期脱毛が長引かなければ、ミノキシジルの効果があるといってよいでしょう。

また、ミノキシジルタブレットは、外用薬と違い服用には医師からの処方が必要になります。AGAクリニックで診察を受けてから、はじめて薬を手にすることが可能となるのです。そのほかに、未成年のミノキシジルの使用は安全面からできないとされています。理由としては未成年の使用による安全性が確立されていないためですので、未成年の方はミノキシジルを使用は避けるようにしましょう。

完全に頭に毛がない方や、それほど薄毛に悩んでいない軽い薄毛程度の方であれば、ミノキシジルに固執する必要はありません。薄毛が深刻であるけれども、無毛状態には至っていない方には効果を期待できます。また、効果が期待できるまでの期間としては半年程度で効果を得られたと感じている人が多いようです。もちろん個人差はありますが、数日や数週間では効果がみられません。即効性のある成分ではないので、じっくりと根気よく付き合っていかなくてはなりません。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の正しい飲み方

ミノキシジルタブレットには3種類あると上述しましたが、どの種類であっても基本的な服用方法は1日1回~2回です。多くの人は最初5mgを選択しますが、医師に必ず症状を診てもらった上で最終的に決めるようにしましょう。

また、何度も紹介していますが、ミノキシジルはもともと血圧降下剤として誕生しました。たとえ発毛・育毛効果が目的でミノキシジルタブレットを服用していても、血圧に対する効果も同様にみられることがあります。

血圧に対する副作用として気をつける必要があるのは、血管の拡張による血圧の低下です。日本で承認されている「リアップ」でもこのような副作用が認められていますが、ミノキシジルタブレットは内服薬なので特に気をつけなくてはなりません。

血圧の低下は急に起こるわけでなく、少しずつ低下していくケースもみられます。そのため、普段から血圧に関して注意をしておくことが大切です。さらに、可能な限りアルコールは控えると良いでしょう。血圧が低下している時にアルコールを摂取すると、気持ちが悪くなる可能性が高くなってしまいます。

関連記事:ミノキシジルタブレットの正しい飲み方を徹底調査!

ミノキシジルタブレットは副作用のリスクはある分、効果もある

ミノキシジルタブレットは、副作用というリスクはあるものの、効果もあると言われています。そのため、ミノキシジルタブレットを所望する人も多くいるようです。また、手に入れるためには医師の処方が必要ですので、不安を感じる方や、すでに別の薬を飲んでいる方は、しっかりと医師に伝えた上で処方してもらうのがよいでしょう。

また、体に異常を感じたときはすぐに処方した医師の診察を受けて症状を説明し、今後どのようにすればよいのか指導を受けることをおすすめします。また、処置として副作用を軽減してくれる薬や点滴などをしてくれる可能性もあるので、副作用かなと思ったら迷わずに医師の元へ行くのがよいでしょう。

ミノキシジルタブレットを処方してもらえるかどうか医師に相談

ミノキシジルタブレットは発毛効果もそれなりに期待できるとされていますが、副作用もある成分です。薬は実際に飲んでみないとわからない点が多くあるため、不安なことも少なくありません。まずは外用薬からはじめて、それでも内服薬を試したい方は、信頼できる病院やクリニックに行って診察をしてもらい、自分にあった薬を処方してもらいましょう。もちろん希望としてミノキシジルタブレットであることを伝えれば、考慮してくれるはずなので、その点は医師に相談してみましょう。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)を通販で購入するには

ミノキシジルタブレットは日本で未認可です。そのため、購入したい場合はまず医師から処方箋を出してもらうほかありません。ただし、どうしても安く手に入れたい人には通販サイトを利用する手があります。

ミノキシジルタブレットを通販で購入したい場合、個人輸入代行業者を通して買うことになります。日本の一般的な通販サイトは外用薬のみ取り扱っており、内服薬となるミノキシジルタブレットは取り扱いがありません。日本で未認可なので、当然ドラッグストアや薬局でも買うことはできません。

個人輸入代行業者を通して買う時の注意点は、業者を慎重に選ぶことです。海外製品の場合は偽物が送られてきたり、成分が違うような粗悪品も作られていたりします。ここで気をつけることは、すべて自己責任であること。粗悪品を服用して健康被害が起こったとしても補償されるわけではありません。

信頼できる業者かどうか判断する基準の1つは、成分鑑定を行っているかどうかです。正規品としてきちんと保証しているかどうか、必ず確認しましょう。中には国内の試験検査機関でクリアしたものだけを販売する、という業者もあります。効果や効能だけでなく、副作用についても明記しているかどうかも判断材料になるでしょう。

ミノキシジルタブレットには、先発品として「ロテニン」という内服薬がありますが、ジェネリック薬品の「ノキシジル」のほうが安価でおすすめです。ノキシジルは、ミノキシジル含有量が5mg、10mgの2種類に分かれています。1箱に100錠が入っているタイプで、約3,000円が相場です。

ミノキシジルタブレットを購入する通販サイトとしておすすめなのは、お薬なび、アイドラッグストアー、ベストケンコー、くすりぴあなどです。おすすめである理由は正規品保証をしているところです。通販サイトとしての知名度もあるため、トラブルに遭う可能性は低いでしょう。

通販サイトでは、製品の価格を比較することはもちろん、送料についても確認してください。無料であることもあれば有料であることもあるため、送料を含めた総額で比較するようにしましょう。

関連記事:ミノキシジルタブレットを通販するならどこがいい?

こちらの記事もおすすめ


【AGA改善研究】ミノキシジルの基礎知識を学ぼう!vol.2 ≪ミノキシジルとフィナステリドの違いとは?

ミノキシジル配合薬ホンネレビューvol.07【カークランド編】

ミノキシジルの内服の効果と副作用は?気になるポイントを徹底解説